Entry Navi - Archives

 2015年03月 

FM OSAKA、明日で「満45歳」。 

1970年4月1日に開局したらしいFM OSAKAでは、今日明日と「開局
45周年特番扱い」の放送を展開中…基本的な放送枠と出演者が
レギュラー放送と変わらないので、あまり「特番感」がないのだけれど。

で、今日は過去音源(しつこくリスナーから募集し借用した物を含む)も
ちょこちょこ放送されていたのだけれど、今年でFM OSAKA歴が20年と
自ら言ったDJ・谷口キヨコの担当した枠のエンディングゾーンの話を。



谷口がFM OSAKAで初めて担当したのは「JAC851」という平日昼ワイド。
開始当初は川下大洋と樹原マユミが半々の曜日を担当していたが
後に谷口が入り、川下が抜け(という流れだったように思うが定かでは
ない)谷口と樹原が半々の曜日を担当、という形へ移行したような。

その後、谷口は「afternoon cafe」「LOVE FLAP」と今現在に至るまで
ほぼ同時間帯の放送枠に出続けて20年…というのは素直に凄いと
思うのだが(本人も本日の放送内で「生き字引でーす」と言っていた)
樹原の方は途中で他曜日の番組へと異動になり、2007年(これは
ネット検索で色々確認した)当時担当していた金曜昼間の番組を
「入院が必要な病気」かなんかで休むことになり、代打DJを立てたが
番組自体がすぐ終了、最終回には電話(音声を録音した)メッセージを
寄せて…以降、FM OSAKAには出ないままとなっているようで。

当時の入院は半年ほどで終わり、以降は「実業家」的な仕事を
するようになって、インターネット上にネットストアか何かを開いて
いたようだけれども、ある時期を境に「改装中」となったとか。

数年前?から、某巨大掲示板内のFM OSAKAの話題をする場所で
樹原はどうしているのやら、的な話題になると「亡くなった」「遺族の
意向で公表はしてない」との旨を書き込む人間が出てくるようになった。
そんな情報ソースも出ないよう事など、信じられるはずはなかった。

(※ちなみに、FM OSAKAのDJ界隈で確認出来た「一番最近」?の
話題は2011年3月の若宮テイ子Twitter、だったかもしれない)



で、今日の放送のエンディングゾーンに話を戻して。

特番扱いで谷口と樹原が一緒に番組を担当する事もちょくちょくあり
そういう意味でも「2人が好きだった」などというメールが紹介されたり
リスナー提供音源の中にも樹原の出演番組が含まれた物がたくさん
あった、というのでその中の一部を(他のゾーンで流した過去音源と
比べるとかなり)長めに流したあと、「マユミちゃんのはやっぱり、
感極まってしまいますけれども」とかなんとか言い出す谷口。
(録音しながら聞いていたつもりが、録音失敗したので曖昧)

樹原に関する「当時の思い出」を少し話した後に「マユミちゃんの
お父さんとお話させて頂いた時に、谷口さんと番組やってた時は
とても楽しそうだったと言ってもらえて本当に嬉しかった」的な
エピソードトークの後に「マユミちゃんは病気療養のために番組を
お休みしたんですけど、病気に…、負けてしまって」等と半分
泣きながら言い、「マユミちゃんは永遠の相棒(この辺の表現も
記憶が曖昧)です!」とか宣言してから、樹原が放送中によく
好きだと言っていた織田裕二の曲をかけ、直後の枠を担当する
DJとのクロストークで「もう喋れない、預けた!」と振って終了した。


「某巨大掲示板にしか出ていないような話など、信じられるかよ」
という気持ちをずっと抱いてはいたものの、放送内で樹原の話題が
まとめて出て来た段階で「どうせ真実を聞くなら、このタイミングで
谷口の口からがいいな…」という気持ちになり、音源がフェードアウト
した直後の谷口の声に「泣き」が混ざっているのが分かった瞬間
「やっぱりか…」となり、谷口の担当枠が終わった時には自分も
泣けて泣けて仕方がなかったなあ…。結局「いつ頃」というのは
全くわからなかったのだけれど、心より哀悼の意を。

スポンサーサイト

よゐこ、MBSラジオでは12年ぶりの「生」レギュラー番組。 

当日分と翌日分の「ラジオ欄」が閲覧出来る「Yahoo!テレビ」内の
「ラジオ番組表」コーナーにて、昨日の時点で月曜に増枠される
「アッパレやってまーす!」欄に「よゐこ」の記載があったとのこと
(今朝届いた新聞にも「よゐこほか」の記載あり)。

よゐこがまだMBSラジオに残る、という事で個人的に興奮する中
昨夜と今日の昼前、有野晋哉がこんなツイートを…。

http://twitter.com/arimorokoshi415/status/582159604311666688

>明日は毎日放送ラジオの生放送。またも深夜!て事で早く寝よう。土曜朝までやっての月曜も夜中!43歳!チャンスや!

http://twitter.com/arimorokoshi415/status/582367151681449984

>今夜の生放送の情報がない!誰とや?今日やないのか?行くけど!相方ちゃんは居ると思うけど?は!居らんのか!何や?ヤンヤンのも一週前のやし ん~ワクワクさせるやん!

(※MBSラジオ公式サイト上の「本日の番組表」やradiko.jpサイト上での
番組表には「須田(亜香里、SKE48メンバー)」「アンガールズ」記載あり)


今日の方のツイートは、「オレたちゴチャ・まぜっ!」の番組サイトの
スクリーンショット付というなんとも意味深なものだったのだけれど。

昨春火~木枠にて開始した「アッパレ―」は、火・水曜が「生放送で局に
来た日に次週分も収録」、木曜が「原則2本録り(完全収録)」という形で
やって来て、今週からはそれら3曜日よりも深い時間に月曜が増枠と
なっていたので「よゐこなら木曜パターンかな」という声がネット上の
どこかで見受けられたようにも思うのだけれど、まさか「生放送」という
ワードが開始前に出演者サイドから出るとは、というのでビックリ。

とりあえず、MBSラジオでよゐこが揃ってレギュラー出演する番組では
2003年春に終了した「オレたちやってま~す」以来12年ぶりに「生」が
あるということで…「オレたち―」でよゐこを好きになった身としては
なんだか感慨深いのだけれど、果たして火・水パターンになるのか否か。

