Entry Navi - Archives

 2008年12月 

気がついたらもう大晦日…。 

今年はなんだか月日の経過が実感できない1年だった。
気がついたらお盆が来ていて、気がついたらもう大晦日で…。
本当にそんな感じだった。

9月にロフトで買って、そのまましまいこんでいた
「ほぼ日手帳2009」を昨日慌てて探し出したけれど
現在になってもまだ年賀状には手付かずだし…。
(数は少ないけど、出すつもりはあるはずなんだけどなあ。)

1年1年、確実に年をとって行っているという事なのかなあ…。
2009年がどんな風になるのか、なんか見えないなあ…。

スポンサーサイト

BEAT CRUSADERSヒダカトオル、くりぃむしちゅーのANNも終了…。 

昨夜はヒダカの、今夜はくりぃむのANNが最終回。

それぞれ、過去にここで取り上げたことがあるかどうかは
定かではないけれど、スタート時からずっと聞いていた番組で。
終わってしまうのが一般リスナーから見ても確実となった時、
寂しかったり悲しかったりショックだったり…したなあ。


ヒダカの方は、取り上げる楽曲・アーティストが洋楽メインで
洋楽ってBGM程度なら大丈夫なんだけど…というタイプの
自分としては中々聞くのが厳しいコーナーもあった。

でも、ゲストとの生セッションやメンバーとの生演奏が楽しそうだったし
普通っぽいネタコーナー、ためになるコーナーもあったりしたし。

何より、昨年10月1日放送分で、ANN満40年記念として行われた
「アンコーさん」こと斉藤安弘アナとの対談企画なんて
現役パーソナリティ陣の中ではホスト役として最適だった…
なんて事を、今振り返っても思えたりするわけで。

「40周年押し」の期間内にレギュラーでいてくれて
ある意味、本当に良かった…と思えるパーソナリティでした。
2年間、本当にお疲れ様でした。


くりぃむの方は、前任の土屋礼央(RAG FAIR)も結構楽しかったので
当初は「えー?」という気持ちが正直なくはなかったのだけれど(笑)。

個人的には初期の「東MAX総選挙」が今でも印象的かなあ…。
これがきっかけで「東貴博ニッポン全国ラジベガス」をしばらくは
聞き続けなければ…となって、そのうち番組そのものが楽しみに
なり、そのまま「ヤンピース」?現在に至る…という感じなので。

まあ、他にもあれこれ面白い回とかもあったんだけど
最近は「罰ゲームを本気で嫌がる有田哲平」的な状況が
何週にも渡って続いていたのがちょっとなあ…と思ったかなあ
(どこまで「本気」だったかはわからないけれど)。
でも、トータルで考えるとなかなか楽しい番組だったかな。

今日は最後までリアルタイムで聞きたいと思います。
3年半、本当にお疲れ様でした。


…終わるものがあれば始まるものもある、ということで
来週スタートの新ラインナップも一応聞いてみるかなあ。

(そういや、昨夜のヒダカは後任の紹介までしていたなあ…
最近こういうのあまりないから、凄く印象的だった。)

1/2(金)は「森光子のANN」。 

史上最高齢パーソナリティ、という事らしい。

ただ、ニッポン放送の上柳昌彦アナがパートナーだそうで
実際には上柳アナが進行するんだろうなあ…と思ったり。

まあ、ゲストもいたりするみたいだし
雰囲気の予想はつかないけれど、ちょっと楽しみ。

KBS京都ラジオ、12/31をもって「銀河に吠えろ!宇宙GメンTAKUYA」ネット打ち切りへ。 

1999年10月(当時は「allnightnippon SUPER!」)から9年超に渡って
ニッポン放送22:00?24:00枠の番組をネットしていたKBS京都が
年内をもってネットを打ち切る、という事が局公式サイトの番組表から判明した。

微妙に中途半端な時期だなあ…とも思うけれど
オールナイトニッポンも1月改編とかやるくらいだしなあ…。

個人的には、ヤンピースの放送期間でなくて良かったと思いつつ
ラジオ関西や東海ラジオの動向が気にかかってみたり。
この2局まで打ち切られたら、ニッポン放送以外で遠距離受信が
出来そうな局って(全国的に)あまりなさそうと思うわけで…。

