Entry Navi - Archives

 2009年06月 

なんかビックリした…。 

今日、ブログの管理画面「お知らせ」ページにアクセスしたら
ブラウザの設定は一切変えていないというのに
一部分の文字がやたらと大きくなっていて驚いた。



今までは、左側のサイドメニューと同じ大きさだったのに
なんでこんなことになっちゃったんだろう…。
見辛くてちょっと困ったなあ。



※更新後、そのページを改めて開いたら元に戻っていた。
なんだか不気味…。

スポンサーサイト

FC2トラックバックテーマ第762回「自転車でどこいく?」。 

タイトルを見てから書きたかったテーマという事で参加してみる。

自分の場合、職場が比較的近い事もあり
通勤でもママチャリを使用しているので、乗るのは毎日。

仕事帰り、天気が悪くなくてちょっと余裕があれば
2駅ほど先までポタリング…なんていう事もしばしばで
休みの日も、天気が悪くなく、時間に余裕もあって
身体も元気な時ならもっともっと先まで出かけていたり。

まあ、ある場所に行きたいと思った場合で
電車の方がかなり早くても、余裕があったら
(電車賃を節約したい場合もあるけど…)
片道2時間程度までならママチャリで行ったり。

…とまあ、そんな感じなのでかなり酷使してる気がしてるけど
万年金欠気味でもあるし、出来るだけ長い間動いてくれることを
祈るばかりだったり…免許がないから、大事な「足」だしなあ。

「ABCミュージックパラダイス」終了に思う。 

深夜のラジオ番組を聞き始めたのがいつ頃だったかというと
きっと小学校高学年の頃、だったような気がするわけだけど。

「初めて聞いた番組」は定かではないけれど
きっと親が日頃聞いていたラジオ大阪(OBC)を受信して
「OBCブンブンリクエスト」か「ANN」あたりを聞いた気がする。


そのうち、平日夜帯で放送されていた「ブンリク」と
日曜昼間に企画ネットされていた「決定!全日本歌謡選抜
(後に「SUPER COUNTDOWN 50」へ改称)」に夢中になった自分。

1991年10月にスタートした「ミュージックパラダイス(ミューパラ)」が
ブンリクの完全なる裏番組だったとはいえ「夢中」の対象となったのは
自分としてはごくごく自然な事だったように思う。

幸運なことに、自分の部屋にはCDラジカセと小型のラジカセが
あったので、片方ではブンリク、もう片方ではミューパラをかけて
それぞれで発表されるリクエストランキングを必死でメモして
「最新のヒット曲には詳しいんだ」という密かな自負を
心の支えに生きていた…なんて時期もあったっけ…。


阪神淡路大震災の直後、番組内で発表されていた
リクエストランキングの「票数」が目に見えて激減していて
それまでの半分か半分以下くらいの票数で1位を獲得した
福山雅治の「HELLO」…というのがこの頃の一番の記憶。

なぜ、この曲の「1位」だけ強烈な記憶に残っているのか
…と記憶を辿ろうとしたけど、日替わりパーソナリティだったので
どこかの曜日の担当が福山ファンか何かでリクエストが非常に多かった、
みたいな事が元々あったりしたのかもしれない…程度しか思い当たらず。


大学入学と共に、その習慣から一時離れたわけだけど
2001年夏、関西AM5局(OBC・ABC・MBS・KBS・CRK)の
合同企画「マンスリーAミュージック」の初イベントが
アメリカ村のライブハウスで開催された際に参加して
ブンリク代表の増田英彦(ますだおかだ)とミューパラ代表の
芦沢誠アナ、その他各局の代表者が揃い踏みでトークしている姿を
眺めて「ブンリクもミューパラもいいなあ」と改めて思っていた矢先…。

2001年秋改編。
ブンリクは終了してしまうし、ミューパラからは
開始当初から担当し続けた芦沢アナ他長期レギュラー陣が
去ってしまうしで、「青春時代が終わった…」なんてガッカリしたっけ。


