Entry Navi - Archives

 2012年03月 

機種変。 

色々考えた結果、長年使ってきた端末を機種変することにした。
本当は、行けるところまで元の機種のまま…と思っていて
実際それは可能と言えばまだ可能だったのだけれど。

基本、日に1回1分未満の通話にしか使っていなかったせいもあり
何日か充電しなくても大丈夫だったけれど、つい充電器に置くのを
忘れてしまい、気付けば電池切れ…というのが頻発していたし
(複数契約してるのと、かける先がナンバーディスプレイ未加入の
固定電話というのもあって、そういう時は別の端末を使用するけど)
充電が切れたら、元々の付属充電器でしか充電できないし。

そんな時に、充電済ませて電源入れたら内部の時計がリセットされてて
また合わせ直す「お約束」が正直面倒臭くなっていた、というのとか
たまにメールを打とうとしたら、変換が他に持っている端末よりも
極端におバカな感じで(発売年度に開きがあるから当たり前だけど)
いい加減、そのおバカ具合が鬱陶しくなってきたりしたのが理由。

変えられる機種の中に本当の意味で使ってみたかったのは
なかったから色々悩んだけど…大丈夫かな?なんだか不安。


…なんてことを、切り替えの待機中に打っていた「たたり」なのか
店頭から確かに引き取ってきたはずの元々の端末が、帰宅後に
触ろうとしたら姿を消してしまっていて、はっきり言って狼狽している。

中に保存してあったメールが移せないし、電話帳も自分でなんとか
しないといけなかったから引き取ってきたというのに…ああ…。
我慢できなくて、店を出て数分で落下防止クリップ付のストラップを
新しい方の端末につけ換えてしまったのがダメだったのか…ガックリ。

スポンサーサイト

「ANNGOLD」金曜、来週からは週替わりの「ANN45周年企画」。 

ニッポン放送の今春改編について、大方の内容が発表されたらしい。

有楽町からスマイル♪ どんなときもニッポン放送 2012 春の新番組
http://www.1242.com/2012kaihen/

タイトルに書いた件については月曜日の晩、既に公式の
Twitterアカウントでも発表されていたとはいうものの…
【オールナイトニッポンGOLD オールナイトニッポン45周年企画】
って正式名称だったのか!?というのにビックリ。

まあ、そもそも相変わらずABCではネット受けしてくれないので
楽しみにしようもない、というのが正直ガッカリ過ぎるところなのだが。
初回は西川貴教が登場するそうなのに…遠距離受信とか疲れるし
内容が聞き取り辛くて仕方がなかったりするから嫌だ…あーあ。

「レコメン!」からとうとうK太郎が「卒業」。 

昨夜放送の「レコメン!」で、とうとうK太郎の出演が最後となった。

先週の木曜から毎日「卒業記念」にあれやこれやと企画をやったり
懐かしの旧レギュラーがやってきて思い出話に花を咲かせたり
ゲスト出演などゆかりのあったアーティストのコメントがあったり
…「最後」に向けて急速に進んで行っていた印象だったかなあ。

ラスト30分を切ってから、母親からの電話コメントが流れて
当初は「なんだこれ」的に笑っていたりもしたK太郎が
突然声を上げて泣き出したのには驚いたというか…
気づいたら貰い泣きしている自分がいたり。

最後、マスクを脱ぎ捨てて「ただの文化放送社員・砂山圭太郎に
戻ります」みたいな事を言っていたけれど…アナウンサーとしては
ずっと「砂山大輔」を名乗ってるんじゃなかったっけ?とふと思った。
「K太郎」ではなくなったのを機に、本名に戻すつもりなのかなあ…。
それとも、「K太郎」イメージを払拭するため現状維持?

まあ、いずれにしても文化放送なんて受信出来ないので
「直接聞いて状況確認」とはいかないのが残念ではあるのだけれど。

KBS京都で24時台のネット受けを開始した頃から、なんとなく
前後の「流れ」のままつけっぱなしで聞き流している時期が
長かったのだけれど、そのKBS京都がフルネットを開始した直後は
しばらく全部聞いてたっけなあ…って、Wikipediaを覗いてみたら
24時台のネット開始が2005年10月、とかいう記載があるので
これが本当なら、なんだかんだで6年半も「K太郎」の声を
耳にしていたことになるのか…思いのほか長くてビックリ。
来週になったら大きな喪失感に襲われるのかなあ…。
とにかく、今まで8年9ヶ月本当にお疲れ様でした。


more

チキンラーメンチップス。 



以前mixiニュースか何かで発売情報を知って、なんとなく気になっていた
チキンラーメン味のポテトチップスを立ち寄ったスーパーで見つけた。

同じ売場にある他のポテチと比べると、どうしても価格面では
「うーん」という感じにはなったけれど、このタイミングを逃すと
再び出会える日がいつになるやら…と思ったので購入した。

さて、いつ食べよう…。

藤本美貴、今朝男児を出産。 

よしもとニュースセンター: 庄司智春・藤本美貴 第一子出産のご報告
http://yoshimotonews.laff.jp/news/2012/03/post-67c7.html