まあ、今後この枠でどういう番組展開をするのか
あとネットスポンサーを集められるのか…という事も
その辺大きく左右するんだろうけど、ねえ。

久々に…。 

学生時代、よく行っていた場所へ久々に行った。

まったく変わらない箇所もあれば
当時と全然変わってる箇所もあって
時の流れを感じたり、そうでもなかったり…。

楽しかったけど、全部は回れていないので
今度は、今度こそは…と思うけれど
お金と暇がある時じゃないと出来ないんだよなあ…。

ミュージックステーションの年末SP。 

本当は開始までに帰宅するつもりだったのだけれど
仕事帰り、本屋で立ち読みしてるうちに時間が過ぎていた(笑)。

・羞恥心が「泣かないで」の衣装のまま(帽子は脱いだけど)
「羞恥心」を歌っていたけど、なんだか珍しい物を見た気分。

・ポルノグラフィティの曲、大サビ(?)の序盤で岡野昭仁が
字幕とは全く違う歌詞を歌っていて「あれ?」と思っていたら
曲の終わりに「歌詞思いっきり間違えました!」なんて
自己申告していて、あまりの潔さに思わず大爆笑(え?)。

・オレンジレンジの曲でまたもや勝俣洲和が登場。
今回は絵本の中の王様だか王子様だか…という衣装で凄かった(笑)。

・中川翔子の曲で、客席の人たち(全員?)がサイリウムだか
ペンライトだかを振っていたけれど、一部の人の振り方に
微妙な違和感を感じてみたり…もうちょっと丁寧に振ってー。

「ミュージックソン」反省会。 

・結局、22時台はKBS京都もラジオ関西も「裏送り」。
ガッカリしながらニッポン放送を遠距離受信したけれど
雑音が酷くて話の内容が半分くらいしかわからず、これまたガッカリ…。


・大阪は曇りや小雨だったので、終了時点でも
ニッポン放送をソニーのM260で受信が可能だったにもかかわらず
何かを諦め切れずにラジオ大阪のあるORC200まで行ってしまった。

かつてはそこの広場に特設ステージを組んでエンディングだったけど
2年連続で「別の場所」でエンディングだったため、結局募金すら出来ず。
おまけに、ニッポン放送の「1242kHz」を受信しているにも関わらず
「1179kHz」であるはずのMBSラジオが「イメージ受信」されるとか…。

近年、ミュージックソンの時しかラジオ大阪を聞いていないし
ギリギリまでニッポン放送受信を頑張るようになったので
細かい情報もないまま動く自分が悪いのだけれど
…もうラジオ大阪のミュージックソンには募金やめた。


・募金するにしても、例年大した額ではないので
「直接募金箱に入れたい」という思いが強いのだけれど
地元局に募金しないのであれば、遠くの局に送金する必要が。
…来年こそ、なんとか都合つけてニッポン放送まで行っちゃうか。
ハロプロも今の形ではなくなってしまった後なわけだし。

「ミュージックソン」、全国10局で各自放送中。 

今年から(!)中国放送も仲間に加わったミュージックソン。

自分の場合はラジオ大阪が一番近いというのに
ここ何年かは「聞いている」大半がニッポン放送という…。

ラジオ大阪の方が、ある意味コーナーコーナーがハッキリしていて
かつ、真摯な内容を流している部分も多い気がするのだけれど
ニッポン放送のある意味での「華やかさ」につい惹かれるんだよなあ。

今年は萩本欽一と東貴博が登板ということで
無理してでもニッポン放送まで行きたかったんだけど
叶いそうになくて、落胆しながらニッポン放送を受信中…。
22時台、どうなるのかなあ…。

明日はいよいよミュージックソン。 

去年同様、ニッポン放送の模様を22時台の番組枠でも
ネットしないかな…なんて思ってYahoo!テレビで見てみたけれど
去年と違ってどうなるのかがさっぱり読み取れない…。