AM局の多くが明日から2015年春改編。 

「ゆずのオールナイトニッポンGOLD」や「福山雅治 魂のラジオ」や
「オールナイトニッポン0(ZERO)」の一部曜日はリアルタイムでは
最終回を「しっかり」とは聞けていなくて、かつ色々あって他の番組も
含めて1週間分の「未聴」な録音ファイルが溜まっているというのに
もう明日から改編後の新体制…いつになったら追いつくのやら。

あと、MBSラジオ「神津班」の新体制とかラジオ関西の「JUNK」受け
開始とかもあるので、ICレコーダー等使用のタイマー録音に関して
さっさと設定を調整しなければならないなあ、と思いつつ現時点で
一切その作業には手付かずなので、更新終えたら始めなきゃ…。


「魂-」は24時台後半だけ聞けたのだけれど、最後の最後に
荘口彰久が挨拶を振られて喋る途中に言葉が出なくなる、という
場面があったりして、よくよく調べたらニッポン放送を退社後に
フリーアナウンサーとして始動した直後から10年半も続けてて
…そりゃ感極まるものもあるよな、なんてことを思ったっけ。
ラジオトークな荘口、今度はいつどこで聞けるかねえ…。

Twitter用で使う(使った)クライアント。 

この記事の続きのようなもの。

前回の記事では「Webアプリ」と書いたけれど「Webクライアント」の方が
正しいのかなあ…なんて思いつつ、これまでTwitter用クライアントって
どんな物を使ってきたのか、なんて事をふと振り返ってみたくなった。

…が、正確な順番とか時期とかちっとも覚えてない事にも気付いた。
ダメじゃん…と思いつつも、乗りかかった船なので列挙してみる。


【パソコン用】

「ついっぷる」
http://twipple.jp/
Webクライアント(ブラウザから利用するタイプのもの)。
当時は「初心者にはこれ!」みたいな謳い文句だったような気がしたっけ。
で、一番最初に使ったのも多分これだけどしばらくして物足りなさを感じた。
(今現在は全く使ってないのでどうなっているか知らないけれど)
ちなみに、ガラケー向けサービスもあるそうだけれどPHSでは使用不可。

「Seesmic Web」
Webクライアント。
タイムラインをホーム・リストとか複数を同時に表示させることが出来て
とても好みだったのだけれど、いつの間にか似た事をやってる会社に
買収されたとかで、そちらのサイトへリダイレクトされるように…残念。

「HootSuite」
http://hootsuite.com/
Webクライアント。
Seesmicを買収した会社によるもので、でも元々有名ではあったので
憧れはあって使おうとしてみたけれど…重さに耐えかねて挫折。

「チャーハン諸島」
http://archive.guma.jp/rice-islands.html
Javaで作成されたクライアントソフト。
ある時期から、極力「ZIPファイル等を解凍するだけで使い始める事が
出来るソフト」を使いたくなっている自分がいて、一応それに該当する
ソフトだったので試してみたら、操作感がなんとも独特でビックリ。
まあ、体感的には「物凄く軽かった」のは良かったのだけれど。
たまに突然思い出すソフト、というかさっき起動させたらまだ動いた。

「twicli」
http://twicli.neocat.jp/
Webクライアント。
こちらも操作感が独特ではあるけれど、そこそこ軽い。
ホーム・検索結果等、タブ式表示に対応している。
現在も使っている(といってもPCからTwitterを利用する機会が
かなり減ってはいるのだけれど)クライアントのうちの1つ。

「Tabtter Free」
http://f.tabtter.jp/
Webクライアント。
当初は無料版のみだったのが、後から有料版も出来た…というか
有料版のみになりそうだったのがなんとか無料版も続いている(?)。
名前のとおりタブ形式で表示出来て、そこそこ軽くて使いやすい。
現在も使っているクライアントのうちの1つ。


【ガラケー向け】(PHS端末WX320Tで使用)

「モバツイ」
http://www.movatwi.jp/
Webクライアント(スマートフォン向けサービス別途あり)。
旧公式ガラケー向けサイト「twtr.jp」を使ってみたら、リスト機能が
省かれていた…というのがきっかけで、当時から既に人気があった
「MovaTwitter(旧名)」を使い始めた。メールで画像付きツイートが
出来る「写ツ」機能が好きで、現在も継続使用しているのはそれのみ。

「yubitter(ゆびったー)」
http://yubitter.com/
Webクライアント。
今思えば、モバツイと機能的には変わらないような気がするけれど
色々試してみたい時期に出会って、しばらく使っていた。
こちらも継続使用しているのはメール利用のツイートのみ。

「Movatter(モバッター)」
http://movatter.jp/
Webクライアント。
メールでのツイート機能はないけれど、モバツイ・yubitter同様に
多機能でかつ「軽い」という評判を聞いてはいたものの、しばらくは
「不定期」に「数十人以上フォロー・フォロワー人数のいるアカウント
限定」で使用登録を受け付けるというスタイルだったために苦戦。
「登録すれば数人分相互フォローを増やせる」というサービスで
水増しして、受付時期に備えた…なんてこともあったっけ。
現在、「トータルでのメインクライアント」の位置にいるのがこれ。
(不調の場合にモバツイ・yubitterも使用)

「yabmin(ヤブミン)」
http://yabm.in/
メール完結型クライアント。
バッテリー節約・Webアクセス時間の節約・Webアクセス不調時の
対策で、こういうのを1つくらい使ってもいいかも…というので登録。
ガラケー向け公式サイトの改悪後、Movatterが不調な時が出たので
初めて本格的に使ってみた。普段は極まれにリプライ通知を受けるのみ。
操作用のコマンドがいくつもあって、若くもないので(以下自粛)。


…全部思い出せたはず、はいいけれど使い始めたきっかけとか
かなり忘れていて参る。でもまあ、脳の活性化にはなった…かも。

「こぶしファクトリー」和田桜子、インタビュー記事のようなブログ記事を書く。 

まず該当の記事の「前段階」に当たる記事がこれ。

聞いてください!私からの提案です\( ˆ ˆ )/ 和田桜子|こぶしファクトリー オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/kobushi-factory/entry-12005722184.html

>私、家で呼ばれてる呼び名が、実は…

>15個以上あるんです(笑)

>なので、皆さんにどう呼んで貰いたいかというより、皆さんに選んで頂きたいんです(*´∇`*)

>題して
>「桜子の呼び名をみんなで決めて!今日のブログが投票箱ぉー!」笑

>o(^-^o)(o^-^)oイエーイ

>候補は、私が今までに家でパパやママに呼ばれてきた呼び名です☆



で、その「15個以上ある」家での呼び名についての解説的なものを
試みた?のが該当の記事になるのだけれど…。

パパが明かす!桜子出生の秘密!? 和田桜子|こぶしファクトリー オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/kobushi-factory/entry-12006814779.html

>投票いただいたコメントでたくさんご意見のあった、
>呼び名の「由来」なんですが、私もわからない点が結構あって、、笑
>詳しくは私のパパにご登場いただいて、詳しいことを聴いていきたいと思いますっ!!!!!