あれから8年近くの時が流れ、今度はミューパラそのものが
一応終わるという事で…振り返ろうとしたけれど、この間は
芦沢アナと同時期にも出演していて、しばらく残留していた
小縣裕介アナらの曜日をごくたまに聞いていた程度なので
「最近のミューパラ」に関しては何も語れる事などないなあ…。

最後の1週間くらいは聞いてみようかと思わなくもないけど
パーソナリティ陣が全面的に入れ替わってるようなので
聞いたところで別に感慨もないんだろうな…と想像できるのが
なんだか寂しかったりするのかも。

「世界一受けたくない授業」。 

今日のめちゃイケでそんな企画をやっていた。

その中で、デヴィ夫人が次第に若手芸人のギャグを
いくつも発していく…という流れがあって
よくもこんな事に乗っかってくれたものだ、と思った。

肝心の「授業」はというと…まあ企画のタイトルが
タイトルだったりするわけで(以下自粛)。

マイケル・ジャクソン急逝…。 

今朝、ニュースでやっていて。

その段階では「こういう情報が流れているが詳細不明」みたいな
扱いだったけれど、本当に本当に亡くなったんだなあ…。

洋楽は不得手な自分でも、子供の頃から知ってる
アーティストの1人だったからなんだか衝撃が大きいというか。

ご冥福をお祈りいたします…。

今日の買い物。 

20090625211239
今日は、タワレコへ行ってラジオ特集が掲載されている
「QuickJapan」の84号と、タワレコ限定(?)で今週出たらしい
メロン記念日とBEAT CRUSADERSのコラボシングルを買って来た。

メロンの方はコラボ企画があと4作続くらしく、全部買って
必要な物を店舗に持って行けばオリジナルCDボックスがもらえるのだそうだけど…。

個人的には、ANNである程度「耳馴染み」だったビークルとのコラボだから
買う気になったんであって、「モーヲタ」度が一番高い気がする自分が
残り4作を同様に買う気になれるかどうかと言われると…うーん。

「アタシんちの男子」最終回を見て…。 

結局、主人公は三男とくっつく設定になるのかよ…。

と、その部分にはなんだかげんなりしたものの
それ以外はそれなりに楽しんで見れたかも、とは思う。

まあ、海外で母親と暮らすんだと出て行ったはずの
六男が「飛行機無理!」と戻って来たのには笑ったけど。
じゃあなんでそもそも海外に行こうだなんて思ったのか、と(笑)。


前シーズン唯一見ていたTBS系「RESCUE?特別高度救助隊」で
「デキる先輩」だった要潤、「デキる新人」だった山本裕典、
「主人公にとってのヒーロー」だった山本耕史がまた同じ作品に登場、
しかも山本耕史は回想シーンのみだった前作(?)とは違って
他2人とも直接絡む…というのが個人的なツボ、ということで
見るのを決めて、無事完走(でいいのか?)できたこのドラマ。

視聴率はなかなか厳しい状態だったみたいだし
細かいことを言い始めればキリがなかったりするけれど
公式サイト内のスタッフブログからも伺えたりしていた
チーム全体の「和気藹々さ」は画面からも伝わって来ていたので
そこは良かったかも…とは思う。

…しかし、山本耕史があそこまで振り切るとは思わなかったなあ(笑)。

ドラマ「アタシんちの男子」、今夜いよいよ最終回。 

結局、主人公含めた「大蔵家」は一体どうなるのか。

主人公の親衛隊のはずが、なぜか敵側の一員になってしまった
ネットカフェの人たちは結局どうなってしまうのか。

…他、あれこれ気になることはあるけれど
開始まであと1時間を切ってしまった。

早く始まって欲しい反面、終わってしまうのが少し寂しいかも。

千里セルシー。 

20090622182237
20090622182234
仕事が休みだった事もあり、なんとなく千里中央へ。

CDキャンペーン等でおなじみ「千里セルシー」では
植木市なるものが開催されていたり、ステージ脇には
早くも七夕仕様の飾り付けがなされていたりしていた。

まだ半月くらいあるのに、もう七夕仕様か…早いなあ。

ABCラジオ、7月に大幅改編へ。 

1991年10月に開始した「ABCミュージックパラダイス」他
いくつもの番組が、今月に入ってから続々と終了を発表する中
一昨日19日に改編についての会見があったらしく。

