阪神淡路大震災から今日で22年。 

mixiニュースを眺めていたら、「ちょうどその日」に産まれた人が力士になって
相撲をとっていて、でも今日は黒星だった―という話やら、「発生数日後」に
産まれた人が震災との向き合い方について考えながら生きてきた、ようやく
「自分なりの向き合い方」が出来るようになってこの春就職―な話やら。

改めて時の流れを感じてしまって、自分もそれだけ年を重ねたのだと思い
なんとも表現しがたい気分だったりして…今年はちょうど曜日関係が
あの年と全く同じで、あの日と同じ火曜日だったのだけれどあの時刻は
目覚ましが鳴る数十分前、平和に過ぎたのでぐっすり寝ていられて
目が覚めたとき、寝ていられたことに改めて感謝の念は抱いたけれども。

地震大国といわれる日本だけれども、叶うならば色々な方面に影響が
及ばない範囲の小さな地震だけで収まっていて欲しい、せめて。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kiro507.blog8.fc2.com/tb.php/3968-028b42a1