>❀それではパパさん、宜しくお願いします。


>( ´_ゝ`)<はい。宜しくお願いします。



から始まって、まるで「普通にレポーターorインタビュアーが話を
聞いている」かのような(あくまでハロプロヲタ目線からだとそう
見える、な感じかも)文章が続いて、なんだか驚いてしまった。

最近の中学生って凄いなあ…。

JFN制作の新番組、4月から開始。 

JAPAN ハロプロ NETWORK|モーニング娘。'15|JFN Online
http://www.jfn.jp/RadioShows/jhn

>JAPAN ハロプロ NETWORK

>パーソナリティ

>モーニング娘。'15

>JFNがネットする都道府県の出身メンバーを中心に、モーニング娘。’15のメンバーと、他のハロプロメンバーが出演。
> 毎回いくつか、もしくはひとつの都道府県について学びながら、
> その土地の「ここが好き!」「こんな体験をした!」「こんないい場所があるからみんなに教えたい!」などリアリティを持った自分の言葉で「地元や地方の魅力」を語ります。


>ネット局

>FM岩手
>FM秋田
>FM山形
>FMぐんま
>FM-NIIGATA
>FM長野
>FM石川
>FM福井
>FM岐阜
>FM滋賀
>FM山陰
>FM岡山
>HIROSHIMA FM
>FM山口
>FM徳島
>FM香川
>FM長崎
>FM宮崎



…見事にFM OSAKAは未ネット、か。
ある程度覚悟はしてても、なんだか悲しい。

Twitter、「ガラケー」排除への一歩を踏み出す。 

Twitterの携帯電話向けサイト「twtr.jp」が「mobile.twitter.com」に移行 | RBB TODAY
http://www.rbbtoday.com/article/2015/03/25/129784.html

>「メールでのツイート」「画像の付いたツイート」「携帯メールアドレスへのメール通知」「かんたんログイン」「アカウントの削除」といった機能は、携帯電話から利用できなくなる。



今日、試しにWX320Tにブックマークしてあった「twtr.jp」の方へと
アクセスしてみたら「https://mobile.twitter.com/i/guest」の方に
リダイレクトされてしまって、それがまたなんとも「重かった」こと…。

軽く調べたら、元々「スマートフォン向けサイト」として用意されていた
サイトに「統合」されただけ、というのが実情らしいのだけれど…
画面の大きさ、搭載されているメモリの容量、全然違うだろう、と。

我がWX320Tはメモリ容量が小さいし色々なサイトへのログインとか
PHSはほとんどが「Cookie頼り」なのに、この「mobile.twitter.com」へ
アクセスして、ログインして…とやった後に他のCookie頼りのサイトへ
飛んでみたら見事にCookieが飛んでしまって、再度自分用の状態に
構築し直すのに時間がかかってしまって仕方がなかった、という
トンデモな感じになったので、もう公式にアクセスするのは辞めたい。


…まあ、かなり前から無料で使えるWebアプリがメインだったのだけれど
たまにサーバー不調を起こした時とか、公式見たりもしてたんだよなあ。
PHSでは数少ない「公式サイト」の1つだったからか、一度ログインすれば
数ヶ月全く見なくても普通にあっさりアクセス出来て驚いたものだけれど。

あと、「メールでツイート」が出来なくなったのも地味に痛いなあ。
Webブラウザを起動させてWebアプリからツイートするよりも色々と
楽に思える時とかあったし…あ、対応のWebアプリがまだあるか。

思わぬ内容にビックリ。 

来週からスタートするニッポン放送他・土曜23:30~の新番組である
「オールナイトニッポンサタデースペシャル 大倉くんと高橋くん」。

どんな内容になるのやら…と思っていたら、ネット局のサイトに記載が。


番組のお知らせ/山陰放送
http://www.bss.jp/radio/bansen/regu.html

>オールナイトニッポンサタデースペシャル大倉くんと高橋くん (土)夜11:30~1:00
> 音楽シーンを引っ張ってきた洋楽・邦楽のレジェンドをより深く知るため、毎週一組のアーティストを取り上げ、代表的な楽曲や印象的なエピソードを学びながらトークしていきます。また時には日本のレジェンドアーティストがゲストで登場!そのミュージシャンと一曲スタジオ生セッションなどのハプニングも!?
>4月4日(土)からスタート!
>出演:大倉忠義、高橋 優



前番組「魂のラジオ」とはかなり違う色となりそうで、なんだかビックリ。
「一組のアーティストを取り上げ」という部分で、昨春からFM COCOLOで
制作・放送中(と書こうとして念のためネット検索かけたら開始3ヶ月で
InterFMにもネットされ始めたらしい)の「J-POP LEGEND FORUM」を
ついつい思い浮かべたのだけれど、こちらは「毎月一組」だし「毎回
関係者または本人へインタビュー」なので違うか…なんて思っていた。

…ら、ネット上のどこかで「ダイノジ大谷ノブ彦がやったANNとやる事
同じかよ!」的な内容のツッコミを見つけて「…そっちだったか」な気分。
そっちのディレクター、ニッポン放送・松岡敦司だったっけ…そして、
今現在の「魂―」ディレクターも、松岡。高橋優が過去に担当していた
「単発」のオールナイトニッポンRはほぼ全て宗岡芳樹がディレクターで
作家が福田卓也だったように思うけれど…はて、今回はどうなる?