個人的に一番重要なKBS京都やラジオ関西も
普段どおりの番組タイトルが書かれているだけだし…。
両方とも「裏送り」だったら泣くかも…。

「ゆず」。 

冬至がどうした、とかではなくて、果物のことでもなくて
…ミュージシャン「ゆず」のお話。


かつてANNのレギュラーをやっていた事もある2人。
あまりしっかり聞いた記憶はないけれど、モーニング娘。の
1期メンだった福田明日香がゆずのファンだという事で
ANNの企画で福田の家に突撃…というのを思い出すかなあ
(当時中学生だったので、深夜のスタジオ生出演が不可だった)。

あとは、リリースのタイミングでちょくちょくある特番を
聞いたりする程度だったけど、そういうたびに

「ゆずのリーダー北川悠仁です」
「ゆずのサブリーダー岩沢厚治です」

みたいな自己紹介をする、というのは覚えているけれど
このフレーズしか頭に残らなくて、顔と名前が一致しないばかりか
声と名前も一致しない…個人的には、そんなユニットだった。


でも、今期の月9ドラマ「イノセント・ラヴ」に北川が出演し
なぜだか(?)最後まで欠かさず見続けた影響からか
とりあえず顔と名前は一致するようになったし
最近出演した歌番組を見て、歌声に関しても
どちらがどっちの声なのか…がようやくわかるようになった
(喋り声は…今ラジオやってなさそうだし、まだちょっと…)。

内容に関しては「おいおい…」と突っ込みたくなるところも
あったりしたドラマだったけど、ゆずを見分けられるように
なった、というだけでも個人的には収穫のあるドラマだったなあ、と(笑)。

色々大変だったとは思うけど、「イノセント・ラヴ」お疲れさまでした。

M-1グランプリ、今年はNON STYLEが優勝。 

去年はしっかり見ていたけれど、今年はニッポン放送の
東MAXのラジオが丸被りだったので、両方つけていたけれど
結局どっちつかずな感じになってしまった…。

敗者復活戦組のオードリーが予選をトップ通過してしまって
ツッコミの人が口をあんぐりと大きく開けっぱなしになった場面が
インパクト大きかった、くらいしかちゃんとした記憶がないとか…。

被ってなければ今年もちゃんと見たんだろうけどなあ…。

念願の…。 

20081220230636
2006冬ハロのDVD。

加護の件で発売中止になったこれを、やっと手に出来た。
一部だけ先に見たけど、なんか感慨ひとしおだなあ…。

(※ハロプロFC限定発売となったため、一般では購入不可です。)

ドラマ「流星の絆」最終回。 

今まで全く見てなかったのに、最終回だけ見てみた。

バナナマンのラジオで設楽統が少しは話題にしていて
気になったのがきっかけというか…。

まあ色々あったみたいだけど
よくああいうラストシーンになったなあ、みたいな。
その辺若干突っ込みたい気がしなくもないけど
ずっと見てる「イノセント・ラヴ」に比べたら…ねえ(笑)。

「モブログ」。 

最近、「モブログ」カテゴリでモブログである必要が
あるのかどうか…というネタも書いたりしている。

本当は、普通にデジカメで撮った画像を入れた
記事を書きたいとは思っているのだけれど…。

撮って、PCに移して、必要があれば少し手直しをして、
先にアップロードしてから、その画像を引用した記事を書く
…という手順がなんだか鬱陶しいと思える時があったりして
「そうだ、今の自分には写メール出来る環境があるじゃないか!」
みたいな事を思って、実行に移すという感じであったり。
昨日の記事なんてまさにそれで(笑)。

ただ、一応ネット上で評判を見ていたので知ってたつもりだけど
今使っているWX320Tってあまりシャープな写りではないので
PCで確認したら「…うーん…」なんて事もしばしばだったりして。