藤本美貴:第1子男児を出産 「2人で大切に育てていきます」 コメント全文 - MANTANWEB(まんたんウェブ)
http://mantan-web.jp/2012/03/27/20120327dog00m200022000c.html

旦那の方は事務所関係のサイトにコメントが出てるというのに
こっちは全くじゃないか、なんて事を言いたかったりするけれど
これもアップフロント系の「クオリティ」って奴なんでしょうかね、と。

せめて更新しやすい本人ブログにだけでもとっとと「事務所からの
お知らせ」みたいな感じでコメントを載せればいいのに…。


…何はともあれ、ご出産おめでとう。

Suono Dolce「TOKYO AFTER6」が3/30で5年間の歴史に幕。 

ニッポン放送が地上波デジタル&ネット配信の二刀流(?)で
放送しているチャンネル「Suono Dolce」で、前身ともいえる
「LFX mudigi」時代から生ワイド枠として設定し続けているのが
18:00~21:00の時間帯なのだけれど、今春の改編をもって
現在放送中の「TOKYO AFTER6」が終わることになったのだとか。

まあ、個人的には「Suono―」のカラー自体にあまり馴染めず
荘口彰久が担当する月曜以外は聞いていなかったし、その月曜ですら
開始時刻までにPCの前へ辿り着けないことが多くなったので
いつの間にか見なくなっていたのだけれど…最終週というので
ラスト数十分だけなんとか見てみることにした。

「Suono―」の「開局」と同時にスタートした番組だったっけ。
「LFX―」時代に同枠で放送していた「ブロードバンド!ニッポン」と
同様、自分が見ていた頃はWMPとかでのストリーミング形式だったのに
今やYouTubeとかUstreamなんかと同じような形式での配信へと変わり
…インターネットにおける「5年」の凄さを改めて感じたというか。

荘口の喋りっぷり自体はいい意味で何も変わっていなかったし
本人が「最終回のラストにかける事にしている曲」だと宣言している
やまだかつてないWINKの「さよならだけどさよならじゃない」が
聞こえてきた時には「Suono―のカラーに合わないんじゃ…」と
思わず爆笑してしまったし、なんだか淡々としているように見えたし。

久しぶり過ぎたせいと、途中からしか見られなかったせいもあって
なんだか「最終回を見ている」感じが全くしなかったなあ。
だけど、荘口が1人で長時間担当する番組がなくなったのは残念…。

荘口個人としては「ブロード―」にフリーアナとして復帰した頃から
連続で5年半、ずっと月曜のこの枠を続けていたんだよなあ。
本当にお疲れ様でした。

モーニング娘。光井愛佳の具合が気になる。 

昨夜放送の「MBSヤングタウン土曜日」に2度目の出演を果たした光井。

前回出演時には、疲労骨折の話の流れで身体年齢だか骨の年齢だかが
「65歳と診断された」みたいな事をあっさり発言していたのを聞いて
「!?」となったものだったが、今回は今回で「前はレントゲンとっても
骨の辺りが黒く写っていたけれど、週1回お薬を飲むようにしているので
最近はだんだん白くなって来た」的な発言をしていて「!?」となった。

光井の骨の具合って、実際にはどんな診断を受けてるんだろう…。

こんな話を聞いていると凄く気になってしまうのだけれど
聞きたいような聞きたくないような…複雑な感じだなあ。

「KAT-TUNスタイル」終了。 

2006年4月からニッポン放送他で放送されてきた「KAT-TUNスタイル」が
来週の放送をもって6年の歴史にピリオドを打つ、という告知があった模様。

昨年秋に金曜ANNGOLDの後の枠へと移動になってからは
ろくに聞いていなかったけれど、KAT-TUNというグループについて
…特に田中聖についてのイメージはこの番組の存在がなければ
かなり違ったものになっていただろう、というのが正直なところ。

開始当初は「ワイド番組内の箱番組が増えてメインパーソナリティが
喋れる時間が減った」なんてとてもウンザリしていた記憶もあるけど
色々なコーナーをやったり喋ったりしている田中と田口淳之介が
なんともひょうきんで楽しげな感じに聞こえていたので、いつの間にか
「グループそのものの印象とは全然違うんだな」と思うようになっていた。

「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」では一応グループ名義だったものの
実質は田口が24時間出ずっぱり、ANNゾーンでは一時的にKAT-TUNスタイルから
外れていた田中が合流して「やっぱりニッポン放送ならこのコンビだな」と
改めて思ったのもつい先日のことのようだけど…月日の経つのは早いなあ。


大阪では普通のラジオでクリアに聞ける局がないので、来週は
直前の「ANNGOLD app10.jp」最終回と共に「radiko.jp復興支援プロジェクト」
(こちらも今月一杯で完全終了とのこと)を利用して某ネット局の
放送を聞かせていただく事にしようかな…6年間本当にお疲れ様でした。

「ナイナイANN」、TBS「JUNK」にトータルで初めて負ける。 

先月首都圏で実施されたレーティングの結果が一昨日21日に発表されて
ニッポン放送「オールナイトニッポン」とTBSラジオ「JUNK」の状況が
どうなっているのかが個人的にも注目の的だったりしたのだけれど。