「こぶしファクトリー」ブログ開始。 

こぶしファクトリー オフィシャルブログ Powered by Ameba
http://ameblo.jp/kobushi-factory/

これで、現役のハロプロメンバー(純粋な研修生を除いて)全員が
アメーバブログでブログを開設した、という事になるらしいけれど
8人で1つのブログって「ギューギューに押し込められた感」が…。

でもまあ、自らアピールする場が少しでも増えるのはいいことかな。

カントリー・ガールズが千里セルシーへやって来た。 

R0050052-re.jpg
とりあえず、歌う姿を生で見たいと思ったので朝から出かけてみた。

到着したのはシングルCDの予約販売が開始される10:00よりいくらか前。
最近よくやる「遠いけれど、ステージ上の様子はよく見える場所」への
陣取りをしてから、3回目が終わるまでほとんどの時間をそこで過ごした。

10:00頃、ふとステージの方へ目をやるとセルシー現場ではなんだか
珍しいような光景が繰り広げられていて、思わず目を丸くしてしまった。
R0050036_43-re.jpg
(クリックで少し大きめの画像へ)

グループ名のロゴ(という程手が込んだものでもないのがアレだけれど)を
プリントしたオレンジ色の垂れ幕?を後ろの壁?のあたりに吊り下げる作業。

ハロプロ初期からの歴史だと、こういうのを用意していた事もそれなりに
あったのかもしれないけれど…都合がついて参加出来たイベントなんて
そこまで多くない立場からすれば、初めて見た光景でビックリしたなあ。
まあ、上しか固定してなかったので風が吹いて上にフワッとまくれて
ロゴなんて見えやしない…なんて事もちょくちょくあったのだけれど。


あと、今回は1回目が開場11:30/開演12:00という予定だったのに
開場予定の10分前になっても「握手権利付CD予約」をしたい人が
ステージ向かい側の大階段の半分くらいを埋めているという状況で。

普段はその大階段に開場待ちの人たちを整理番号順に整列させる
感じになっているのだけれど、ここが埋まっていたのでは…というので
なんと優先観覧エリアのすぐ側に整列させる、という事態に。
R0050059-re.jpg
(右側:入場待ちの整列エリア、大階段:CD予約申し込み待ちエリア)

申し込み待ちの列、1回目の本番中もまだ残っていたらしいとか。


セットリストは以下のとおり。

 1.愛おしくってごめんね(フル)
 <MC:メンバー紹介他>
 2.初めてのハッピーバースディ![1・3回目]/浮気なハニーパイ[2回目](1ハーフ)
 <MC:ゲームコーナー&告知>
 3.恋泥棒(フル)
 <MC:今回のリリース曲について紹介>
 4.愛おしくってごめんね(フル)

2曲目は「カントリー娘。」を名乗っていた頃のリリース曲から…らしいが
特にその辺についての説明をする事はないまま進んでいて、良いのか
どうなのかと思いながら見ていたけれど、「初めての-」はアレンジが
ある程度オリジナルの雰囲気を残しつつも変わっていたので驚いたなあ
(でも、元のままだとついオリジナルメンバー・りんねを思い浮かべて
なんとも微妙な気分になってしまうので、これはこれでいいかも)。

ゲームコーナー、もう2~3年くらいこのグループで活動してるのでは
ないだろうか…というくらいの雰囲気がして見ていて楽しかった。
大人気ない面を見せる嗣永桃子、進行役をそれなりにこなしていた
山木梨沙(1回目)と稲場愛香(2・3回目)、お茶目な面を出したりする
年下組の森戸知沙希・島村嬉唄・小関舞…まだまだ見ていたかった。


今回は開演が12:00/14:30/17:00の3回廻しだったのだけれど
開演直前の段階で優先観覧エリアが一番埋まっていたのは
2回目だったのかもしれないなあ…なんて事を思ったりする。
R0050085-re.jpg
まあ、他の回のがないので客観的な判断は無理だなこりゃ。

℃-ute、ブログが「GREE」から「アメブロ」へ。 

℃-ute 公式ブログ 最新記事 - GREE
http://gree.jp/c_ute/blog

℃-uteオフィシャルブログ Powered by Ameba
http://ameblo.jp/c-ute-official

今日からスタートしたコンサートツアー内で発表されたとの事。

前者での更新は今月で終了、後者は今日の公演終了から更新開始
…という事らしいのだけれど中島早貴については以前からアメブロで
個人ブログを持っていた(更新はもう辞めているが残っている)ので
それを再開&他メンバーは個人で新設、という形でも良かっただろうに
グループ一まとめって…書きたくはないけれど、未来永劫グループの
ままでやっていける確証など(以下自粛)と考えたりするとあまり
やって欲しくないスタイルだったりするんだよなあ、これって。

まあ、ファン側は「見に行くサイト数が少なくて済む」、スタッフ側は
「管理するサイト数が少なくて済む」とか利点?もあるにはあるけれど。

MBSラジオ、2015年春の改編情報発表。 

2015年春改編 ラジオプログラム - MBSラジオ MBS1179.com(PDFファイル)
http://www.mbs1179.com/pdf/201504time_table.pdf
mbs1179-2015_spring-re.jpg

個人的にショックなのは、月~金曜26~28時台が帯番組化するため
金曜の「オレたちゴチャ・まぜっ!」枠が消滅してしまう、という事で。
2番組あったけれど、よゐこがいる方(完全収録)も吉本芸人トリオ・
ロバートがいる方(原則生放送)も好きだっただけに、悲しいなあ…。

一応、月曜深夜に同等の「神津班枠」と思われる新しい枠が出来たり
火~木曜の「アッパレやってまーす!」のうち火曜チームが来週の
放送をもって「解散」となるらしい、という情報が出演者のTwitter等で
確認出来たりもしているので、詳細が出るのを期待しないで待とうかな…。

今更知ってビックリ。 

少し前、いつものようにPHSの通話明細+利用料金のお知らせの書面が
入った封筒がウィルコム…もといワイモバイルから届いたのだけれど
封を開けて利用料金のお知らせの方の「今月のトピックス」欄をふと見た。

>●ワイモバイル株式会社は、2015年4月に ソフト
>バンクモバイル株式会社を存続会社として合併 いたし
>ます。なお、現在ご利用中のサービスは 継続してご利
>用いただけます。

(改行等、実際の本文ママ)

…えーっと、「ワイモバイル株式会社」自体が出来て1年未満でしたよね?
なんて事を思いながらネットで情報を確認したら、1月下旬の段階で既に
プレスリリースとやらが出ていたそうで…今更知るってなんだか悲しい。