平日は夜帯で在京局の番組をネット受けすることになったようで。

近畿初登場の「JUNK」(25?27時、TBSラジオより)とか
「レコメン!」(24時台、金曜版は京阪神初登場)はまだしも
「銀河に吠えろ!宇宙GメンTAKUYA」を、しかも「金曜抜き」で
ネット受けするとはこれいかに…といった感じだったり。

ニッポン放送22時台の番組は、「allnightnippon SUPER!」時代に
それまでのローカル番組から「ネット局を作る」という形に
変貌を遂げたけれど、ANNブランドではなくなった事も影響しているのか
徐々にネット局が減少していっており、現在ネットしているうち
エリア外でもそれなりに受信出来そうな局といえば
東海ラジオ(50kW)やラジオ関西(20kW)くらいだったわけで…。

ここに、このタイミングでABCラジオ(50kW)が参戦だなんて
どういう風の吹き回しなんだろう…とか思うけれど
きっと【経費削減】の一言で終わってしまうんだろうなあ。

しかし、ネット局が「増える」なんていつ以来だろう…。

HP-FX10。 

20090620205536
1000円を切る価格の割にはいい感じらしい、と一部で評判の
Victorカナル「HP-FX10」を先月購入していた。

しばらくしまい込んだままなんだろうな…と思っていたけど
常用していたインナーイヤーが壊れたようなので、緊急登板させてみた。

まあ、常用していた物よりは若干「安物」なんで
そういう意味ではそれなりの音かもなあ…とは思うけれど
装着感もいいし、遮音性もなかなか良さげだしで
このまま常用にしてもいいかな、という感じ。

ただ、1.2mもコードがあるのにストレートプラグというのが
個人的にちょっとなあ…L型プラグだったらもっとよかったのに。

ネットカフェ。 

ちょっと時間があったのと、ある大きめのサイズのフリーソフトを
素早くダウンロードしたくて久々にネットカフェへ赴いた。

自宅の回線は「局から遠い」ADSLなので
ダウンロードとか案外時間がかかるんだよなあ…。
なんて事を、そのネットカフェで改めて実感した。

自宅でダウンロードすると早くて8分くらいかかるファイルが
1分もかからないんだもんなあ…羨ましい。
でも、月々のお支払いとか考えると光とかには
変えたりする気にはなれないしなあ…うーん。

客入りの関係か喫煙フロアに通されたので
気がついたら服がタバコの匂いまみれで困ったけど。

新生○○。 

ハロプロに「新生ミニモニ。」「新生タンポポ」「新生プッチモニ」
なるユニットが登場することになった、とか聞いた。

既に活動自体がなくなって数年、完全に終わったものだと
認識していたので、「は?今更何言ってるの?」としか思えないし
かつての「ハロマゲドン」でも「ぶち壊された」という感覚だったのに
今回、更にぶち壊しているようにしか見えなかったりするので
なんだか嫌だなあ…というのが正直な気分。

まあ、既に結構「新生ハロプロ」から距離を置いているような
状態だったりするので、「知ったこっちゃない」事かもしれないけど。

ドラマ「アタシんちの男子」第10話。 

ここ2?3週ほど視聴率が10%を越えていたけれど
昨夜の放送でまた1桁に逆戻りしたらしく、ちょっと落胆…。


某大型掲示板上であれこれ予想されていたけれど
その中の一部が10話で見事に当たっていたので
ストーリー的には「意外な展開」だったのかもだけど
「あーこれが来たのか、ハイハイ」と思ってしまった(笑)。

でも、徐々に「大蔵家」が集結して行く様子は
だんだん気分が盛り上がったなあ。

最終回の予告で、兄弟たちがそれぞれカバンを持って
「じゃあな」みたいな感じだったのが凄く気になる…。

FC2トラックバックテーマ第754回「正しい筆順で字を書いていますか?」。 

相変わらず困った時のテーマ頼みという事で…。

小学生の頃、学校で配られた(?)漢字ドリルでしっかり
筆順まで習ったものについては書けている「つもり」だけど
そこまでしてないものについては「筆順?」ってところかなあ。

