「LIVE SDD 2016」を見てきた。 

FM OSAKA主催の「飲酒運転撲滅キャンペーン」の一環として
2007年から毎年開催されているらしい、大阪城ホールでの
チャリティーフェスっぽいイベントが「LIVE SDD」というやつ。

「SDD」は「STOP! DRUNK DRIVING」の頭文字、らしい。
免許はないので「運転」といってもせいぜい自転車くらいしか
出来ないのだが、どのみちダメなものはダメ…というお話。

初年度から、このイベントに関して興味はあったのだけれど
基本的には決まった期間の抽選申し込みに当選しなければ
入場すら出来ない、というシステムなので「気付いたら受付の
期間を過ぎていた」だの「日程的に都合つくかわからない」
「寄付金名目でチケット代2000円がかかるけれど払い込みを
するであろう期間内にその2000円すら(以下自粛)」だの…
まあ、色々折り合いがつかなくて毎年逃していたのだった。

だけど、去年12月に行われた抽選申し込みには奇跡的に
折り合いがついて、しかも当選して…というわけで、ようやく
今日参戦が叶ったのである。叶ったのはいいが、例年だと
2月末あたりの開催だったのに何故今年は1ヶ月ズレたんだ。

というのはともかく、以下今日の話。

当選後、数日以内にチケット代を払って発券してもらった際に
普通のチケットの続きに「参加宣言カード」なる物が付随していて
「飲酒運転をしない理由」「名前」を入場口横のテントで書いて
係員が抱えていた回収カゴに入れる、という作業があったのは
なんとも独特で…まあ趣旨を思えば納得はするのだけれども。

で、いざ入場したら、普通のコンサートとかだとチラシのセットとか
渡されたりするようなタイミングで黄色い筒状の物を渡された。

それが上記のSDDのロゴ入り「ルミカライト」。

実は、1月末のALL LIVE NIPPONで購入したキングブレードの
光る部分を「SPARE TUBE」に交換した物を念の為に持参していて
(さすがに「アニメ紅白歌合戦」のロゴは悪目立ちになりそうで…
同様の理由と色彩ラインナップの感じからモーニング娘。ver.も
使うのをやめてみた)、「なんだ、これがあるならキンブレの方は
用がないな」と思ったのだが…オープニングアクトを含めて公演の
時間が4時間40分程度もあったせいか、光の保ち具合が一番
マシな部類のはずの黄色でも「息切れ」具合が半端なくなって
(トリだったゆず・北川悠仁が「消えて寂しい」とネタにしたほど)。

結果、途中からルミカライトをしまい込んでキンブレにしたけど
周囲の「光」がどんどん暗くなっていく様は本当に寂しかった…
(ルミカさん、もし次回も参戦ならその辺どうかご考慮願いたく)。

以下、時間経過等含めたセットリスト。



―――――――――――――――――――――
総合司会:小倉智昭/アシスタント:大塚由美
ナビゲーター:遠藤淳・赤松悠実

ラジオ特番(18:00-20:00)担当:鈴木しょう治・RIO

「JD共済 presents SDD全国こども書道コンクール」:森大衛(書家)/
    森本優(AIR-G’)・日下純(K-mix)・香月千鶴(FM FUKUOKA)

出演アーティスト(サイト掲載順):STARDUST REVUE / TRF /
岸谷香 / ゆず / MINMI / 家入レオ / Silent Siren / ファンキー加藤 /
和楽器バンド / EXILE SHOKICHI / 西内まりや / 加治ひとみ

メッセンジャーズ・アーティスト(オープニングアクト):NAUGHTY BOYS


14:25頃? 事前説明その1?(若宮テイ子・下埜正太・珠久美穂子他1名)

14:30 過去出演者ダイジェスト(2007~2012年分映像)

14:37 事前説明その2?(大西ユカリ・小早川秀樹・森裕子・谷口キヨコ)

14:41 過去出演者ダイジェスト(2013~2015年分映像)

14:49 オープニングアクト説明(ロバータ・みぃ・藤崎マーケット)

14:52 【オープニングアクト:NAUGHTY BOYS】

     01.Dancin'derella

14:59 開演前諸注意アナウンス(大塚由美)

15:04 オープニングVTR~紹介映像に合わせて出演者登場

15:08 オープニングトーク

15:13 【和楽器バンド】

     01.暁ノ糸
     <挨拶>
     02.(ドラム&和太鼓セッション)
     03.千本桜

15:25 <インタビュー>(小倉・大塚/和楽器バンド)

15:31 【JD共済 presents SDD全国こども書道コンクール】作品発表
     (小倉・大塚・和楽器バンド/森大衛・森本・日下・赤松・香月)

15:41 【Silent Siren】

     01.チェリボム
     <挨拶>
     02.ぐるぐるワンダーランド

15:54 SDD関連説明(遠藤・赤松)

16:00 【西内まりや】

     01.Save me
     <MC>
     02.ありがとうForever...
     <挨拶>

16:14 【加治ひとみ】

     01.ルール違反
     <挨拶>
     02.タイムマシン

16:25 【家入レオ】

     01.Hello To The World[
     <挨拶>
     02.君がくれた夏
     03.サブリナ

16:41 【MINMI】

     01.ハイビスカス
     <挨拶>
     02.サマータイム!!
     <MC>
     03.シャナナ☆

16:55 アリーナ客レポート(遠藤・赤松/かまいたち・学天即・天竺鼠)