…いいもん、最初から良い物なんて持ってしまったら
次からのハードルが高くなってしまうんだし、まずはこれでいいんだもん…。

買っちゃった…。 

20081217225254
今年新発売されたばかりの充電池「充電式EVOLTA」。

某家電量販店で売りつくしセールをやっていて
安くなっていたのでいい機会だ、とばかりに買ってしまった。

一応使う見通しはあって買ったんだけど、いつ開封しようかな…。

あと半月で年越し…。 

そんな話を職場の人がしていたのを横で聞いていて
「え!?もう今年それだけしかないんだ!?」
みたいな感じで思わず驚いた。

テレビやラジオの特番具合とかの雰囲気では
年末に近づいている、となんとなく感じるけれど
実感が全くない、というこの不思議…うーん。

月9「イノセント・ラヴ」来週最終回。 

まあなんていうか、いろんな話題性(?)につられて
見始めたドラマだったけれど、初回から「うーん」と唸りつつ
結局今週まで欠かさず見続けてしまったドラマだったなあ。

気がつけば「ツッコミどころ満載なネタドラマ」的な評判(?)が
一部で出ていたせいか、途中からはあるシーンの様子を見ながら

「ぎゃーっ、怖いよ怖いよー(笑)」

みたいな言葉と感情があまり一致しない反応(笑)したり、
なんて事も増えたけど…まあ色んな意味で最終回が楽しみかな。

「東貴博の電話でGO!GO!」にネプチューン原田泰造が電話出演。 

確か先々週あたりから「ゲストです」と告知があったので
てっきりスタジオにやってくるものだと思っていたのに
ふたを開けたら「電話出演」という事で少しがっかり…。

でも、「なんだよ電話かよーってみんな思ってると思いますけど
…俺もちょっと思ってます」的な事をパーソナリティである東自身が
言っていたので、少しがっかり感が和らいだというか(え?)。

ちょうど「裏番組」にあたる大河ドラマの「篤姫」が
今夜で最終回、という事で大久保利通役を演じた原田に
話を聞こう…という趣旨だったらしいにも関わらず
東と原田の友達トークみたいなものが中心となっていた気が。

でも「泰ちゃん」「飛田っち(東の本名は飛田貴博)」と呼び合う様子や
普段見知っている「原田泰造」よりも素な感じの穏やかな口調が
昔からの仲間ならでは…という雰囲気がして良かったなあ。
今度はスタジオでじっくり対談(?)する様子も聞きたいかも。

FC2トラックバックテーマ第632回「あなたの周りに双子はいますか?」。 

なんか気になったテーマということで参加してみる。

一時期通っていた小学校は、学年で3?4クラスだったんですが
自分と同学年の中に、確か双子が3組いたんですよね…。

その学校の方針なのか、それとも全国的にそういう感じかは
わからないですが、それらの兄弟はクラスが別々になるよう
振り分けられていたみたいだったのですが…。

うちのクラス、なぜか3組(の片方ずつ)が勢揃いしてました(笑)。

その後、中学に入ってから転校した先でも
また双子(の片方)と同じクラスになる機会がありましたが
何せそっくり(当たり前ですけど)なので「同じクラスの方」
「違うクラスの方」を見分けるだけでも一苦労した記憶があります…。

「オールナイトニッポン」、ラインナップ大幅入れ替えへ。 

12/10付の記事で新パーソナリティの第一報(!?)を書いたけれど
どうやら「1月改編」はこれだけでは収まらないらしい事が判明…。


ワタナベエンターテインメント・PCサイトTOPより
http://www.watanabepro.co.jp/

>ラジオレギュラー決定!!
>「城田優のオールナイトニッポン」
>2009年1月5日(月)25:00よりスタート!!



ポルノグラフィティ公式・インフォメーションページより
http://www.pornograffitti.jp/info/info_main.html#Radio

><<岡野昭仁>>
>AMラジオ1242ニッポン放送 全国36局ネット
>「ポルノグラフィティ岡野昭仁のオールナイトニッポン」
>毎週(土)25:00?27:00 好評オンエア中!
(中略)
>2009年からは火曜日の25時から2時間、昭仁がしゃべり倒します!
>夜遅い時間のオンエアではありますが、
>曜日をあらたに、火曜の夜は昭仁と自然体な2時間をご一緒に!!

