Entry Navi - Archives

 2007年09月 

「花ざかりの君たちへ」を読むために…。 

最近には珍しくマンガ喫茶(というかネットカフェ?)
へ行ってパック料金で篭ってきた。

元々出ていた単行本が揃っているはずだったけど
最初の方は先客がいたらしかったので、途中から
最終巻までをがんばって読んだ。

原作のファンの人たちが、先日まで放送されていた
ドラマを見ながら「完全な別物だ…」等あれこれと
ネット上で書いていたのが、なんとなく納得出来る気がした。

ドラマの「原秋葉」が原作での3人分くらいのキャラを
合成したものだ、というのにはかなり驚いたけど…。

スポンサーサイト

今日もTSUTAYAへ…。 

昨日の記事で書いたmp3プレーヤーを目当てに
また別のTSUTAYAへ足を運んでみたけれど…。

それらしきものは影も形もなく。
もちろんPOPすらないし。

非会員なので、何かを借りるついでに店員さんへ
尋ねる…というワザも使えないし、どうしたもんだろうか…。
また別のTSUTAYAへ…明日、それとも別の日にでも行こうかな。

TSUTAYA限定発売のmp3プレーヤーが欲しい。 

基本機能を押さえた驚きの低価格
USBコネクタ実装の実用モデル「DP10T」登場!
?全国の「TSUTAYA」主要各店舗にて2007年9月27日(木)販売開始?
http://www.sirenjp.com/company/press/20070927.html


1Gで3980円、しかも新製品…というところに
なんとなく惹かれて、買い足したいなあ…と思ったので
夕方あたりに近所のTSUTAYAに行ってみたけれど
それらしき物は見当たらず、トボトボと帰ってきた。

上の記事をよく見ると「順次発売」だから
まだ届いてないだけなのかなあ、それとも「一部店舗」に
入ってしまってるのかなあ…なんてヤキモキしてしまう。

数日中に見つからなかったら、日本橋のPCショップで
怪しいmp3プレーヤー(笑)に手を出してしまうかも…。

「とんねるずのみなさんのおかげでした」が通算20年目とかなんとか。 

とりあえず特番を見てみてるけれど。

野猿のメンバーだった人たちが
みんなで氷の彫刻づくりって…何やってるんだろう(笑)。

「おかげです」時代を含め懐かしい映像とか
色々流れるそうだけど、飛び飛びでしか見てないので
きっとわからないのも多いんだろうなあ…。

月がとっても大きく見えたので…。 


一応最大限までデジタルズームをかましてみたけど
…これじゃあ、全然大きく見えないなあ(汗)。

昨日が中秋の名月だったそうで、ちゃんと見たけど
その時もなんだか大きく見えて驚いた。

…高倍率の工学ズームが効くデジカメ欲しいなあ。
でも買えるような余裕はどこにもないなあ…。

FC2トラックバックテーマ第351回「時計はデジタル派?アナログ派?」。 

本文を読んでて参加したくなったテーマということで参加してみる。

20070925202354-K3200029.jpg
100円ショップ「キャンドゥ」で購入した「バスクロック」(アナログ)と
パソコンの時計ソフト(デジタル表示)の2種類を使用しています。
(面倒臭がりなので、100円の方は少し時間が遅れてますが…。)

アナログ表示、パソコンで表示する場合ならば
分針とか秒針の位置もちゃんと見れるのでいいのですが
実際の機械となると「目分量」で位置を合わせる必要が
あったりするので、狙った位置にちゃんと合わせられているかな?
等と考えたりするのが億劫というか、面倒臭いというか…。

なので、本当は離れていても秒数までハッキリ見えるような
(それでいてあまり高くない)デジタル時計が欲しいのですが
…なかなかこれだ!というのが見つからないので悲しいです。

仕方がないので、極力PCの電源を入れるようにして
時計ソフトを常時使用しているのですが、急いで出かけたい時に
限ってPCの電源を落とそうとしたらフリーズ…というのが
何度も起こったので、たまたま入ったキャンドゥで見つけた
バスクロックを購入した、という次第です…。

