手の甲がガサガサ…。 

例年、手には指の「関節の線」に沿ってだとか、指の腹のあたりだとかに
「ひびわれ」「あかぎれ」の類が発生する冬シーズンなのだけれども。

昨年末あたりから、「一番酷いのが甲」という状態になっていて
とんでもなく甲だけ皮膚がガサガサという初の事態に陥っている。

なのに、市販の薬を塗る気も皮膚科に行く気も起きず…何故だろう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kiro507.blog8.fc2.com/tb.php/4322-cc98b674