今更、何千文字(?)もある漢字全ての筆順を覚えるのも
不可能な気がするし、とりあえず書ければいい、そんな感じ。
というか、PCに触る時間が長くなってるせいなのか
年々字が下手糞になっていってる気がして悲しい…。

ラジオ買っちゃった…その3。 

(※その1はこちら、その2はこちら。)

とりあえず、土曜の夜はAMのMBSラジオを受信して
録音する際のソースとして使えるかのテストを、日曜の晩は
FM OSAKAを受信してスピーカーがどんな具合かのテストをした。


土曜日。
録音用のソースとして使う場合、PCから1m程度しか離せない事が多く
そんな状況だと、元々MBSラジオの受信状況がよろしくない…。
という事をすっかり忘れていて、そんな場合でもICF-M260ならば
置き場所とか向きを考えればそこそこマシだったりしたけれど
ER-21Tは、そこまでしても普通に「よろしくなかった」(笑)。

日曜日。
夜だし、大音量にはしていなかったけれど
なんだか音が割れていたように聞こえなくもなかったり…。
と思ったら、「85.1MHz」にきっちり合わせるよりも
「85.15MHz」にした方が綺麗に聞こえてしまった。
なんでなんだろう…。


とまあ、こんな結果になったのだけれど
ICF-M260より液晶表示が大きくて、電源のON・OFFの
誤動作防止ロックもより確実な方式なのは嬉しいなあ。

まだ短波の方は実験出来てないけど…。
よく考えたら全体的に電波の入りが良くない場所らしいので
そもそもER-21Tではラジオたんぱ…じゃなくてラジオNIKKEIですら
受信できるかどうか怪しい、といった感じなのかも。

「うたばん」に辻希美・藤本美貴が出た。 

メインゲストの秋元順子という人と共に
大神いずみ・北斗晶と「奥様」であることについての
トークとかしてたみたいだけど、藤本はまだじゃないか、と。

すっかり「歌コーナーのあるバラエティ番組」に成り下がった番組だから
バラエティ部分に出られるのが「おいしい」のかもしれないけれど
かつては「歌う人」として出てたのになあ…と少し思ってしまった。

まあ、ハロプロ(元メン含む)自体、今年に入ってからは
まだ一度も「歌う人」として出演した人はいないんだろうけど。

ラジオ買っちゃった…その2。 

昨日の記事の続き…なのかどうなのか。

ER-21T、とりあえず電池を入れて時計合わせをしてみたら
表示が24時間制だったので個人的には好感度UP。
(12時間制よりも24時間制の方が好きなもんで…。)

でも、しょせんアナログチューニング。
あるバンドで某放送局の周波数に合わせた後で
他のバンドに変えたら、そこで出てくる周波数は
ダイヤルの位置に依存した数値しか出ないわけで
そこでまた別の局に合わせた後、元のバンドに戻したら
さっきの周波数とは全然違う位置に…って当たり前か(笑)。

AMは1kHz単位で調整出来るけれど
一旦合わせても前後にずれる事が結構あるみたいで
ずれたり戻ったり…と周波数表示の部分がチラチラするのが
微妙に気になったりしてみたり。

とりあえず今夜数時間ほど実際聞いてみようと思うけど
どうなる事やら…。

ラジオ買っちゃった…。 

20090612210454
色々思うところがあって、そこまで高くないけど
その割には良さそうなラジオが欲しくなった。

理想はSONYのICF-M260レベルのものが後2台、なんだけど…。
更に割安ながら、以前からネット上で見ていて気になっていた
ELPAのER-21Tをついつい買っちゃった。

アナログチューニングだけど周波数はデジタル表示、というのが
ユニークだと思っていて、かつ短波も聞けるらしいので
そのうち短波放送の初体験でもしてみようかな…。

「イロモネア」。 

新規参戦組が大量に入って、久々のオーソドックスバージョン。

1stチャレンジで「ショートコント」を選んで結局…という
パターンが続く中、初登場なのに気付けばあっさりと
かっさらって行った、先週のゴールドラッシュで受かった人。
幼稚園時代以来のピークって…何はともあれ凄かったなあ。