入浴時にも使えるというのはなんとなくいいなーと
思ったのですが、今のところ浴室に持って入ったことはありません…。
タオルかけの部分は、据置用のスタンドとしてしか使ってません…。
いいんです、部屋用に買ったんだから…。

fm osaka「Scramble」最初で最後の公開生放送を見てきた。 

たまたま休みがあったので、
会場であるあべのHoopに行ってきた。

現地に到着したのは14時半ごろ。
特設ステージの横に、こんな看板(?)が出ていた。

20070924143758-K3200002.jpg

番組開始は16時だったのだけど、
その1時間以上前の段階で、こんなに人がいた…。
(2階・シースルーエレベーターのあたりから撮影)
20070924144544-K3200009.jpg

会場周辺では、タイムテーブルと共に
番組へのメッセージ用紙が配布されていた。
20070924150724-K3200017.jpg

melody.とCOLOR全員とAAAの日高&與がゲストで来たけど
なんていうか…やっぱりこういう時の観客動員って
ゲスト頼みなんだなあ、というのを凄く実感した3時間だった。

ゲストがいる時はずっと後ろの方だったのに
全部のゲスト枠が終わったら、あっという間に前の方へ…。
まあ、最後20分ほどだけでもしっかりDJの様子とか
見れたので、良かったと言えば良かったけれど…。

エンディングの際の様子。
20070924185449-K3200021.jpg
(見づらいけれど、右側はゲスト用の席になっていた)

そして、終了後のプレゼント争奪ジャンケン大会の際の様子。
20070924190149-K3200024.jpg
(左・奥川陽子、右・庄司悟)
(奥川のジーパンについているのはステッカー状の関係者パス)

実はこの番組、今週で最終回というわけで
エンディングに奥川がさらっと語った事が
なんとなく「最終回のメッセージ」的ではあったのだけど
「奥川の担当日、本当に今日で終わり?」って感じで
なんだか全然信じられないまま終わってしまった…。


終了後、最後までいたリスナーへ向けて
番組ステッカーを配っていた奥川をスタッフが呼び寄せていて
「なんだ?」とその方向を見てみたら、なんと
3月までfm osakaで番組を持っていた鈴木しょう治が
いたのでビックリしてしまった。

奥川に対して「拠点ってどこ?」「どこどこのFM局に
出てるの?」みたいな感じの質問をしてるのが
聞こえた気もしたけれど、実際にはどんな会話をしてたのやら…。

ちゃんと関係者パスもつけていたので
どこかで見てたんだろうけど…どこにいたんだろう?

突然電話が鳴ったので…。 

3台持っているPHS端末のうちH"端末の分が
昼間いきなり鳴りだしたので、何事かと思って見てみたら
電話がかかってきたわけではなくて
アラームが鳴っていただけだったのだけど…。

表示された内容を見ると、仲間内での集合場所みたいな
ものとか入力してあって…え?まさか…。

「後藤真希がモー娘。卒業コンをした日のやつじゃないか!」

…7年半くらい使い続けている端末だけあって
アラームを鳴らすための設定に「年」はなくて
「月日」と「時間」しかなかったんだよなあ…。

あれから5年も経っちゃったのか…早いなあ。

モーニング娘。秋コン初日だったとかで…。 

ネタバレの類とか見てみたんだけど
意外な曲があったり、意外な組み合わせでの曲があったりと
ある意味面白そうだな…という感想を抱いた。

でも、DVDマガジンがモーニング娘。と美勇伝別々で
しかもお互いのDVDにも出てるらしいって…。
最近のコンサートでは、節約のため(?)に
DVDマガジンしか買ってないのに…一気に予算が倍かあ…はあ。