昨夜放送の「ナインティナインのANN」冒頭で、岡村隆史が
「重く受け止めないといけない事実」的な言い方をした後に
「散々たる結果」になったとの発表をしたので驚いてしまった。

一方、「木曜JUNK おぎやはぎのメガネびいき」。
放送上でももちろん触れたようで、番組サイトによれば…
http://www.tbsradio.jp/megane/2012/03/post-128.html

10~20代(ターゲット)、および、調査対象の12~69歳(グロス)の数字、

この両方でトップを頂きました。


かつて、このどちらか一方で...ってのは、

シカのマンさんが2週調査のうちの一方で成し遂げましたが、

この両方で、、、ってのがミソです。JUNKが始まって初です。

その前はわかりませんが、史上初...?くらい言ってもいいんじゃないでしょうか。



まあ何が「史上初」って「vsナイナイ」って事だろうと推測するけど
なんだか色んな意味で今後が怖いかもしれないなあ、と思ったり。

岡村が以前から好きだと言っている「少女時代」と先日ようやく
一緒に仕事が出来たということで「次は少女時代と一緒にってどう?」
とかレーティング策を提案してたけど…岡村が舞い上がるだけで
終わってしまいそうだから、ナイナイANNのファン層からは
「そういう企画は別に聞きたくない」って思われそう、という懸念が。


というか、ナイナイがダメなら他の曜日なんてどうなってるんだろう…怖い。

ウィルコム「W-VALUE SELECT」による割引対象を4/1から縮小へ。 

W-VALUE割引対象の変更について
http://www.willcom-inc.com/ja/corporate/press/2012/03/19/index.html

新たに(?)対象外になるものの中で個人的に厳しそうなのは
「機種代金の分割支払金」「音声向け料金コースの月額基本使用料」かなあ。

そういえば、昨年末に手持ちの一番古い機種に関するDMの封書が
やっと来て特定機種への機種変をお得に出来ますよ、という案内も
一緒に入ってたけど、あれの締切が確か今月末だったっけ。

本当は中に入ってるメールとかがバックアップ取れないので
使える限りは使い倒そうかな、と思ったりもしていたんだけど
こんな施策があるんじゃ、その案内に乗じて機種変した方が得かな…迷う。


(※2012/3/23:「機種代金の分割支払金」は元々対象外だったと
後から気づいたので該当部分に「打ち消し線」の処理をしました。)

「オールナイトニッポン0」オーディション結果発表。 

「ANN2部の復活!」とかなんとか銘打った「ANN0」に関して
オーディションの受付開始から2ヶ月ちょっと経った今日の昼前に
パーソナリティ発表を兼ねた(?)記者会見が行われた模様。

発表されたラインナップは以下の通り。

【月】和田正人&五十嵐隼士
【火】久保ミツロウ&能町みね子
【水】SPYAIR
【木】Hi-Hi
【金】本村康祐&西岡隼基


月曜は「ナベプロ」の若手俳優集団「D-BOYS」の一員で、オーディションの
動画によれば以前にもこの組み合わせでラジオをやっていたとかなんとか。

火曜は映画「モテキ」の原作者で漫画家の久保と文筆家の能町のコンビ。
2人で行ったトークイベント内でオーディション用の収録を行ったとか。

水曜は2・3月の土曜Rに突如「割り込んできた」印象の強いロックバンド。
第4土曜担当だった近藤夏子を早期終了させてまでの押し込み具合に
「どうせオーディション合格するんでしょ」的な見方を一部でされていた
(というかその「第2回」が今度の土曜だっけ…「ANN0」全体の告知を
その中で大々的にやるなら許さないでもないけど、まあないんだろうな)。

木曜は年明けに放送された単発のANNRが聞いていて中々楽しかったので
合格となったのは素直に嬉しいけれど、毎週その楽しさが続くかどうか。

金曜は現役阪大生&関大生の「中学時代の同級生」な素人コンビ。
オーディション動画は下ネタトークに徹していたけれどはてさて…。


とりあえず、1部のラインナップが現状維持っぽいので
2番組合同での「傾向」っぽいものを自分なりに考えてみたら

【月】女性リスナー獲得狙い(?)
【火】「女性」パーソナリティ縛り
【水】男性アーティスト系(?)
【木】芸人縛り
【金】友達同士の雑談ノリ(?)