NTTパーソナルのPHSが「ドコモPHS」へと変わって、その後…というのを
一度体験して来ているだけに、「再びあんな思いをするのか」なんていう
考えが頭をよぎって仕方がないのだけれど、あの頃は「ギリギリまで粘り
ウィルコムで同じ番号でのPHS契約を続ける」という選択が出来たのに
今度「あんな思い」になった場合は「PHSの消滅」になってしまうわけで
…出来ればギリギリまでPHSを、という思いは持ち続けていたいけれど
「その先」に関してのことを少しずつでも考えた方がいいんだろうなあ。

元メロン記念日・村田めぐみ&大谷雅恵がイベント開催とか。 

『村谷姉妹の四方山話~15周年だからこそ!!~』 – LOFT PROJECT SCHEDULE
http://www.loft-prj.co.jp/schedule/lofta/32357

>2015年4月
>08(水)

(中略)

>OPEN 18:30 / START 19:30

>前売¥2,600/当日¥3,100(共に飲食代別)
> ※前売券はイープラスにて3/22(日)12:00より発売開始!


>【出演】
>村田めぐみ(ex.メロン記念日)
> 大谷雅恵(ex.メロン記念日)



タイトルからしてトークイベントという事なんだろうけれど、芸能界から
姿を消していたはずの村田が出てくる、というのが興味深い、かも。
というか、せっかくなんだからあとの2人も…って思わずにはいられない。

やたら気温が高かった。 

さすがにマフラーまではしなかったものの、基本的には昨日までと
同じくらいの着込み具合で外出してみたら軽く汗かいたのなんの…。

そんな急に気温上がられても服装対応出来ませんがな、と。
このままの感じが日々続くならまだしも、「暑さ寒さも彼岸まで」
という諺もあるくらいで、まだ油断出来なさそうだし参るなあ。

どうにか完了…。 

Berryz工房ライブビューイングのチケットを確保した直後に突如発動した
(おかげでライブビューイングの「オープニングアクト」が見られるかどうか
かなりヒヤヒヤした)ミッションが、今日をもってどうにか完了した。

その場で一番の劣等生だったので、なんだか申し訳なく思っていたし
途中で「あんたはもう要らない」なんて言われなくて良かった…が実感。

とりあえず、明日からはラジオの春改編に向けて日々を過ごそう…うん。

えらい違い。 

この記事とかこの記事の続きというかなんというか。

よく考えたら、WindowsXPのノートパソコン(新品)を購入してからしばらくは
それ以前から使っていたWindowsMeのノートパソコン(確か展示処分品)と
同時に起動させてそれぞれで違うことやらせたり…なんてやってたなあ、と。

当時は「Meを奥、XPを手前」なんて置き方でやっていたようにも思うけれど
今現在は「XPを左側、7を右側」という置き方になっていて、いつの間にやら
XPはradiko.jpソースでのラジオ録音用&音楽CDからの取り込み用、7は
それ以外の全般…という感じで使い分けた状態で今に至ってしまっている。

音楽CDからの取り込み、Meだった頃からの癖でWMAファイルにしていたり
するのだけれど、XPで使い続けていた取り込み用ソフト(の最新版?)を
7にも入れて試してみたら、出来上がったWMAファイルの形式が音楽用
プレーヤーとしても使っているICレコーダー達が対応しているものより
「バージョンが上」になってしまったり、完成したファイルが文字化けしたり
…とどうもうまくいかず、XPでやるしかないか…と思った次第だったり。


あと、7のノートパソコンを買う前は「もしかして…いやまさか…」レベルで
思っていただけだったのが、嫌というほど実感させられたのがこれ。
moblog_54319e0e-re.jpg
左:XP(32662時間使用)、右:7(9924 時間使用)。えらい違い。

XP、画面がいつの間にか黄ばんでるし若干暗くなってる…というやつ。
使い始めた頃は電源ボタンその他の「光」が水色が多かったせいもあって
画面が若干青っぽいかも、という印象すら抱いていたのになあ…と。
さすがに10年以上使ってりゃ劣化もしますよね、という話だけれども。
7の方も、同じくらい使い続けられれば同じようになるのかなあ…。

モーニング娘。5期・小川麻琴が引退発表…。 

いつも応援して下さっている皆さんへ。|小川麻琴official blog
http://ameblo.jp/ogawamakoto-blog/entry-12001113329.html
小川麻琴に関するお知らせ|エムラインクラブオフィシャルファンクラブWebサイト
http://www.up-fc.jp/m-line/news_Info.php?id=7029
小川麻琴に関するご報告について J.P room
http://www.jp-r.co.jp/allnews/3016.html

5期以降のOG組からこんな発表をする人がとうとう出たか…という感じ。
色々あるんだろうけど…時間の流れを感じてなんだか寂しいなあ。


ちなみに、今日昼前に更新されたブログ記事より。

ありがとうございます。|小川麻琴official blog
http://ameblo.jp/ogawamakoto-blog/entry-12001356934.html

>ブログは個人でも続けていきますし、そこから皆さんに色々と発信していけたらと思っていますので、これからも応援して頂けたら嬉しいです


これ、元メロン記念日の大谷雅恵が「事務所を辞める少し前に開設した
ブログをそのままのURLで継続」したのと似たパターンが使えるのか、
それとも今のブログは閉鎖で新たに開設するのか…はてさてどうなる。

「2ch.net」実質的な終わりの始まりが来た日、かも。 

以前、記事に書いてから1ヶ月近く経過した今日、11時10分過ぎに
とうとう本当の意味で「発動」されたらしく、使用していたWebアプリで
スレッドを読み込もうとしたら「もう見れないよ、残念でした(超意訳)」
なメッセージが表示されて、読み込み履歴には元々のスレッドの
タイトルではなく「メッセージのタイトル」が残ってしまうが、元々の
スレッドに「○件分のメッセージが書き込まれている」という表示は
ずっと普通に増え続けている…というシュール過ぎる状態に。

このシュールさに対する衝撃で、想定していた以上にショックを
受けてしまっていて…「13日の金曜日」過ぎる、とか思ったり。

…実は、初めて見るようになってから15~16年ほど(!)の期間が
過ぎていて、PCを購入してインターネットが自宅で使えるように
なってからは毎日見ていたし、Webブラウザ搭載でネット定額が
可能になったPHS端末を手にしてからは外出中でも時間があれば
覗くようになって…とそんな感じだったので、喪失感が大きくて。