コミュニティ機能とか友達機能とか…。 

FC2ブログに最近あれこれ機能が追加されてるけれど。

…mixiとかの「SNS」とどう違うんだろう?
なんて事をふと思ってしまったりしている自分がいる…。
この先どうなってっちゃうんだろう…。

FC2トラックバックテーマ第349回「夜寝るとき、お布団どうしてる?」。 

困った時のトラバテーマ…という事で参加してみる。

まだまだ暑いような気がするので、掛け布団はかけずに
Tシャツ短パンで、額にアイスノン的なものをつけた状態で
寝ています…。いつまでこんな生活が続くのやら…。

なぜか特番だらけのオールナイトニッポン…。 

今週から来週にかけて、ANNは特番を連発するようだ。

9/20(木) 矢沢永吉のANN
9/21(金) アンジェラ・アキのANN
9/24(月) パク・ヨンハのANN
9/25(火) ソニー・ミュージックレコーズナイト(荘口彰久他出演)

とりあえず、明日以降の1週間でまともに放送があるのは
冠スポンサー付の土曜日のみ!?みたいな状態で
正直「なんで?」という感じだったりするのだが
…水曜はどうなるんだか。


ドラマ「花ざかりの君たちへ」最終回2時間SP。 

なんか、主人公が「女だ」とみんなにバレる過程が
加速度的だったというかなんというか…。

同級生たちの態度が一時凄いことになって
どうなるかとハラハラしたけれど、なんとか収まって
雰囲気が元のいい感じに戻ってホッとした。

それと、初回以降全くいなかった校長が
急に戻ってきたのにはビックリしたけど
フォトグラファーの人が校長の妹ってのが一番驚いた。
道理で、あんなに態度デカかったわけだ…(笑)。

まあ、一番最後のオチ(?)は
「さすが桜咲学園、スケール違うな」という感じで
その部分の珍道中(!?)も是非見てみたかったけれど…
久しぶりに1話も欠かさず見たドラマ、本当に楽しかった。

戸籍謄本とか本籍とか…。 

今まで、免許を取ったこともなければ
海外へ行くようなことも全くなかったせいなのか
戸籍謄本(抄本)を自分で取ったことがなくて
「本籍のあるところの役所に、って言うけれど
自分の本籍って一体どこなんだろう?」なんて思っていた。

最近、ひょんなきっかけで父の実家が「あった場所」が
そのまま本籍になっている…と知ったのだけれど
いちいちそこの役所まで行くのって面倒臭そうだなあ…はあ。

FC2トラックバックテーマ第345回「お腹いっぱい食べられるとしたら何が食べたい?」。 

345という数字に引っかかったテーマということで参加してみる。

とりあえず思いついたのが、ねぎとろ丼でした。
ダスキン系列の海鮮丼のお店で知ってから、好物の1つになりまして…。
トロのお寿司をお腹いっぱい、というのもいいですね…。
あと、焼肉も食べたい気がしてきました。

ここ数ヶ月、それなりの量を食べている時でも
何かしら気にしていることがあったりするので
本当に何も考えなくていいなら、こんな嬉しいことはないんですがね…。

音楽ガッタスのDVDを見た。 

一応フラゲしておいた、音楽ガッタスのDVDと初回版CD。
初回版付属のDVDと「シングルV」をそれぞれ見てみた。

紺野が映っている場面が出てくるたびに
なんだか嬉しいというか、感慨深いというか…
とにかく気分が高揚した。

モーニング娘。及びハロプロは初期から見ていたけれど
自分にとっては「紺野がいる」のがハロプロを応援するための
重要な要素なんだなあ…なんて、再確認した感じ。


まあ、ガッタス限定なんで「実際に見る」機会が
地方住まいの自分にはほとんどないに等しいけれど…。

昨日の記事の件について…。 

相談を受け付けてくれる場所に足を運んで
短い時間ながらも話を聞いてもらった。

とりあえず少しは希望が見えた感じ…かなあ…。

このままいい方向で進むといいなあ…。

一難去ってまた一難…。 

色んな手続きであちこち行かなければ…と思っていたのが
とりあえず今日で一段落ついて、ホッとしていたけれど。

他にもあれこれ考えなければならない書類の束が出てきた…。

今の生活、続けていけるかどうか
自信がなくなってきた…なんでこうなるんだろう…。

「モーニング娘。誕生10年記念本」。 

懐具合を考えると、価格的に買うか買うまいか…と
迷っていたのだけれど、やっぱり買ってしまった。

そして、読むか読むまいか迷ったのだけど…。
とりあえずOGメンのインタビューページだけ読んでみた。
後ろから開くと、キャリア順(同期の場合は年齢順)に
並んでいたのである意味読みやすかった。