…火・木以外正確に捉えられている自信がないな。
(とはいえ、月曜に関してはビジュアル系+若手「イケメン系」
俳優なので強ち間違ってない気もするんだけどなあ…ぶつぶつ)



まあ、とにかく第1週の放送を聞いてみてからって感じかなあ。

里田まい、今日入籍。 

かねてから婚約を発表していた里田まいが今日入籍したそうで。

ハロプロ出身者の中では珍しく(?)いい感じのイメージのまま
結婚まで来てくれた人という印象があるので本当に嬉しい。

今後は色々大変だと思うけれど、末永くお幸せに…。

あと2週間。 

大抵のラジオ局では、いわゆる「春改編」まであと2週間ほど。

異例の早期発表になった「くり万太郎のANNR」の終了まであと8回、
同じく「レコメン!」からK太郎が卒業するまであと6回(+木曜1回)。
どちらも公表時には「まだまだ先じゃないか」という感じがあったのに
気がつけばもうかなりのカウントダウンに入ってしまったんだなあ…。

RR-RS150で購入の1週間後からレコメン!を録り貯めてはいるけれど
今夜からはANNRも追加してみようかな…クレードルには置けないから
電池が持つかどうか、という心配をしなければいけないのが難点だな
(なんであんなに公称からして電池の持ちがよろしくないんだろう…)。

あと、昨日開催のABCラジオのイベントで配布されたとかいう
「速報版」のタイムテーブルによれば、ANNGOLDの金曜は
一向にネットしてくれる気配がないようで…もう嫌だ、本当に。

「MEET THE MUSIC」、今年は石巻市立住吉中学校でライブ。 

「FMケータイ」「LISMO WAVE」で以前から携帯電話とFMラジオを
融合させた感じの展開をしている「au」のKDDIがスポンサーとなって(?)
ここ何年か開催されている「アーティストのスペシャルライブの模様を
全部のFM局で一斉に生中継する」企画、「MEET THE MUSIC」。

今年ライブを行ったアーティストは福山雅治で、事前に出ていたのは
「宮城県某所」という情報だったのだけれど…放送が始まってから
しばらくして、毎年登場している小林克也が「今日の主役とも言える
中学生達」という旨の発言をしているのを聞いて「ち、中学生?
まさか魂のラジオでおなじみの…?」なんて事を思っていたところ
その後登場した福山が「住吉中学校」と言ったので「やっぱりか!」。

後からTwitterを見てみたら、最近始めたばかりらしい小林が
放送の2時間ほど前に「住吉中」という単語をツイートしてたのを
発見してしまったけど…このツイート単独だとネタバレっぽい感じは
しないと言えばしない気もするから、まあいいかと思ったりして(笑)。

この1年、ニッポン放送を通して福山がやって来た事を考えると
ライブ会場として選ばれたのは妥当であり、納得がいくのだけれど
FMの方の番組しか聞いてない人たちは知ってるのかな、とか思うと
番組内で説明はあったとはいえ、どうなんだろうという気がしたり…
(FMのレギュラー番組はほとんど聞けていないので実情は知らないが)。

まあ、ライブそのものはとても良かったんだけど。

2012/3/11昼、東京メトロ押上駅付近にて。 

1週間ほど前ドリームモーニング娘。武道館コン参戦のために
遠征した際に、東京スカイツリーを軽く拝んでみたという話。

色々あって東京メトロの押上駅に到着したのは正午あたり。
案内表示を見ながらスカイツリーに近い出口を上がって出てみたら
出口から見て左側に、工事用の柵?に囲まれている場所があった。
R0038118-re.jpg
R0038119-re.jpg

で、ツリーの見えそうな場所には見物人がいて。
R0038121-re2.jpg

その中に混じって、とにかくスカイツリーの写真を撮ることにした。
まずデジカメを普通に構えてみたものの…
R0038122-re.jpg
まず、施設なんて入れようとしたらほとんど写らないし。
R0038124-re.jpg
R0038125-re.jpg
R0038126-re.jpg
段階的に上の方へずらして行って、やっと頂上(?)まで撮れた。

それなら、とデジカメを縦方向に構えてみたものの
R0038128-re.jpg
自分のいた位置から、持っていたデジカメではこれが精一杯。

634m(だっけ?)は伊達じゃないな、なんて事を思いながら
自分の顔も写り込むようにその場で何枚か追加で撮影してから退散。
余裕があれば、周辺をグルッと歩き回るくらいしたかったけれど
帰りの新幹線の都合やら何やらで時間がなかったのが残念。

寝台特急「日本海」ラストラン目前 。 


諸事情で始発の大阪駅までは行けず、新大阪駅に来ている。

寝台列車、いつかは一度くらい乗ってみたいなあと思っていたけど
数年前に廃止された「銀河」しかり、今回の日本海と同時に廃止になる
「きたぐに」しかり…機会そのものは作れなくもなかったはずなのに
遂に乗れないままだったなあ、と思うとなんだか残念でならない。

…まあ、まだ全廃ではないはずなので
「いつかは」という思いは持ち続けていたいけれど。

やっと見つけたのに…。 

昨日の記事の続き。

充電器をコンセントに刺しっぱなしで数時間。
普段だったら充電が終わって充電中を示すランプが消えているのに
ふと見たら、そのランプがチカチカと点滅していた。

変なの、と思いながらコンセントから充電器を外し、その充電器から
外したバッテリーをコンパクトデジカメに入れて電源ボタンを押した。

…全く動かない。

念のためにもう一度充電器にセットして、また違うコンセントに
朝まで刺してみた。やっぱりランプはチカチカと点滅していた。
デジカメに入れて電源ボタンを押してみた。やっぱり動かない。


