「#好きだったPHSの機種を語ろう」。 

夕方Twitterを覗いたら、こんなハッシュタグが目に入ってきて、やられた。

語ろうと言われたところでTwitter上じゃあさ…という気がしないでもないのだが
自分自身の場合はどうせ「当時喉から手が出るほどに憧れたが結局諸事情で
入手出来ずに終わった商品」を羅列するのが分割されるかまとめて書けるかの
違いくらいしかないなあ、なんて思いながらこのブログ上で書いてみようと思う。

なお、機種名のソースは以下。
・Wikipediaの各キャリアのページ
・「Kansai PHS Junker's Club
・その他以前覗いていた記憶のあるサイト(適当な…)


【NTTパーソナル/NTTドコモ】
・P×P[103P/411P]:ポケットベルとの複合端末
・ドラえホン[316S]:「ドラえもん」コラボ端末
・321S/611S:フリップ部分をPCカードとして通信用に使えた端末
・Doccimo(ドッチーモ)シリーズ:Docomoアナログ携帯との複合端末
・621S/622S:初の単体Eメール機能搭載端末
・ブラウザホンシリーズ:単体でネットが見れた端末
・WRISTOMO:腕時計型端末

【ASTEL】
・A161:細長い見た目に惹かれた
・A241:手帳型?というインパクトある見た目に惹かれた
・AT-15:FMラジオとの複合端末

【DDIポケット/ウィルコム/ワイモバイル】
・DataScope[DS-110/DS-320]:テンキー部をPCカード扱い出来る?
・TEGACKY(テガッキー)[PM-T101]/Me-Tel(メーテル)[PM-C101]
  :Eメール送受信その他「文字電話」サービスに特化した端末
・KX-HV210:初のメール定額制プラン対応端末
・AH-J3001V/AH-J3002V:初のパケット定額対応端末、「味ぽん」
・WX310K:当時随一の多機能端末、「京ぽん2」
・「W-ZERO3」シリーズ:QWERTY準拠キーボード搭載Windows Mobile端末
・WILLCOM D4[WS016SH]:Windows Vista搭載のミニノートPC(おい)
・イエデンワ[WX02A]/イエデンワ2[WX05A]:固定電話「親機」型端末
・AQUOS PHONE es[WX04SH]/AQUOS PHONE ef[WX05SH]
  :PHSデータ通信も使える、3G携帯波との複合スマートフォン


他にもある気がするけど、軽く思い出せるだけでもこれだけあるという…。
伊達にサービス開始から20年以上経ってないよ、ってところだろうか。

さて、実際に入手した端末はというと…色々な意味で妥協した上での
入手、というパターンがほとんど。長期間使いはするのでこれはこれで
愛着はとてもあるのだが、「好きだった」とはちょっと違う気も…うーむ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kiro507.blog8.fc2.com/tb.php/4068-3dce0a3d