20070912201123-K3200064-re.jpg
(後ろの方の「表紙」の図。)

で、そのままの順序で読み進めれば
現メンも同様の順番なんだけど…こちらのページは
「前から読み進める」のが前提になってる作りみたいで
文章を読むという意味では「読みにくい」。

というわけで、「OGメンインタビュー」以外のページは
パラパラめくっただけでじっくり見てないけれど…。

一応、まだハロプロにいる全員分が載ってるとはいえ
辻・小川・藤本は…FAXインタビューだったのかなあ?
という感じの短さだったのが印象的。

あと、矢口の脱退の件について、本人が語りながら
涙をこぼしたみたいな事が書かれていたけど
その部分を読みつつ「なんだかなあ…」な気分になったり。

そして…加護の名前が結構よく出てたので
なんだかため息が出てきたというか…。

現メンのページ、どんなことが書いてあるんだろうかと
考えると楽しみなような怖いような複雑な気分。

ドラマ「花ざかりの君たちへ」第11話。 

とうとう、主人公が「実は女」だと
他の人にもバレる時が来てしまったんだなあ…。

まあ、先週の予告と話の途中の「複線」が揃った段階で
バレる過程がある程度予想ついちゃったけど…。

でも、学園全体の雰囲気だとか佐野家の話とか
ある程度うまく収まった感じになってきて良かったかも。

ドコモPHSからウィルコムへ移行するための書類が来た。 



番号をそのまま使いたいなら、10/31までに必着で
書類を返送する必要があるとの事だったりする。

選べる機種が限られるとはいっても悩むし、
プランも現在使っているのと「同等のプラン」は既に
申し込み出来なくなっているので、これも悩むし…。

結構早めに請求した割には、案外ギリギリまで
出さずに悩み続けることになりそう…。

FC2トラックバックテーマ第342回「あなたの好きな移動手段は?」。 

何か書きたい!と思えたテーマなので、参加してみる。


運転免許の類は一切ないので、それが必要な
「車」「バイク」は自分で運転したことがありません。
なので、自力移動(?)だと「徒歩」か「自転車」になりますが
そのうちどちらが好きかというと…「自転車」ですかね。

所有しているのがママチャリなので、行動範囲も
「しれている」んでしょうが、天気が悪くなくて
時間の余裕さえあれば「ドア・ツー・ドア」みたいな
感じで動けるので、気分的にすごく楽です。


そんな「自転車」では、電車賃を浮かせるために
何駅か先まで行くこともよくあるのですが(苦笑)、
時間的に余裕がない場合や遠くへ出かける場合は「電車」利用です。

駅から目的地まで歩くのが面倒臭い時もあります
(持ち運べる折りたたみ自転車が欲しいと思う時もあったり)が
色んな景色が楽しい時もありますし、寝ていてもそのまま
運んでくれる「らくちん」な感じも好きだったり…。

新幹線と飛行機、どちらでも行けそうな場所へ行く時も
ほとんどの場合で「新幹線」を選んでますね…。

飛行機の方が確かに早いんでしょうけど、
家族旅行で飛行機を「利用したことがない」のも大きいのか

・出発よりかなり早い時間に空港へ到着しておく
・持ち込み荷物は厳重な検査がある
・預ける場合は到着してから受け取りまでに時間がかかる
・空港と家、空港と目的地の間を移動するのにかかる時間って…?

