撤退間近の店舗に寂しさを覚える。 

「広義の意味」での「行動範囲内」にあって、たまに立ち寄る複数の店舗に
ここ数日以内に久々に通りかかったら「大晦日をもって閉店」という案内が
貼り出されていて、既に半分くらい什器がすっからかんな店舗もあって。

閉店するにはするなりの理由があるのはわかるのだけれど、個人的には
あるのが当たり前な店舗たちだったので、なんとも寂しくてたまらなくて。

…まあ、「久々に通りかかったら既に跡形もなかった」よりはマシだけれど。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kiro507.blog8.fc2.com/tb.php/3949-8e680d0a