全く同じ製品を購入してきて3個目だけど、こんなの初めて。
どうにかして数日中にも購入店に持って行かなければ…ああ…。

やっと見つけた。 

数年前に購入したコンパクトデジカメ、付属のリチウム充電池は
とっくの昔にスタミナ切れしている状態だったりする。

まだ普通に使える状態だった頃、ネットであれこれ見たりして
メーカー純正のバッテリーを買い足すと高いので互換性のある
安いバッテリーを買うのがいい…というような話を知ったので
日本橋でんでんタウン内のどこかの店舗で互換バッテリーを
購入し、交代交代で使うようにし始めたりしたのだけれど
そのうち付属のバッテリーがほんの数枚で「電池切れ」を
起こすようになったので、同じ互換バッテリーを買い足して。

以降、互換バッテリー2個を交代交代で使うようにしながら
今日に至っているのだけれど、最近そのうち片方(おそらく
古い方)があまり持たなくなってきたので、更に買い足さなければ
…と日本橋を探したけれど、他のタイプの互換バッテリーはあるのに
自分が使っている型番の分だけが、どの店に行ってもない!

先日ドリームモーニング娘。のコンサートで東京に行ったついでに
秋葉原へ行ってあちこちの店を覗いてみたけれど、それでもなくて
どこかの家電量販店にまだあったはずの純正品を無理して買わないと
いけない?…とか思っていたのだけれど、今日ある店へ入ってみたら
他の型番のバッテリーと同じ並びに2個だけあるのを発見して、ホッとした。

1個購入して帰ってきて、現在充電中。
金欠なので、購入費用を安く済ませられて本当に良かった…。

FC2トラックバックテーマ第1392回「何かを調べるときは携帯?パソコン?」。 

困った時のテーマ頼みということで参加してみる。

「インターネットに繋がっているパソコン」がすぐに使える状況ならば
確実にパソコンを使っているなあ…まあ、場合によっては「ちょっと
その前に…」をやりすぎて「何調べたかったんだっけ?」となるけれど。

手元にあるのはガラケータイプのPHS端末ばかりなので、パソコンが
使える状況になければ、という感じになるけれど…Cookie認証で
利用しているサイトが複数あって、端末に搭載されてるメモリが
少ないのか、ちょっとしたことですぐにCookieが飛んでしまうので
再度Cookieを「食べさせる」作業が面倒臭かったり、てなわけで
最近は以前ほど調べ物には使わなくなったかも。

「留守録」なんとか成功。 

土曜日から日曜日にかけて1泊2日で出かけたため、土曜深夜の
MBSラジオの番組についてRR-RS150で「留守録」を仕掛けていた。

本当ならばクレードルに固定させてAC電源使用で録音したかったけれど
どうにも設置場所を決めかねたまま時間切れとなってしまったので
満充電を済ませた付属充電池をセットして、家族に触られないような
位置に「置いて」出発した…というような状態で、しかも結局は
「MBSヤングタウン土曜日」からトータルで7時間連続録音にしたので
電池が途中で切れてしまわないかが不安で仕方がなかったりしたわけで。

でも、帰宅後に電源を入れてみたら三分割の電池残量メモリが
1つ分だけ残っていて、ファイルの録音時間もちゃんと設定時刻の
最後まで録音出来た感じの表示になっていたので、ひと安心した。


ちなみに、現地まで普段ラジオ録音に使っているポータブルラジオと
mp3プレーヤーを持って行っていたので、ニッポン放送の電波から
オールナイトニッポンを録音しようとしてみたけれど…都内なのにラジオを
ベッドの上(足元にあたる位置)にでも置かないと全くかすりもせず。

なんとか意地(?)で録音はしたものの、ノイズが結構多いわ
そもそも「そんな状態でどうやって寝るんだ」という問題があったわで
radiko.jpが使えたら良かったのになあ…という結果になったとさ。

ドリームモーニング娘。武道館コンのセットリスト。 

防備録的な感じで、某サイトで掲載されたセットリストに
色々追記するような形でこの記事にまとめておこうと思う。


----------------------------
【ドリーム モーニング娘。スペシャルLIVE 2012  
日本武道館 ~第一章 終幕「勇者タチ、集合セョ」~】

18:05 <場内暗転~「結婚行進曲」に乗ってメンバー登場>
18:06 M1. ハッピーサマーウェディング 
18:09 M2. 女子かしまし物語(ドリームモーニング娘。武道館ver.) 
18:14 <MC> 
18:16 M3. そうだ! We're ALIVE 
18:19 <出演者紹介のVTR> 
18:22 M4. シャイニング バタフライ【フルコーラス】 
18:27 M5. 抱いてHOLD ON ME!【フルコーラス】
18:31 M6. シャボン玉
18:34 <MC>【石川・吉澤・小川・久住】
18:42 M7. モーニングコーヒー【中澤・飯田・安倍・保田・矢口】
18:45 <MC>【中澤・飯田・安倍・保田・矢口】
18:51 M8. SEXY BOY~そよ風に寄り添って~【石川・吉澤・小川・久住】
18:54 M9. あっと驚く未来がやってくる!【フルコーラス】
18:58 M10. みかん
19:01 M11. 浪漫 ~MY DEAR BOY~
19:04 <MC>
19:05 M12. I WISH【フルコーラス】

