ハロプロライブビューイング2連戦から1日経過…。 

今日こそは少し時間も取れるし、何か書いて…とか思ったりしたものの
感情としては「ふと寂しさに襲われる瞬間がある」としか書きようがなく…。


1日目、アンジュルム2期・田村芽実の最終日。

昨秋の1期・福田花音卒コンで組まれた「大まかな流れ」を踏襲していて
今後(ファン心理としてはそんな短いスパンで繰り返し見たくはないけれど)
【アンジュルム式卒業コンサートのテンプレート】と化しそう、が素直な感想。

まあ、福田の時に「1人あたり1曲1コーラス」だった「卒業する人×残る人の
デュエットゾーン」が「1曲につき残る人が4人同時参加、ちょこちょこデュエット」
というスタイルに超圧縮されてはいた、というのが大きな違いだったりしたが。

途中、1期・和田彩花と田村でのMCゾーンかと思いきや℃-ute矢島舞美が
現れて「送る言葉」を読み上げた流れには「…そ、そうだった…」な気分で
個人的には気持ちが一気に盛り下がってしまったっけ…矢島がハロプロの
リーダーになると発表された頃からずっとこうだが、誰だこのシステム考えたの。
(一部ネット上でも似た意見が散見されたせいか、翌日は卒業する人が1人でステージにいて
「昨日同様、今日も矢島さん来ないかな…会いたい」とか茶番させていたっけ…おいおい)


正式メンバーとして初参加したシングルを歌った際、大型ビジョンには時折
当時のPV映像がチラチラ入っていたのだけれど…2期の皆さん、本当に
素晴らしい成長を遂げられて…と改めて思わされた時間だったなあ、と。

同期・勝田里奈が「田村が舞台に出る暁には仕事が入ってても見に行く」
旨の発言をしていてメンバーから突っ込まれていたけれど、そう思うくらいの
絆を感じていたりするんだなあ、というのがわかって良い場面でもあったかも。


2日目、モーニング娘。9期・鈴木香音の最終日。

「出来るだけ笑顔で」を心がける流れがあったりしたせいもあってか、思いの外
リアルタイムで見ながら涙ぐむ時間・回数は個人的には少なかったのだけれど
…ダブルアンコールでやった「マイクを通さず大声でファンにメッセージ」のあれ、
地元・愛知県の公演でだけやってたはずだから、実際見たの初めてだった…
画面越しだったとはいえ「最初で最後かあ…」と思ったら、なんだか切なくて。

セレモニーでは12期・牧野真莉愛がお約束のフレーズである「まりあ、とっても
嬉しいです」なフレーズを送る言葉の終盤にぶち込んで、10期・工藤遥あたりに
「台無し!」と言われたり、その後発した「大大大大大好きですぅ(涙)」に10期・
佐藤優樹あたりから「嘘つけ!」と言われたり…どういう仲なんだこの人たちは。
というか、牧野の語りっぷりにかつての高橋愛あたりを思い出したのはなぜだ。

鈴木がソロで歌い上げた「Never Forget」が、1期・福田明日香卒業時に出た
バージョンか、2期・保田圭卒業時に出たバージョンかどちらだろうと思いながら
ずっと聞いていたのだけれど、サビ手前のメロディーラインは保田のバージョン、
オケその他基本的なラインは福田バージョン(そもそもコーラスに中澤裕子の
声が聞こえた気がしたんだよなあ)という感じで、なんともビックリしたっけ…。
何年ぶりだろうと思ったら、5期・新垣里沙の最終日で聞いた以来だったらしい。
あれから4年…やたらと長かったような、でもなんともあっという間だったような。


…なんとも話題があっちに飛びこっちに飛び、な感じではあるが…今日はこれにて。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kiro507.blog8.fc2.com/tb.php/3736-58eeaa19