「証拠」をなくした…。 

Juice=Juiceがドラマに出る、という発表をきっかけに「どうにか今現在の
ライブを一度は見ておきたい」なんて衝動にかられてしまい、彼女らには
珍しい「ホールコン」が行われた今日…NHK大阪ホールへ赴いてみた。

グッズの先行販売が始まっていたので、とりあえずなんとなく待機列に
並んでみて、入場口になる場所付近の様子を一度確認したがそのまま
引き返すのも…というわけで、くじ引きっぽい感じの写真を1枚買ってみた。

リーダー・宮崎由加だったので、個人的には「当たり」の部類だったかも。

現場の人員整理係っぽい人に「当日券って…」と聞いてみたところ
イベンターであるキョードー大阪に直接電話で聞いてくれ、とかで
メモ帳に書かれた電話番号を見せて来ただけで終わってしまい
電話がとても苦手な自分だが仕方ない…とPHSからかけてみた。

番号が「0570」から始まるナビダイヤルだったので、PHSからも
繋がるのかどうかがかなり不安だったけれどもあっさり繋がった。

まずは、録音された音声で何やら説明。「当日券のお問い合わせで
オペレーター対応を希望される場合はこのままお待ちに」「まずは
公演日・アーティスト・会場名をお知らせください」的な内容の説明を
聞かされてから「ナビダイヤルで云々」のアナウンスに切り替わって
その後オペレーターへ…って最初の説明部分もナビダイヤルの料金に
入ってたんだろうか。なんて微妙な事を思いながら必死で話してみた。

「(入るという意思が?)お決まりでしたら、今この場で予約の受付を
致しますが」とかなんとか言われたので「お願いします」と言ってみたら
「一般席・ファミリー席どちらにされますか」「1枚ですね、ではお名前を
フルネームでお願いします」「連絡先のお電話番号をお願いします」
「では、予約番号をお取りして参りますので、メモをご用意してお待ち
ください」といった流れで進んでいって、「では14:00~14:45の間に
入場口横の当日券売場へお越しください、受付の際にお名前と
予約番号(席種-○)をお知らせください」…という感じで終わった。

開場時間を少し過ぎて、もう一度入って行って最初に聞いた同じ人に
「当日券買いたいんですけど」と言ったら「ご予約は…」と返されたので
「しました」。「ではこちらでお待ちください」と前売り券チームが並ぶのと
エスカレーターを挟んで反対側に案内されて少し待った後、「予約されて
いる方を先に、当日券の方どうぞ」とかなんとか言われたのでちょっと
恥ずかしいなと思いながら進んでいって。売場で係員の人が持っていた
メモっぽいのを見たら、一般・ファミリー合わせて予約は多分10人いなくて
「うっわー…恥ずかしい」とか思いながら支払ってチケット受け取って入って
(さっき、キョードー大阪のサイトで当日券の詳細見れたと知ってガックリ)。

サブリーダー・金澤朋子が左足を痛めたとかでイレギュラーっぽい(なんて
いっても東京大阪の4公演しかなかったらしいが)状況だったとはいっても
「本来金澤の立ち位置であっただろう所にピンスポットが普通に入る」とか
「ビジョンに歌うパートのあるメンバーを映してほしいのに全然違う人ばかり
映ってて、スイッチャーが下手にも程がある」とか「いくら全体的にあまり
明るくない設定とはいっても金澤のいた場所の照明暗過ぎ」とか…その辺
【なんじゃこりゃ】と思う部分は多かったのだけれど、メンバー5人それぞれの
パフォーマンスっぷりはそういう事を補って余りあるくらいだった、かも。

終盤あたりに後藤真希「スクランブル」のカバーをしていて、当時は後藤の
ライブも見に行ってたなあ、懐かしい、と思ってたらヲタの皆様のコールも
結構当時を彷彿とさせるものがあって余計に懐かしかった…はともかく
曲中のフェイクパートを植村あかりが担当していたのになんか驚いたっけ。

あと、始まる直前に薄い生地(ステージが透けて見えるくらい)の幕が
下りたので何だろう、と思ってたら暗転の直後にその幕が大型ビジョンの
役割をしていて大きく全体に映像が表示されたのにも驚いたなあ…。

そしてハロプロには珍しく?ステージ中央に「せり」の装置が作られていて
(始まるまでにステージをボーっと見ていて、やたらに目立つ紙吹雪の
跡っぽいものがあると思ったら「せり」用の「バミリ」だったと後に判明)
「ロマンスの途中」の終盤で全員がそこに集まった後に沈んで行って
特別に編集されたであろう長いアウトロの後、「愛・愛・傘」が始まる際
上って来た「せり」の上には曲にちなんで傘をさした状態で後ろ向きに
立つメンバー(相合傘っぽい状態だった)の姿…という演出があったっけ。

植村あかりが大阪出身ということで、アンコールの際にはメンバーカラーの
「緑」の光で埋まる客席…金澤が「自分のカラーじゃないのに感動した」
とか言ってたっけなあ。本人も喜んでいたので良かった良かった。


終演後、入場時に渡されたビラ入りの袋を手に退場している最中に
何気なくその袋を見たら、席に着いた際に入れたはずのチケット半券が
消えていたのに気付いたので立ち止まって周辺をキョロキョロしては
みたのだけれど、それっぽい物は全く床には見えず…8000円も払った
(チケットには確か前売り料金が印字されていたけれど)というのに
その「証拠」が手元に残らないなんて…とブルーな気分のまま帰途に。

何かの拍子に自分で袋を逆さに持ったに違いないので自業自得では
あるのだけれど…前売りなら多分コンビニで買ってるのでレシート的な
ものとか別にあったりするのが、今回当日券だから本当に何もなくて。
上に書いた「写真」は「現地に行った」程度の証拠にしかならないから
…あー、うー…本当に自分がアホ過ぎて泣けてくる。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kiro507.blog8.fc2.com/tb.php/3503-8df6f117