19:09 <つんく♂版「シャイニング―」に乗ってつんく♂登場>
19:12 <MC>【つんく♂MC、モーニング娘。登場】 
19:14 M13. 恋愛ハンター【モーニング娘。】
19:17 <MC>【つんく♂・中澤・安倍MC、第1期タンポポに石川梨華登場】
19:22 M14. ラストキッス~たんぽぽ【飯田・矢口・石川+石黒彩】
19:27 <MC>【つんく♂・小川MC、第2期プッチモニ登場】
19:30 M15. ちょこっとLOVE~BABY!恋にKNOCK OUT!【保田・吉澤+後藤真希】
19:35 M16. ザ☆ピース!【ドリムス+モーニング娘。+後藤真希+辻希美】
19:39 <MC>【つんく♂MC、辻希美・モーニング娘。が感想語る】

19:50 M17. Mr.Moonlight~愛のビッグバンド~
19:53 M18. Memory 青春の光~未来の扉~インスピレーション! 
   ~Say Yeah!-もっとミラクルナイト-~Happy Night【メドレー】
20:03 <MC> 
20:03 M19. サマーナイトタウン 
20:06 M20. 恋のダンスサイト 
20:09 <MC> 
20:09 M21. LOVEマシーン【フルコーラス】
20:15 <歌い終わってステージ上からはける>

20:21 EN1. 恋愛レボリューション21 
20:24 <MC>【1人ずつ挨拶】
20:38 EN2. でっかい宇宙に愛がある
20:43 <ゲストを呼び込みカーテンコール的な流れ>
20:45 <全員ステージ上からはける>
----------------------------


・複数のサイトでレポなりセットリストなりを目にして驚いたのが
【女子かしまし物語(ドリームモーニング娘。武道館ver.)】。
「ドリムス。①」収録分から藤本のパートを抜いただけ、かつ
既に秋ツアーで同じのやってるのに「武道館ver.」って何?みたいな。

・ステージ左右に花道が延びていて、一番端はそれぞれ1階席の
西~北西ブロックあたりと東~北東ブロックあたりの目の前まであった。
いくつかの曲の時に、その花道の方までメンバーが数名ずつ来てくれてた。
【そうだ!―】東:吉澤・久住、西:飯田・保田
【みかん】東:安倍・小川、西:保田・矢口・吉澤
【I WISH】東:飯田・保田・矢口・石川・吉澤、西:中澤・安倍・小川・久住
【Happy Night】東:中澤・保田、西:飯田・安倍
【でっかい―】東:(中澤?・保田?・矢口?)、西:(思い出せず…)

・アンコールが始まるまで丸6分あったんだけど、途中からカメラが
客席のあちこちを狙っているのが大型スクリーンにも映し出されていた。
真っ先に映し出されたのが「ドリムス。夢をありがとう」と書かれた
ボードで、後はメンバー名の入った提灯?が2~3度(うち1回は
ステージ上にいない「藤本美貴」の名入りで、場内若干ざわつく)とか
「小川」「吉」「圭」の文字をサイリウムで作った物だったりとか、色々。

・【LOVEマシーン】冒頭には特効で金色のテープが飛び出してきてて
【でっかい―】冒頭には天井から白い普通の大きさの風船が大量に降って来て。
スタンドだったので、どちらも手にすることは出来なかったんだけど
終演後に外へ出てから見ていたら、風船の方には赤い文字で
「Dream Morning Musume」とかなんとか印刷されてたみたいで
知り合いでもいれば写真くらい撮らせて貰えたのに、とか思った。

・「ドリムス。①」で半々に別れて収録し、春秋ツアーでもそのメンバーで
歌ってきた【みかん】【浪漫】が、とりあえずステージ上には全員いて
レコーディングに参加してない方のメンバーは「全員で歌うパート」的な
部分だけ歌ってほとんどは踊るのみ、という感じに変わっていた。
どちらもオリジナルでは「それなりの人数」でのステージングなのに
特に【浪漫】は寂しいよなあ…と思っていたので、嬉しかった。

・春秋ツアー同様、【LOVEマシーン】で始まり【青空がいつまでも続くような
未来であれ!】で終わったらどうしよう…と密かに危惧していたのだけれど
どちらも杞憂に終わって本当に良かった。でも、最後の【でっかい―】に
ゲストも全員出て来て…みたいな形にしても良かったのでは、とか思ったり。

・というか、時刻まで含めてメモ取ってる自分って何。と改めて思う(笑)。


…しっかりしたレポは、↓のサイトが良いと思う。
ドリーム モーニング娘。 : 「モーニング娘。が頑張り続けてくれる限り、私たちも頑張らなければならない」 ── ドリーム モーニング娘。第一章、歓喜と興奮の中で終幕 / BARKS ニュース
http://www.barks.jp/news/?id=1000077751