>2009年1月6日(火)?
>毎週(火)25:00?27:00



半田健人公式・インフォメーションより
http://www.kentoworld.com/info/index.html

>半田健人新レギュラー
>ニッポン放送「オールナイトニッポン」(土曜日)
>新パーソナリティーに決定!
>2009年1月10日スタート!!




城田優は一度やった土曜Rや小栗旬ANNへのゲスト出演で
「見た目の割にひょうきんな兄ちゃんだなあ」という印象を持ったし
半田健人もマニアックな話題が期待できそう…とは思うけれど
岡野の曜日移動と、そこから予想される(現段階では未発表な)
事項を考え合わせるとなんだか複雑な気分…。

まあ、終わる(であろう)番組についてとかは
発表があってからまた書くことになるだろうとは思うけれど
この改編、吉と出るか凶と出るか…うーむ。

FC2トラックバックテーマ第631回「腕時計をしますか?」 。 

遅ればせながら気になったテーマという事で参加してみる。

中学生とか高校生くらいの頃には
「シンプルなアナログの腕時計をつけて通学する」事に
凄い憧れがあって、まあ数千円クラスの安い物でしたが
結構つけて行っていたような記憶がありますね。

でも、「つけている部分に汗をかいたりしてしまって
なんだか気持ち悪い」と思うことも結構多くなったからか
それともケータイ(というかPHS)端末が時計代わりになったからか
いつの間にか、腕時計をすることもほとんどなくなってしまいました…。

おまけに、好みもアナログ時計からデジタル時計に変化したり。

時間合わせをする時に、秒針の関係とか、細かい目盛りに
しっかり合わせる事とかがアナログ時計だとどうやっても
「正確に出来ない」ように感じることが増えてきたんですよね…。

その点、デジタル時計は簡単に秒単位まで合わせられるので
仮に今度新しく買うのなら、出来るだけオールマイティにつけられて
秒数まで見られるデジタル時計にしたいなあと思ってます。
そんな物があるのかどうかわからないんですけどね…。

金曜ANN、新パーソナリティは「いきものがかり」の吉岡聖恵に決定。 

今日、いきものがかりの公式サイトにて発表された模様。

>★今年の7月・8月に「オールナイトニッポンR」、そして11月に本家「オールナイトニッポン」の
>スペシャルパーソナリティを務めた吉岡聖恵。
>いきものがかりの曲をモチーフにしたナレーションドラマ「きよえシアター」や、ギター弾き語りなど、
>他では聞けないコンテンツ目白押しの内容で、「また聞きたい!」といったメールが殺到!!
>そしてこの度、リスナーからの熱いリクエストに応えて、ついに「オールナイトニッポン」の
>レギュラーパーソナリティを担当することが決定しました!!

>記念すべき第1回は1月9日(金)を予定。
>毎週金曜日の深夜は、笑いあり・時には涙あり、吉岡聖恵の素が聞ける吉岡聖恵の魅力満載の120分をお送りします!
(以上、http://www.ikimonogakari.com/media.htmlより)



2007年春改編でアンダーグラフ(ドラム担当が女性)のANNが
終了して以来、レギュラーの女性パーソナリティが完全に
消滅していたので、1年9ヶ月ぶりに復活したのか…みたいな。

過去3回のソロ出演特番は確かに中々楽しかったので
レギュラー化は嬉しいし楽しみではあるのだけど…。
「きょんばんわ!(=こんばんは)」は現段階で既に
ちょっぴり(…というか結構?)おなか一杯、かも(笑)。

というか先月の特番でも思ったけど「本家」って何だ「本家」って。

FC2トラックバックテーマ第630回「猫舌ですか?」。 

ある種ドンピシャ(!?)なテーマという事で参加してみる。

思いっきり猫舌です。

仕事の休憩時間、自販機で何か飲み物を買う場合は
真冬だろうとコールドドリンクを買ってしまいます。
ホットドリンクだと、休憩が終わるまでに全部飲み切れるか
自信がないんです…しばらく待たないと口をつけられないので。