とか、考え始めたら面倒臭くなってしまって…。

家からだと、空港より新幹線の駅へ行く方が断然早いですし
「行ったらすぐに乗れる」感じで楽なので、断然新幹線派です。

過去、飛行機なら直接現地の空港へ着けるのに
わざわざ東京で別系統の新幹線に乗り換える(!)事までして
コンサートを見に行ったこともありましたしね…。
(時間がかかり過ぎて、何やってるんだろうとさすがに思いましたが)


今後、飛行機に慣れる日って来るんでしょうかね…うーむ。

困った事が起きたので…。 

質問とか受け付けてもらえる掲示板に
最低限の内容だけ書いて尋ねてみたけれど。

「こんな風にしたら?」と教えていただいた内容に対して
「でも実は…」という後出しジャンケンみたいな事を
何度も繰り返しそうな状態に陥ってしまった。

あれこれ検索していて辿り着いた先で
親切に教えていただいているのに、なんだか申し訳ないなあ…。
もう後出しはやめて、御礼だけで引っ込んだ方がいいのかな…。

親戚とは言っても…。 

父方の親戚から見れば、うちの母親なんてのは
所詮他人だよね…というのをなんとなく実感した1日だった。

まあもちろん、その逆もしかりなのだけど。

でも、一応自分からすれば「血の繋がった親戚」なわけで
…今後どうすればいいのか、凄く悩む。

FC2トラックバックテーマ第339回「お父さん・お母さんどっちに似てる?」。 

なんか見てため息が出たテーマという事で参加してみる。

顔の感じとかは父親似だと思いますが
性格とか気質まで含むと…両親のどちらについても
「カエルの子はカエル」、とここ数日で痛感しました…。

「あんな父親」と「こんな母親」の子供である自分が
今陥ってる状況とか…こりゃ当然そうなるわな、みたいな。
それに気付いたのがちょっと遅すぎたのかな…。

ドラマ「花ざかりの君たちへ」第10話。 

中津、どんどんヒートアップしている感じだなあ…。

舞踏会の裏方的作業をしてる時の
主人公と佐野のラブラブ(?)っぷりが凄かったなあ(笑)。

最後、その2人がすれ違った感じになった所に
告白しに来た中津…凄い事になりそうだ、と思ったら
とうとう「ひばり様」にも主人公が女だってバレたのか!?
どうするどうなる…来週も無事見れますように…。

とりあえず。 

今日はある程度のところまでで打ち切って
残りは明日…ということになったので早々に帰ってきた。

今、無事に(?)「花ざかりの君たちへ」を見ている。
その感想はまた後で…。

とりあえず田舎へ行ってみたけれど 

はっきりと物事が「確定」するのが
早くて明日の午後…というわけで、引き返してきた。
(田舎とはいうものの普通に日帰り圏内なので)

で、明日また行く事になりそうなので
金券ショップでほんの数十円でも節約を…と
切符を買ってみたりしたのだけど。

…今日行き来した分含めて、1万円近く飛んだ…。

明日行ってそれで全部終わればいいのだけれど
そうならなかったら、交通費だけでどんどん消えてくのかな…。
これから懐が寂しくなり始める時期だというのに…痛すぎる。


っていうか、明日の「花ざかりの君たちへ」きっと見れないな…。
久しぶりに欠かさず見てきたドラマだったのに…録画も出来ないし、終わった…。

なんだかショッキングなお知らせが…。 

1時間ちょっと前、親戚から
何やらショッキングなお知らせの電話があったらしい。

その件で、明日は急遽田舎へ行く事に。
でも何が何やら…わかるようでわからない…。

ドランクドラゴン塚地版「裸の大将」。 

いつか、どこかのインタビュー記事か何かで
芦屋雁之助さんのバージョンに近づける感じで頑張った
…みたいな発言を見かけた気がしたのだけれど。

そのせいなのかどうなのか
思ったほどテレビ画面は見ていなかったからか
大した違和感もない感じだったのでは…と思ったり。

何より、懐かしさが先行したけれど(笑)。