実生活で抱く「何かへの気兼ね、しがらみ」を取っ払った状態で
「素直な言葉」を読み書き出来る場所…だといつの間にか
思うようになっていたのだけれど、どうやら今日からは完全に
そうではなくなったようで…もう「居場所」はあそこになさそうだ。

ようやく一段落、かも。 

ラジオの改編情報で「気になるもの」がここのところ連日未明あたりに
発表されたりしてて、朝起きてそれに気付いてからTwitterで「自分が
気付いた時点から情報解禁された時間帯まで」のその情報に関する
ツイートを検索して遡って、琴線に触れたツイートはお気に入りに入れて
…というのを毎日のように隙間な空き時間を見つけてはやっていたので
それをしなくて済んだ今日、なんと心穏やかに過ごせたことだろう…。

まあ、昨日の解禁情報をもってANN系統に限定すればほぼ確定した
ようなものなのでホッとしたけれど、他局でまだ予断を許さない部分が
残っていたりもするので、「一段落」としか言いようがないんだよなあ。
特にMBSラジオ神津班…本当に毎年毎年いつになったら(以下自粛)。

大型な改編情報、2つ。 

まず1つ目がこれ。
http://twitter.com/1242_PR/status/575385718987476993

>【情報解禁】4/4(土)スタート毎週土曜日午後11時30分~ニッポン放送『オールナイトニッポンサタデースペシャル 大倉くんと高橋くん』あの大看板の“魂”を関ジャニ・大倉忠義と福山さんの後輩でもある高橋優の二人が継承へ。 #jolf #radiko #ann #関ジャニ



解禁が朝5時という約束だったはずなのに、日付が変わった直後あたりに
一時的にニッポン放送の新番組紹介ページに表示されていたっぽい?
で、あっという間にTwitter上やら何やらで大騒ぎとなったような雰囲気。

今回のニッポン放送はANN金曜1部の時も似たような事があったかどうか
これまた解禁の数時間前には「告知画像」の存在がどこからかバレて
しまっていたという話を知っていて…一体何をやっているんだか、本当に。

「2年前からニッポン放送でレギュラー番組を持っていた」という大倉と
「福山の事務所の後輩・一時期月イチでANNRを連続で担当」な高橋は
ニッポン放送リスナーからすれば(組み合わさる事に関するあれこれは
ともかくとして)まあ「なるほど」的な人選であろう、と予想するのだけれど
「エイター」こと関ジャニ∞ファン目線だと、「安田章大が高橋のファンだし
仲が良いイメージで、大倉は安田と共に数回会ったとしか聞いたことが
ない記憶なんだけども…なぜ安田がいない?」と不思議であるらしく
(Twitterで数時間分のツイートを眺めてみた結果)色々あるんだなあ、と。


そして、2つ目。

2015年春の番組改編情報 ラジオ関西
http://jocr.jp/new_program/


>JUNK<4月1日(水) スタート!>

>【放送日時】
>月曜~金曜 25:00~27:00

>【番組紹介】
>個性豊かな人気タレントが日替わりでパーソナリティをつとめるTBSラジオ深夜の人気番組「JUNK」がラジオ関西に初登場!

>月曜 伊集院光 深夜の馬鹿力
>火曜 爆笑問題カーボーイ
>水曜 山里亮太の不毛な議論
>木曜 おぎやはぎのメガネびいき
>金曜 バナナマンのバナナムーンGOLD



…ABCがネットを始めた時も思ったけど、突拍子過ぎて何が何だか。

まあ、1年空いてしまったけれどそれこそABCで聞いてたような人には
朗報過ぎるくらいの朗報だとは思う、が…個人的にはどうしようかな。
「ラジオ関西のリスナーさん初めまして」だか「関西のリスナーさん
お久しぶりです」だか、何か言いそうだし最初の1週間は録音するか。

3月中旬に入ろうかというのに寒い。 

ここ大阪府でも風は強いわ、一時的に雪が降った説もあるわで
まあ寒い寒い…きちんとしたシャツを着て行くべき状況なのに
寒さ対策を重視した結果、上着を着るからもういいやと思って
こっそりネルシャツ着て行ってしまったという…厚めの生地万歳。

明日も同じくらい寒いという予報なんだけど、2日連続ネルシャツは
さすがにちょっとヤバいだろうからカイロとかで乗り切るしかないか…。

ANN金曜1部、情報解禁。 

三代目JSB山下健二郎、『オールナイトニッポン』パーソナリティに抜てき | ORICON STYLE
http://www.oricon.co.jp/news/2049669/full/

>番組では、三代目JSBはもちろん、EXILE、E-girls、GENERATIONS、THE RAMPAGEといった“EXILE TRIBE”からメンバーがウィークリーパートナーとして出演。ストイックながらも誰からも信頼され、愛される山下と『オールナイトニッポン』を盛り上げていく。



JFN系フルネットで土曜22時台にEXILEの番組というのがあるんだけど
(ついFM OSAKAがつけっぱなしになっててそのまま流し聞き、という
パターンばかり)、それと全く同じ形式でやろうってわけですね…と。

あっちは設定とか色々「ガチガチ」なせいもあって「辛い」んだけど
ANNだからいくらかマシかなあ…期待しないで初日に備えよう。

「ANN0」新年度ラインナップの情報解禁。 

情報解禁自体は午前5時だったようで、いくつかのニュースサイトで
早速記事が出ていたようなのだけれど…このラインナップがまた。

(月)池田智子(Shiggy Jr. )
(火)三四郎
(水)吉田山田
(木)アルコ&ピース
(金)朝井リョウ&加藤千恵

http://twitter.com/yoshiki_muneoka/status/574434597489930243

>2015年3月30日(月)深夜3時からのオールナイトニッポン0はこのようなラインナップです。どんなキッカケでも構わないので1度是非ラジオに触れてみて下さい。遅い時間ですが、何卒!
https://pbs.twimg.com/media/B_jNNhpUgAEphZx.jpg

20150308_muneoka_twitter.jpg
(以上、現在プロデューサー格の状態が続いている?エルファクトリーへ
出向中のニッポン放送・宗岡芳樹のTwitterの引用とスクリーンショット。)

