「WAON POINTカード」に参る。 

近年よく立ち寄るスーパーは、いわゆる「イオン系列」の割合が高い。

ダイエー系列で運用(?)されていた「ハートポイントカード」がほぼ廃止の
ような感じになって、代わりに早いところでは6月1日から始まったという
「WAON POINTカード」がいよいよイオン本丸(?)でも解禁されたのだが。

元々電子マネーカードとして発行…もとい発売されている「WAON」に
溜まるポイントの名称が「WAONポイント」で、溜めるための購入金額の
基準自体は同じだが、使用するまでの云々が違う…らしいというのに
音声で【わおんぽいんと】とだけ言われたら全く区別がつかないそうで。
何を考えてこんな名称でまとめたのか、本当に理解に苦しむ…。


で、先日。
イオン本丸で100円にも満たない商品だけ購入して有人レジへ。

POINTカードの解禁当日だったこともあり、執拗にカードを勧めてくる
レジの女性…いや、税込み200円以上買わないとポイント付かないし
カードあっても何も意味ないよね?得することないよね?と思いつつ
(顔には出したかもしれないが)言葉をようやく飲み込んで清算終了。

お勧め、ポイントがつく程度の購入金額の時だけにすればいいのに。
逆効果だと思うんだけどなあ…。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kiro507.blog8.fc2.com/tb.php/3760-8aaf5094