ドラマ「アタシんちの男子」第9話…。 

この先「大蔵家」はどうなってしまうのか、とか
主人公の身にどんなことが降りかかってしまうのか、とか
なんだかやきもきしてしまうような展開だったかなあ。

「大蔵家」の人たちにとってハッピーな結末であってほしいと
思ってしまうけれど…終了まであと2回、どうなることやら…。

「婚カツ!」、月9ドラマ最低視聴率を更新…。 

SMAP中居正広や上戸彩が出演している月9ドラマ「婚カツ!」。

ゴールデンウィーク中に月9史上初の1桁を記録して
それ以降も月9歴代最低視聴率の上位(?)記録を
ちょくちょく塗り替えていたようだったのだけど…。

それまでは1桁になっても一応9%台だったのが
昨夜放送分では遂に8.9%にまでなってしまったとか。

今後どうなってしまうんだろう…。
妙な意味でドキドキしてしまうなあ。

試した結果。 

昨夜の記事を書いて以降、本当に飲んでみたんだけど
味の感じはビール系統と変わらないなあ、という印象だった。

まあ、普段はほとんどビール系統なんて飲まないから
よく飲む人ならもっと違う感想が出るかもしれないけど…。

普段、「つまみ」で食べるポテチは大体1袋行ってしまう性質だけど
半分も消化せずに終了してしまって、そっちの方が不思議だったなあ。

物は試しに…。 

20090607220131
先日、何かのニュース記事で話題になっていた
「ノンアルコールのビール風味飲料」が気になったので
スーパーで見つけた時に即買いして来た。

物は試しでこれから飲んでみようかな…ポテチでもつまみながら。

去っていくもの、戻ってくるもの。 

ニッポン放送が定例(?)の人事異動を発令したようで
今年もまた、ディレクター職(?)から営業へ異動となった人がいる。

城田優や吉岡聖恵(いきものがかり)のANNを担当していた
森岡という人なのだが、先週の吉岡ANNにて「木村の同期」という
ラジオネームで「営業に行っても頑張ります」という趣旨のコメントが
オープニングコーナーで読まれ、リスナーにも知られる事となった。

個人的には「木村の同期」というワードが引っかかった。
「木村」って、ちょうど1年前、同様にディレクターという立場から
営業職へ異動となった、木村仁士氏の事なんだろうか、と。

この春終了したANNRにて、オリエンタルラジオが
「しばらく(関西の)実家に帰っているらしい」と春先に触れたのを
最後に、近況が気になりつつさっぱりわからない木村氏。
無事東京へ戻って仕事を頑張っているんだろうか、それとも…。

それはそれとして、「半年くらいしたら戻って来てくれるんじゃ」等と
城田にも吉岡にも惜しんでもらえる森岡氏に幸あれ。
(え、偉そう…何様だ)


昨夜の吉岡ANNでは、直後のRもネットしている局限定とは思うが
3時の時報直前に「来週からの松尾さんとは更に楽しくやれそう♪」
という趣旨の吉岡の発言があり、「ま、松尾さん!?」と思わずビックリ。

まさか、「LF+R」時代にaikoやゆず、ネプチューン等のANNを担当したり
ナインティナインから「困った時の松尾D」と時折言われたりしていて
3年前に他部署へ異動となっていた、あの松尾紀明氏なのだろうか。

もしそうなら、aiko流に「おかえり、チャコちゃん」とでも言いたい気分なのだが…。
詳細は徐々にわかっていくのだろうか。

サングラス。 

20090605221822
外出する時に、なんとなくサングラスが必要な気がした。

が、どちらかと言えば童顔寄りな顔立ちだと自認しているので
いかにも「サングラス」な感じの物は合わなさそうだと思って
「伊達メガネ」でも通りそうな感じの物を探そうとしたけれど…。