ANN関係を全曜日毎週聞いている人間にとっては、新鮮味があまり
感じられない顔ぶれ…と言っては失礼といっちゃ失礼なんだろうけれども。

既報通り木曜は「出戻り」だし、月~水曜はANNR等の単発経験があるし
金曜だってオードリー・若林正恭が「交流のある人たち」という事で最近
たまに名前を出すような人たちで、かつ朝井はそのオードリーや今度
GOLD枠で「復帰」する久保ミツロウ&能町みね子、小島慶子&ミッツ・
マングローブの枠等にゲスト出演してはラジオリスナーっぷりを発揮して
帰って行く…というような事がここ2年ほどの間にあったりしたわけで。

まあでも、「同じ状態で留まっていられるのは最大でも1年」というのが
わかりきってしまっている枠だから「生理的に無理な人が来なければ
いいのに」程度の期待しか持てなくなっているので、そういう意味では
個人的には「まあ大丈夫」ってところかなあ…あ、金曜だけ未知数だった。

アルコ&ピースANN、木曜2部へ「出戻り」。 

アルコ&ピース前代未聞の降格/芸能/デイリースポーツ online
http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/03/07/0007796870.shtml

> 先週終了を発表したラジオ番組「アルコ&ピースのオールナイトニッポン」が7日未明の放送回で、放送枠を変更して継続することを発表した。現在の午前1時から3時の「1部」から、かつて「2部」と呼ばれ、午前3時から放送されている「オールナイトニッポン0」枠で、曜日は木曜深夜(金曜未明)になる。

> お笑いコンビのアルコ&ピースは13年4月に「0」枠でオールナイトニッポンのパーソナリティーに就任した。14年4月に現在の1部枠に昇格したが、1年で2部に“降格”することになった。

> メンバーの平子は「ニッポン放送の情報解禁の都合で終了告知と2部降格の発表のタイミングをずらさざるをえなくなってしまった」と釈明しつつ、「オールナイトニッポンの歴史を見て、1回1部をやったパーソナリティーが2部に降格するのって、前代未聞なんだって」と笑いをかみ殺しながら報告。相方の酒井は「京都パープルサンガじゃねえか」とJ1、J2の昇降格を繰り返す京都を引き合いに自虐的に突っ込んだ。



諸事情でリアルタイムでは聞けず、というかまだ先週分の録音ファイルすら
聞くのがまだ先になりそうな状況なのだけれど、ネット上を探っていれば
状況なんて簡単にわかってしまう時代…先週はANN0の全曜日において
終了告知が行われ、アルコ&ピースも同様だったものの26:59あたり?に
続きそうな意味深な「予告」がなされた、という話がTwitter他で見られて
どうするどうなる、と思っていたところのこれだったというのがなんとも。

で、同じくネット上で誰かが「来期の木曜、久保ミツロウ&能町みね子に
ナインティナイン・岡村隆史にアルコ&ピースって凄い!」的な内容を
書いていたのを見てふと思ったのだけれど…木曜は「ANN」が付く枠の
レギュラー全てが【近年の1部経験者】なのである意味とんでもない、かも。
…まあ、単に迷走してるだけだったりする可能性もあるんだけれども。

あと、「前代未聞」の件に関してはTwitter上で「荘口彰久も同じような
経験があったかも」的ツイートを目にしたけれど事実関係はどうなんだか…。

「ANNGOLD」に関する情報解禁、2件。 

久保ミツロウ&能町みね子、1年ぶりにラジオ復活4月より「ANNゴールド」 | ORICON STYLE
http://www.oricon.co.jp/news/2049527/full/

>『久保ミツロウ・能町みね子のオールナイトニッポンGOLD』(毎週木曜 後10:00)が、4月2日よりスタートすることがわかった。


>■『久保ミツロウ・能町みね子のオールナイトニッポンGOLD』ネット局
>ニッポン放送/STVラジオ、青森放送、IBC岩手放送、山形放送、東北放送、茨城放送、信越放送、山梨放送、北陸放送、福井放送、東海ラジオ、和歌山放送、山陽放送※、山口放送、九州朝日放送、長崎放送、大分放送、宮崎放送、FM COCOLO
>※『オールナイトニッポンGOLD』の山陽放送へのネットは3月30日より開始



昨春、一旦枠移動を示唆するような発言をするも「どうやら反故にされたっぽい」
…そんな流れがあってから早1年。「まさかこう来るとは」と思う反面、当初に
示唆されていた件の移動先はGOLD枠ではないのか、という憶測もネット上の
一部では飛んでいたので、そういう意味では収まるべきところに収まった、かも。

当時憶測された「候補」は直前にオーストラリアへ渡ってしまった小島慶子の
いた水曜だったが、今にして思えば例年行っていた公開録音「居酒屋ゆず」の
企画を「今年(2014年)で一区切り」と発表していたゆずが一番怪しかったのかも
(その発表を聞いて終わりが近いと思っていたら、番組続いて驚いた記憶も…)。


まあ、それよりも遥かに驚いたのは「ネット局増加」の件だったりして。
しかも、LF平日22時台枠のネット実績が全くない山陽放送だなんて
…一体、どういう風の吹き回しなんだろうと思いつつも、IBC岩手放送や
東北放送・FM COCOLOのような「不完全ネット」ではないよう祈るばかり。

チキンラーメンソフト。 

昨日、JR新大阪駅構内在来線改札内に「エキマルシェ新大阪」という
「駅の中で色々買ったり食べたり出来る場所」がオープンした。

…という話を今日になって思い出したので、夕方に寄ってみた。

グルっと歩いていたらテレビクルーがいたので生中継でもするかと
思っていたら、なんと吉本興業「かつみさゆり」のさゆりがいて
カメラに向かって喋りながら歩いて行った(今調べたら、ABCテレビの
ワイド番組「キャスト」内「木曜中継 ウワサの現場お邪魔します」という
コーナー
だったらしい)。まさか映り込んだりとかしてないだろうな…。

で、この記事のタイトルの件。
「チキラーハウス」という日清チキンラーメン関連だらけのコーナーがあって
そのキャラクターである「ひよこちゃん」のグッズもあったのだけれど、上方を
ふと見てビックリ、「チキンラーメンソフト 税込み378円」とホワイトボードに
書かれていて…(その下に弁当的な商品の記載も、こちら千数百円)。