まあ、カップ式の自販機ならば「氷抜き」が選べるものにしたり
氷が比較的とけ易そうなコーヒーを選んでみたり…と
若干工夫もするんですけどね…。

音楽ガッタスのライブに行ってきた(その2?)。 

昨日に続いて以下のライブに関する話。
「音楽ガッタス ライブツアー2008冬 ?Come Together!?」

グッズ販売で、本当はDVDマガジンだけを買うつもりでいたけれど
前もって公式サイトで公開されたグッズ一覧を見ていたら
気になるのが他にもあったりして…。

で、現地で掲示されていたグッズ一覧を見ていたら
「これも欲しい」「あ、あれもいいなあ」となってしまって…。

予算として計算していた倍の金額を使ってしまった(笑)。

買ったのは当初から予定していたDVDマガジンの他に
「ツアーバッグ」「紺野2L写真2枚セット」「全員のL判写真セット」。

ツアーバッグはツアーロゴが茶色の単色刷りになっていて
普段持ち歩いたりしても「コンサートグッズだ!」みたいな事には
あまりならなさそう…というのがなんだか気に入った感じ。

生成りの布製で、こんなタグがついてるけど…。

「無漂白」ってこんなのもエコなのかあ…。


FC先行では、ファミリー席(2階椅子席)を取りたかったけれど
競争率を考えたら、「まずは入る権利を得ることが先決」と
安全策で第2希望に入れたスタンディングにされてしまったわけで。

それでも、なんとかファミリー席に入れないかなあ…
と思っていたら、なんと当日券で少しながら売っていた(!)
という事でその恩恵(?)を受けてファミリー席に入れて感激。

本番中の舞台裏で吉澤が鼻血を出してしまった話
(ライブの時に出たのは初めてらしい)があったりとか
紺野や是永の髪飾りが途中で外れたりだとか
ハプニングもそれなりにあったけれど、貴重な場面を
色々見られたという事で、いい思い出になったかな。

願わくば、また単独ライブツアーをやって欲しいなあ…と思いつつ
今ツアーの残り日程も楽しい、良いものになりますように…と祈ってみたり。

音楽ガッタスのライブに行ってきた。 

ハプニング満載(!?)、意外な曲もあったりしたライブだったけど
終わってみるとなんだか満足感でいっぱい、というか…。

しばらくの間、この満足感が持続しそうな勢いであって
本当に行って良かったなあと思えるライブだった。

…まあ、きっと自己満足なんだろうけどね…。

「オールナイトニッポン有楽町音楽室」、年内で終了。 

普通の番組ではまずありえないような気がするが
番組が始まってすぐに「この番組、今日と26日の放送で最後です」と
バカボン鬼塚があっさり発表したのでやっぱりかという気分になった。

なかなか個性のある感じに思えるバカボン鬼塚の進行具合に
昨年4月の開始後、慣れるまでには少し時間がかかったけれど
それとなく「情が沸く」感じになったせいか、時が経つに連れて
放送日が楽しみになってきていたのになあ…。

まあ、特番を挟まれる量がハンパなくなって来た頃から
「いつ終了宣言が出てもおかしくない」と思わざるを得なかった
状況もあって、一応「よくここまで続けてくれた」とも思いつつ…。

「クリエイターズナイト」枠に移行したのが今年5月。
その頃の有楽町音楽室の主旨説明を聞いている感じでは
「ああ、もう1年くらいは延命させるつもりなんだ」なんて事を
勝手に思っていて、少しホッとしたりもしたのだけれど…。

10月の編成がグチャグチャになり(レギュラー扱いのはずの
2・4週目に特番編成となり、その煽りで放送週変更となったり)
有楽町音楽室の「楽曲募集」の期限が突然延びてしまうし
「有楽町音楽準備室」でも「今後」についてあまり触れなかったり
クリエイターズナイト枠自体も11月に入って「過去の担当者の中から
1回限りのアンコール復活」みたいな編成になったりしていて
怪しいな…と思っていたところに今回の発表で。