安物の中から探しているせいなのか、それとも高望みなのか
希望に合うものでかけても違和感の少ない物がなかなか見つからず。

「色無しレンズのサングラス」ってそもそもあるのかなあ…。


画像は、とりあえず100円ショップで買ってみたものの
サイズが合わずに放置気味な「サングラス(!?)」。
色無いと思ったのに、撮る時によく見たら薄く色がついてた…。

「イロモネアSP」 with 「ROOKIES」。 

とりあえずまだ前半の「ゴールドラッシュ」部分だけど
往年の「いとしこいし」師匠を模した感じのネタを披露していた
松竹芸能のコンビ…なんだか凄かったなあ。
まあ、模したといっても漫才スタイルそのものの事ではないんだけど…。

あと、いとうあさこ。
たまたま放送直前にネット上に掲載されたコラム記事で
今後の出演予定を見たので、なんとなく結果が読めてしまった。
良かったのか悪かったのか…。

後半の「ピンモネア」ではROOKIESメンバーが
エキストラ役で登場するそうで、どうなることやら…。

ドラマ「アタシんちの男子」第8話。 

昨夜放送の第8話、先週よりも視聴率あがったみたいだけど
次回以降どうなるのかちょっと不安…。

最初の方で、いきなり長男が結束を高めるぞみたいな掛け声をして
「母親十か条」の達成にみんなでワイワイガヤガヤと協力し始めて
なんで急にこんなに仲良くやってるんだろう…と思ったけれど。
でも、賑やかなのは楽しそうでいいなー、なんて。

三男と主人公のキスシーンがここのところ連発されてるんだけど
はじめからこんな流れにするつもりだったなら、序盤の子供絡みや
元嫁絡みのあれやこれや…という話、ない方が良かった気がする。

特に子供の件は「両親思いの健気さ」に涙を誘われたような面も
あったりしたのに、それから大して時間をおかずにこれかい、という気分。
単なる「バツイチホスト」で十分だったじゃないか、と思ったり…。

これがまだ、主人公に惹かれたきっかけとかも
それなりに描かれていて、気持ちをずっと隠していない(?)
四男や五男だったらまた気分も違ったんだろうけどなあ。

トレードオフ。 

6/22以降、FC2ブログにアップ出来るファイルの上限が変わるらしい。

【ブログ】アップロード容量増加と広告表示について
http://blog.fc2.com/info/blog-entry-383.html

ただし、ブログ内にデフォルトの広告表示をさせてる場合のみ、だとか。
うちは表示させてるので、上限が「増える」事になるんだろうけど
なんだか「トレードオフ」という言葉が頭に浮かんできてしまう。

…まあ、「トレードオフ」って言ってみたいだけなんだろうけど(笑)。

FC2トラックバックテーマ第742回「ポイントカードは活用できていますか」。 

数日前から気になっていたテーマなので参加してみる。

大体サイフにポイントカードを入れているわけだけど
家電量販店系だけで数種類、あとドラッグストアのとか
CDショップのだとかもあるので、いつもパンパン…。

一番古くから持っている某家電量販店のカードのポイントは
最初のPCを買った時に値引きのネタに使った以外は
たまに電池とか細々した物の支払いに使う程度で貯めっぱなし。
いつか、何か金額の大きめな物を買う際に使いたいけど
その「大きめな物」を買う機会になかなか出会わず。

別の某家電量販店系のカードは、来店ポイントとか貯めれるので
それも利用してチマチマ貯めて、オリコンの対象店でもあるので
CDやらDVDやら購入する時に代金の一部として充当する、みたいな。
でも「来店ポイント」がどんどん改悪されているので、最近は
店舗へ出かける事も減りがちかも…。

某CDショップのポイントカードは、元々有効期限があったのに
近年「使用するごとに期限延長」型に変更されたので
安心して使えるようになったというか。
ある程度貯まった後で、CDの支払いに充当する感じ。

手持ちのカードのほとんどが「使用するごとに期限延長」型なので
そちらのスタイルに慣れてしまって、単なる有効期限アリのタイプが
窮屈で窮屈で…大抵ポイントを貯め切れずに失効してしまう。
断りきれない性質なので、つい作ってしまったりするけれど
後悔することも多いなあ。