ドリームモーニング娘。武道館コンに後藤真希がサプライズ参戦。 

まさかのまさか…「第二期プッチモニ」の一員として登場して
2曲歌った流れで残りのゲスト+メンバーと「ザ☆ピ~ス」を歌い踊る後藤真希。

その直前には「第一期タンポポに石川梨華」で2曲、という流れもあって
「これは夢?」と思ってしまいたくなる感じだったんだよなあ…凄かった。

まあ、まだ足が完治してない光井愛佳がMCのみ参加だったようなので
(本人が「一緒に踊りたかった」とか言ってたし)ステージで同時に
歌い踊ったのは1~7期と9・10期、になるんだろうけど…凄い空間だったなあ。

チケット押さえたものの、見るかどうか迷っていたけど今なら言える。
無理をおしてでも見に来て本当に良かった、と。

全然進んでない…今も。 

ドリームモーニング娘。日本武道館コンサートはいよいよ明日。

・使い捨てマスクと除菌ウェットティッシュを買い足した
・サイリウムを念のため3本(全て違う色)買ってきた

…くらいしか準備が進んでない。
というか、進んでるって言わない気がする。

1泊するので最低限の着替えも準備しないといけないし
通話用にしているPHSの充電…は今始めたところだし
ネット用のWX320Tを使い倒す予定なので充電用のあれこれを
一式まとめておかないといけないし、「留守録」に使う
RR-RS150をどのようにして「置いていく」かも決めてないし。

…年々、この手のことがルーズになってる自分が嫌。
この後ラジオ聞きながら準備進めないと…ああ忙しい。

全然進んでない…。 

明後日開催のドリームモーニング娘。日本武道館コンサートに
参戦するため、久しぶりに泊まりがけで出かけると決意したのに
そのための準備が全くと言っていい程進んでない。

ここまでにやった事と言えば旅行会社の出張向けプランで
往復新幹線+宿泊先を押さえた、ただそれだけ。

MBSラジオの「ザ・ヒットスタジオ」「まだまだゴチャ・まぜっ!」を
「留守録」するために実際RR-RS150をどのようにするかのプランも
確定していなければ、出かけるための荷物の準備も出来てないので
こんなので本当に大丈夫なんだろうかと思ってしまう。

行きの新幹線の時間がゆっくりめになったので、当日の朝になって
めちゃくちゃ焦る、とかなったら嫌だなあ。明日のうちに
全部やってしまわないと実際はヤバイだろうし…頑張ろう。

「オールナイトニッポンR」の謎(?)。 

1ヶ月前の記事で書いたけれど、先月・今月第1土曜に放送の
「moumoon YUKAのANNR」にて、「4月からの土曜Rは出演者を固定しない」旨の
告知がされ、実際無事に最終回の放送を終えたわけだったりして。

ところが、第2土曜「9nine」・第3土曜「スフィア」の先月放送分では
このあたりの話に全く触れず、普通に「また来月!」てな感じで
エンディングを迎えてしまったので、モヤモヤしたまま現在に至る。

第1土曜での告知っぷりからすれば、両番組とも「残念ながら
実は今日で最終回です」のパターンになる事が予想されるけれど
まさか、「第1土曜だけが固定されない」みたいな事態に
なってしまうとか…?なんて事が浮かんでしまってしょうがない。

この2種類、どっちに転んでも怒るリスナーが出てくる気がするんだけどなあ。
実際、どうなっちゃうんだろう。

FC2トラックバックテーマ第1386回「CDは買う?レンタルする?」。 

なんとなく気になっていたテーマということで参加してみる。

基本的には「これだけは」という人(ユニット)の分については
可能な限り新品で購入して、それ以外は中古で偶然出会えたら
購入するし、そうでなければラジオを録音したファイルから
切り出すとか、レンタルされてそうなら借りてみるとか。

ちゃんと使おうという意思の元にレンタルショップの会員になったのが
つい数年前、な割に気づけばほとんど活用出来ていない状態なので
どうしても「レンタル」の位置付けがかなり低くなってしまってるなあ。

今週末は「留守録」実験決定。 

昨日の記事の続き。

無理にでも日帰りの方向で…とも考えてはみたものの、最終の新幹線じゃ
録音したい番組の開始時刻までに帰宅するのは不可能だとわかったのと
1泊する場合に考えていた「パック商品」の受付締切が迫っていたのとで
後ろ髪をひかれる思い(?)でRR-RS150を「置いて行く」事に決定した。

本当は、「ホテルでどれくらいの感度でラジオ録音出来るか」とか
せっかくなのでやってみたかったんだけどなあ…残念無念。

クレードルを使うか否か、で電池の事まで考えないといけなくなるから
出発までの数日でその辺どうするかシミュレーションしなければ。
って、たった1泊で大げさ?