ある程度は覚悟の上で放送に臨んでいたので
「やっぱりか…」というくらいだったけれど、後からジワジワと
寂しさとか襲ってきそうだなあ…なんて事を考えたり。

バカボン鬼塚としてはどのようなつもりでこの番組をやっていて
終了についてもどのように思っているのか、と気になったりもするけれど
本人の好きな楽曲についてあれこれ熱っぽく語っている様子や
実際かかるそれらの楽曲を聞くの、案外嫌いじゃなかったなあ。
(個人的には守備範囲外の曲だらけだったので、聞いたその場では
聞いていて心地よい曲だと思っていてもすぐ忘れちゃったけど…。)

何はともあれ、あと1回放送が残っているので
最終回もリアルタイムで最後まで聞きたいなあ…。

今夜は寒くなるらしい…。 

WX320Tで、機種変する前からブックマークしていた
無料で市町村レベルの天気予報が見られるサイトを見てみたら
うちの市では、これから半日くらいの間の予想最低気温が
どうやら氷点下(!)になるとの事でビックリした。

一気に寒さがやってくるなんて…今夜寝られるかなあ…。

越境(!?)行為って…。 

現在、FM OSAKAで水曜27:00?29:00に
「GIRL'S DROP派」という番組が放送されている。

番組サイトのトップページには

>『足を運べば毎日会える』
>ファンにいちばん近いアイドルたちがおくる等身大バラエティ
>“GIRL'S DROP派”は、エンタテインメント シーンで活躍する
>トップギャルによって結成されたユニット「GIRL'S DROP」による
>「GIRL'S DROP」のファンのためのラジオ番組であーる。


とか書かれてあるけれど、そのユニットのメンバー数人が
進行役っぽい男性DJ2人と共に「ゆるーいトーク」を
繰り広げて(?)いる…という印象しか持てなかったり。

…という話はさておき。

昨夜放送分のこの番組内で、27時台終盤に男性DJの1人が
「リクエストにお答えしましょう」という事で、リクエストを寄せた人の
名前を紹介しようとしたのだけれど、「神奈川県横浜市…となっております」。

その人のリクエスト曲は普通にかかったのだけれど
AM(かつ、出力が高い局)ならば、深夜放送くらいは
横浜辺りでも聞ける可能性もあるだろう…と思えるけれど
FMは(特殊なパターンを除いては)遠距離受信出来ない気がするし
一体この人は何を思って越境行為をしたのだろう…とか
いい加減寝るつもりが、少し考え込んでしまった。

まあその時は、かかった曲を出したアーティストのファンで
オンエア回数を増やすためにリクエスト作戦をしているのだろう…
名前を読んだDJも若干怪訝そうな反応だったし、これって
ある意味逆効果なんじゃないの、という結論を勝手に出して
寝たのだけど…実際はどういう意図だったんだろう…。

新しい封筒。 

ここ2年ほど、毎月ニッポン放送のタイムテーブル冊子を請求して
郵送してもらっているのだけれど、今日届いた封筒を見て驚いた。

「…開局55周年バージョンになってる…」

というわけで、先月まで来ていた封筒と並べてみた。

真っ白な方が新しい封筒、黄色っぽい方が前の封筒。

裏側に載っている住所一覧の部分。
…よく見たら関西支社が移転したようで、新しくなったのって
これが原因なのかなあ…とふと思ったり。

まあ、新しいのは「55周年バージョン」なので
これで送ってもらえる期間もそんなに長くないかなあ…。
と思うと、これはこれで大事に取っておいてみようかなあ、なんて(笑)。

21時台というのに眠かった。 

普段、こんな時間帯に眠くなることはそうそうないのだけれど
21時台後半は気がつけば眠りに落ちていたようだった。

肩こりだかどうだか知らないけど、なんか肩が痛いなあと思いながら
目をつぶっていただけのつもりだったのに、ふと目を開けると21:56。

今日は「銀河に吠えろ!宇宙GメンTAKUYA」に
KAT-TUNの田口&田中コンビが出演するというので
どういう絡みをするのかちょっと聞きたい…と思っていただけに
ちょっと焦ってしまったけれど、一応セーフでホッとした。