味に不安がない事はなかったものの、興味が勝ってしまってさっそく買ってみた。

この画像ではわかりにくいけれど、チキンラーメンを薄くしたような?薄オレンジ色で
味が不明(普通のバニラ味ぽくもあったけれど)なソフトクリームの上に、製品と
して売られている状態に近い(つまり、お湯に入れる前)チキンラーメンを細かく
「フレーク状(とどこかに書いてた気がする)」にしてふりかけた、という珍品。

味は…普通に「ソフトクリームにチキンラーメン振りかけた」、ただそれだけ。
それだけなのだけれど、一緒に口に入れるとなんとも不思議な感じ…。
なんとも貴重な体験をしたというかなんというか。

Berryz工房日本武道館公演終了からほぼ1日。 

昨日の記事の続きのようなもの。

ライブビューイングで大阪・梅田ブルク7のシアターに早々に入った後で
昨日の記事を書いている最中に始まった、場内を「引き」で映した中継映像。
ステージとその前のアリーナ席あたりが映されていたのだけれど、なんとも
座席がスッカスカで。「…人少なっ!」と思いながらネットで現地の情報を
確認してみたら、開場が15分押しになっていたらしいとかで、やや納得。

思い出すきっかけが欲しすぎて、いつの間にかライブ関係に参戦する際には
メモ魔と化すようになっていた自分なので、以下そのメモから抜粋。


17:25頃 場内の生中継映像開始
17:40頃 オープニングアクトその1:こぶしファクトリー登場→1曲
17:45頃 オープニングアクトその2:カントリー・ガールズ登場→1曲
17:52頃 オープニングアクトその3:Juice=Juice登場→2曲
18:02頃 Juice=Juiceステージ上から退場→引きの映像へ
18:07頃 2/28&3/1有明コロシアム公演のダイジェスト映像開始
18:13頃 ダイジェスト映像終了、場内を映す生中継映像へと戻る
18:23頃 日本武道館の場内が暗転、メンバーがステージ上へ

18:32頃 メンバー紹介を兼ねた映像開始(大型ビジョンをカメラで捉える)
19:17頃 グループの歴史を振り返る映像開始(同上)

20:22頃 本編を終えてメンバーが退場(最上階からの引きのカメラで固定)
20:31頃 メンバー登場、アンコール開始
21:04頃 アンコール終了でメンバー退場(客席を捉えるカメラ、切り替え有)
21:09頃 メンバー再登場、Wアンコール開始
21:16頃 ラストソング「Love together!」を歌い終える
21:20頃 徳永千奈美・須藤茉麻を最後にメンバー全員退場
21:24頃 場内映像から「終了しました」の静止画へ切り替え→中継終了


…うむ、これだけでも十分細かい。

開演前、最上階(だと思うんだけどなあ)のステージ真向かい側から見て
やや右寄りの位置にあったと思われる固定カメラからの映像が延々と
流れていたのだけれど、その映像の「右下」でタブレット端末かなんかで
何かを見ていたと思われる薄めの黄色いポロシャツを着ていた男性が
ニヤニヤしながらカメラに向かって手を振ったりするような仕草をしてみては
タブレット端末を覗いて、またカメラに…というのを繰り返していたのが
気になって仕方がなかったというか。アンコールの時に同じカメラからの
映像が流れていた時にはさすがにカメラの存在忘れてたみたいだけども。

モーニング娘。の卒コン関係でライブビューイングに行った際は、場内の
大型ビジョン用の映像が主体だったような雰囲気がしてメンバーたちの
捉え方もいい感じだったんだけれど、今回はそうではなかったようで
「パートがない人のアップを延々映し続ける」とか「スイッチングミス」とか
やたらと気になったなあ…もうちょっとがんばって欲しかったというか。

特にアンコール待ちの客席…大型ビジョンに写ってた色々なファンからの
メッセージボードやら何やらのあれ、最上階のカメラからの映像だったので
文字がやっと読めるかどうかレベルでしか見られなくてとても残念…。


ライブそのものに関しては、やっぱり菅谷梨沙子の喉がダメだったらしくて
同じ曲の間でも声量がそれなりに聞こえたり、小さかったり…危惧したとおり
始終ハラハラしながら見ることになってしまってなんとも切なかった。

1人1人の挨拶では、熊井友理奈の「アンケートで好きな言葉を【楽しむ】って
書いてたのに、当時のマネージャーが勝手に【エンジョイ】と変えてた」とか
須藤の「ハロプロキッズオーディションを受けたきっかけ、本当は妹のついで」
とか、徳永が「寂しい」を連発していた事だとかが印象的だったかなあ。


思えば、辻希美&加護亜依のユニット「W」と合同で行ったコンサートの大阪公演
(帰り道、会場付近で信号待ちをしていたら信号機が揺れてるのがわかる程の
地震に遭ったという記憶しかない)と、ハロコンと、イベントでのミニライブ的なのを
数回と…くらいしか本人たちが歌い踊ってるのを見たことがなかったし、CDだって
2枚目のアルバムあたりまで(ハロプロ全体を「薄く広く」買い集めたい時期だった)
しか持ってなくて、あとは先日滑り込みで借りられた最後のベスト盤BOXくらいしか
CD音源で聞いたことなくて…でも、BOXのおかげで大半の曲がわかって良かった。

最初で最後の参加(?)になったBerryz工房の単独ライブ、ハロプロにありがちな
ショートバージョンだらけじゃなくて、全部フルコーラスで驚いたけれど嬉しくて
中々楽しめて…1回だけでも、ちゃんと見られて心から良かったと思えた。
とにかく、満11年本当にお疲れ様でした。

Berryz工房ライブビューイング直前。 



梅田ブルク7より。

先に追加販売されたシアター6から開放されて1~2分。
発売初日に出たシアター1も開放されて…というのが17:20頃。

17:25、場内の「引き」な中継がスタートしてドキドキ…。
この記事書いたらもうWX320Tは閉じて開始に備えよう。

Berryz工房菅谷梨沙子、喉が不調だとか…。 

Twitter情報なのだけれど。

昨日一昨日の有明コロシアムライブの段階で本人が「思うように
歌えなかった」的な発言をしていたらしい、というのがまずあって。
本日行われた限定イベントでは、ソロパートを他のメンバーに
委ねる場面があったり病院に行ってしまったり…と大変だった模様。

いよいよ明日が集大成のライブだというのに、大丈夫なのだろうか…。
去年の道重さゆみといい、ハラハラしながら見るのは辛いなあ。
って映画館から見る人間が書いていいのかわからないけれど。