17:05 【STARDUST REVUE】

     01.AMAZING GRACE
     02.夢伝説
     <MC>

17:15 【STARDUST REVUE×岸谷香】

     01.世界でいちばん熱い夏
     <MC>
     02.M
     03.Diamonds
     04.愛の歌

17:38 飲酒運転事故に関する説明VTR

17:43 飲酒運転撲滅トーク(小倉・大塚/Silent Siren・西内・
     加治・家入・MINMI・根本要[STARDUST REVUE]・岸谷)

17:52 【EXILE SHOKICHI】

     01.You are Beautiful
     <MC>
     02.The One

18:03 ラジオ特番ブース中継(小倉・大塚/鈴木・RIO・EXILE SHOKICHI)

18:09 【ファンキー加藤】

     01.MUSIC MAGIC
     <MC>
     02.あとひとつ
     <MC>
     03.中途半端なスター

18:28 ラジオ特番ブース中継(鈴木・RIO・赤松・下埜・みぃ・
     森裕子・大西・小早川・ロバータ・前田彩名・若宮・珠久)

18:34 【TRF】

     01.BOY MEETS GIRL
     02.EZ DO DANCE
     03.survival dAnce ~no no cry more~

18:49 <インタビュー>(小倉・大塚/EXILE SHOKICHI・ファンキー加藤・TRF)

18:53 【ゆず】

     01.かける
     <MC>
     02.雨のち晴レルヤ
     <インタビュー(with 小倉)>
     03.栄光の架橋(with SDD Symphonic Orchestra)

19:16 SDD呼びかけ(小倉)

19:19 【JD共済 presents SDD全国こども書道コンクール】パフォーマンス
     (森大衛/SAM[TRF]他ダンサー3名)

19:23 「Heal The World」(出演者全員による歌唱)

19:29 出演者紹介

19:32 出演者全員退場
―――――――――――――――――――――


関西テレビでも後に放送される、という事情もあってなのかどうか
ステージ上方に吊るされたり元からホール内に設置されていたりの
ビジョンに映る映像には曲が始まるたびにタイトルが表示されるし
歌詞も字幕表示されていたし…至れり尽くせりで凄いなと思った。
おかげで、上記セットリストを起こすのもまあ楽だったこと…。

自分の席はバックステージ側(ステージ向かって右斜め後ろあたり?)
のスタンドだったので生身は基本的に後姿ばかりだったのだけれど
ビジョンの向きが偶然いい感じだったのでそちらを眺める方が多かった
(某アーティストの後頭部を見て「…!?」と思ったのはここだけの話)。


開演前の過去回ダイジェストはかなり見ごたえがあったのだけれど
2013年の映像でback number・高橋優・三代目J Soul Brothersが
出て来て「今年のALL LIVE NIPPONのメンツ!」と密かに興奮した
(つーかそんな目で見てたの自分くらいしかいないだろう、という)。
back numberの映像で少し歓声が上がっていたのはおお、となった。

スタレビと岸谷のコラボコーナーでは「プリプリ(岸谷が在籍していた
プリンセスプリンセスの略称)というよりポリポリって感じ」と根本が
称していたけれど、プリプリの曲を生で聞けるとは思わなかった…。
まあ、そんな事を言ったらTRF・ゆず・ファンキー加藤(02はグループ
時代の曲)あたりも個人的には同様な気分で、曲数は少なくても
お得感が物凄かったような感じがしてしまったりして。

SHOKICHIは参加の発表がかなりギリギリ(発表と同時に100席
限定の最終抽選受付が行われた)だったというのもあってか
自身のMC・ラジオブース・合同MCと「急遽決まったので(ファンが
客席には少ないだろうから)ドキドキしていた」旨の話を繰り返して
いたように思う。気持ちはわかるが(何度言うねん)と一瞬思った。

ファンキー加藤、最後の曲でステージから降りてアリーナ席前の
可動柵によじ登って歌う…というシーンがあって、スタッフが
2人がかりで落ちたりしないよう脚を抱え込んでいた様が
なんとも必死な感じがして、勢いいいのは良いが…うーむ。

ゆずが「栄光―」を歌い終わった後、オーケストラの指揮者と
軽く握手してから裏へ帰ったのだが、ゆずのコンサートでおなじみ
「もう1回!もう1回!」というコールが沸き起こるも次の段取りの
為に出ていた小倉が「ゆずでした。」と区切りの言葉を発したので
あちこちから落胆の声が上がっていたのも印象的だったかも。
確かに「夏色」ありませんでしたけれども…他の人たちとの
バランスを思えば、3曲歌ったんだしそんなもんだろう、と。

そのゆず、北川が「トリを務めさせて頂くのは嬉しいんですけど
サイリウムの光が(息切れして)消えちゃって寂しい」との旨を
喋ったら直後のインタビューで小倉から開口一番「大人の事情って
もんがあるんだから。スポンサーさんに失礼だから。【ルミカライト】
っていうの」という趣旨で諭されてしまっていて少し吹いた。
…いやだから、それ以前に光の保ち具合を(以下自粛)。

結構長時間だったけれど、色んな人のパフォーマンスを見られて
凄い空間だったなあ…と今更思う。みなさんお疲れ様でした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kiro507.blog8.fc2.com/tb.php/3670-9a7d1758