まだまだ実験運用中、のつもり。 

この記事の続き。

ラジオチューナー付ICレコーダー「RR-RS150」を購入して3週間。
色々事情もあってクレードルの設置場所が決められずにいる中
この1週間はクレードルを一切使わずに運用してみている。

付属の充電池(min.700mAh)と、以前ホームセンターの「広告の品」で
購入したOHMの「ECOPRiDE(min.750mAh)」を交代で使っているけれど。

とりあえず付属の充電池の方では、夜中に2時間番組を2本(別々の局なので
タイマーは別設定だが実質4時間連続)→朝に自動の時刻補正を試みる(失敗)
→夜に2時間番組と3時間番組を1本ずつ(同じ局で連続放送であるため
タイマーはまとめて5時間で設定)→朝に自動の時刻補正を試みる(成功)
…とここまでしてから電池を確認したら、メモリが1/3の表示になっていたので
「録音だけして聞かない」のならば自分の利用状況では2日分までいける?とか。

でも、夜録音したのをそのまま持ち出して、その日の夜までにある程度
聞いて…とやってしまうと、時短のために「早聞き(再生スピードを少し
アップさせる)」機能を使ってしまう傾向が最近あるためか、次の録音を
始めるまでに電池を交換してしまわないと…という感じになるなあ。


録音されたファイルを聞いた感じ…過去2週間にクレードル利用した分と
聞き比べると、ループアンテナの置き方も影響したんだろうけど
本体のみで録音した方がノイズが少なくて聞きやすい、場合もあった。

今のところABCラジオとKBS京都とMBSラジオ(周波数順)のどれか2局を
連続で録音、というパターンがほとんどなので、アンテナの向きを
A局に合わせるとB局には都合が悪い、みたいな事ばかりでクレードルに
ループアンテナだと、都合が悪い方でノイズも強めに引っ張って来てしまう
…なんて事も起こったりしてて、その辺が少し悩みどころだったりして。


FM OSAKAは本体+イヤホンケーブルだと我が家の場合は安定した
ステレオ受信がし辛い状況らしく、128kbpsで録音してみても
結局「そこそこクリアには聞こえるがステレオ感が全くない」。
同じ状況でも、手持ちのmp3プレーヤーとかは「感度が弱いのか
シュワシュワ音が入って聞き辛いがある程度ステレオ感はある」のに。

…まあ、本当はクリアに聞こえるRR-RS150の方が良いのだろうけど
せっかくのFMなんだから可能な限りステレオに挑んでくれると
いいのに、みたいな事を思ってしまう。感度の問題なのかなあ…。


ところで、今度の週末にコンサート参戦のため遠出をする予定で
色んな可能性を考えて「1泊」の方向で考えていて、当然この
RR-RS150も持って行くつもりだったのだけれど…1泊してしまったら
元々別の手段でも録音している某ローカル番組が全く録音出来ない事に
今更気づいて、RR-RS150を置いて「留守録」状態にしてしまうか
もし若干無理があっても日帰りにしてしまうかで悩み中。
せめてもう1台同様の機種を買う余裕があったらな…あーあ。

ナイナイ岡村隆史、「モテキ」について熱く語る。 

昨夜放送されたANNGOLDの日本アカデミー賞特番。

増田みのりアナが場内で何組かの作品関係者にインタビューした模様を
流しつつ「ANN話題賞」「最優秀助演賞」「最優秀主演賞」「最優秀作品賞」
の発表の模様もダイジェストで流す、という番組だったのだけれど…。

「ANN話題賞(作品部門)」を受賞した「モテキ」チームのインタビュー中に
プレゼンターとして出席していた岡村隆史が「乱入」し思いを熱く語った挙句
「次回作、スピンオフでもいいので出たい」という旨の発言までしていた。
その場にANNの宗岡芳樹Dもいたようで、一瞬イジる場面もあったりして
中々楽しい雰囲気だったけれど、映画ファンの人たちはどう思ったかなあ…。

「ANN話題賞(俳優部門)」を受賞した「もしドラ」の人のインタビュー。
一緒に出演した同じグループメンバーの名前を出す際、公称のニックネームで
言いかけて一瞬でフルネームに軌道修正した(ように聞こえた)のが印象強かった。
ニックネームの頭一文字と苗字の頭一文字が同じって知識?があったからかなあ。

ナイナイ岡村隆史、「ANN話題賞」のプレゼンターに。 

今日開催の日本アカデミー賞授与式(でいいんだっけ?)にて
昨年「オールナイトニッポン話題賞(俳優部門)」を受賞した
岡村隆史が同賞のプレゼンターを勤める、と昨夜のANNで話していた。

作品部門の「モテキ」はタイトルが短いから心配は少ないけれど
俳優部門の受賞者の出演作である通称「もしドラ」の正式名称が
長いために不安だ、的な流れの中、タイトルはなんとか言えても
受賞者の名前を同じ苗字の某プロレスラーにしちゃうかも、みたいな
ネタっぽい事を「天丼」の如く何度も繰り返してて、途中からは
スタッフがその選手の入場曲をタイミング良く挟みこんでいた(笑)。

もちろん、本番じゃやらないよねーとか思いつつ実際どうなるか
確認してみたいような…でも地デジ難民状態だし、今夜放送の
ANNGOLDで日本アカデミー賞特番をやるそうなのでそっちで確認
…って、大阪ABCは金曜だけネットしてないじゃん。

クリアな状態で聞きたいので、radiko.jp復興支援プロジェクトの
茨城放送を使わせていただこうかなあ…なんだか申し訳ないけれど。