Entry Navi - Archives

 2007年06月 

羽賀研二が逮捕されたらしい…。 

恐喝容疑で渡辺二郎などと共に逮捕されたらしい。

彼の人生って一体…。
なんてことをふと思ってしまったニュースだった。

というか、羽賀研二ってもう45歳になってたのか。

…と年齢に驚いてみたけれど、よくよく考えると
自分がそれなりの年齢になってるんだから
「子供の頃から見ていた芸能人」にしてみても
そりゃあ、それだけ年もとるよなあ…はあ。

スポンサーサイト

オリエンタルラジオ中田敦彦、ドラマに初挑戦。 

という事で記者会見が開かれていたそうだけど
ちっともテレビ見てないからその模様も見れてない…。

今夜のオリラジANNRでまた何か裏話でもするのだろうか。
というのが目下の楽しみだけど、リアルタイムでは
なかなか聞けずに録音して後日…となるのが悩みどころ。

某番組の公開生放送を見てきた。 



同所での公開生放送イベントは、過去何回か見ているけれど
今回は今までで一番「気疲れ」したイベントだった…。

観客のうちのある1人が、本番中でも大声で
あるDJへウザいくらいの自己アピールをしまくっていて。

本番前に連れと話している段階で、やたらと声が大きかったので
警備の人が、前もって何か言ってみたら「○○(担当DJ)が
ダメって言ったらやらないよ」的な返事をしていたのだけど
そのDJの事を「好きだ」というアピールなので、そんな事
はっきり言えるわけでもないし…。

警備の人だけではなく、局の人まで出てきて
何度か注意していたんだけど、「徐々にマシになる」程度。
席が比較的近かったため、ウザい事この上ない感じだった。

ゲストが生歌を披露する、という場面でも
後方にいるDJへ向かってジェスチャーしまくりで
警備の人に注意受けてたし…。

そのDJは結構コアなファンとかついてる人で
公開放送とかあるたびに朝早くから「少しでもいい席を…」と
頑張る人も多いみたいだけど、今まで見ている限りでは
ここまで空気読まない人っていなかったなあ…。


「表に出る人」も色々大変なんだなあ、と思った1日だった。

FC限定DVD「Hello!days vol.10」の一部を見た。 



とりあえず光井の握手会の様子を見てみたいと思って
購入したDVDがやっと届いて、時間の都合でその握手会と
中澤のバレンタインイベントの模様の部分を見た。

どちらも結構ダイジェストっぽかったけれど
それでも十分楽しめたので、買ってよかったなあ…。
まあ、歌の部分は出来るだけ長く欲しかったかもしれないけれど。

なんていうかネタが思いつかないので…。 

昨日の記事と同じく外をブラついていた時に
「デジカメ的に使えなくもないような機械」で撮ったものでも…。



光の加減とか色々あるんだろうなあ…。
自分の目で見たのとは色合いが違って見える。
でも、これはこれでそれなりに見えてるかも…。
(贔屓目に見すぎなんだろうか…)

外をブラブラしていた時に…。 

なんとなく目に付いた花があったので
さっそく「デジカメ的に使えなくもないような機械」でパシャリ。



人の邪魔にならなそうな場所を選んだら
必然的に逆光の位置になってしまったけれど…まあいいか(笑)。

それにしても、同じ画面サイズ(?)で撮影してるのに
その時その時で出来上がるファイルのサイズが違うって不思議…。

またこんなものを撮ってしまった…。 




またもや食べたものの写真…。
他にネタがないんだろうか、自分…。

まあ、シャッター押した後も2秒くらいじっとしてないと
ブレまくりの出来になってしまうなど、色々あるので
被写体(?)探しに難儀してしまうのは致し方ないけど。

…なんて書いていたら、ますます「本物のデジカメ」が
欲しくなってきた。ある意味自業自得って感じだなあ…。

いきなり電源が落ちた。 

例の「デジカメ的に使えなくもないような機械」で
今日もちょこちょこ町の風景的なものを撮っていたら
なんだか途中で画面がちらつき始めた。

それでも数分は動いていたのだけれど
そのままの状態で数分間ほったらかしていたら
画面が真っ暗になっていた。

…いきなり電源が落ちたみたいだ。

電源のボタンを押しても反応がないので
どうやら電池が切れたらしい。


仕方ないので、帰宅してからずっと充電中…。

帰り道で…。 

昨日も書いた「デジカメ的に使えなくもないような機械」で
なんとなく何かを撮ってみたくなったので、撮ってみた。




いやあ、ブレまくりもいいところ。
やっぱり「本物のデジカメ」でシャッタースピードの
早いものの方が自分には合ってるんだろうな…と痛感した。

まあでも、せっかく買ったものなので
もうしばらく遊んでみることにしようかな。



つーか「被写体」もうちょっと選べって感じ?

デジカメが欲しかった…。 

ふと立ち寄った店で「デジカメ置いてないかな…」と
ぶらついていたら、デジカメ的に使えなくもないような
機械が手ごろ(?)な価格で置かれていたので
数分悩んだ挙句、それを買って帰ってきた。

その機械で初めて写してみたのが、これ。

20070621-01.jpg


…何やってるんだろう、自分。

FC2トラックバックテーマ第290回「使っている目覚ましはこんな音」。 

数日前のテーマだけど…これにも参加してみる。

ここ数年、基本的には起きたい時間より
少し早い時間からFMラジオが鳴るようにセットしています。
まあ、それでいい感じに起きられるかどうかというのは
日によって違ったりするのが玉に瑕ですが…。


旅先でホテルに泊まっている時は
チェックアウトのリミットを超えるとヤバいので
ラジオに加えてPHSのアラームも併用しています。
音は…予め入っているオーソドックスなものです。

まあ、「慣れない場所」というのもあって
セットしている時間より少し早めに目が覚める事の方が
多かったりするのですが、転ばぬ先の杖って感じでしょうか…。

紺野あさ美、フットサルチーム「Gatas Brilhantes H.P.」の一員として復帰決定。 

朝起きてネットに繋いだら
この話題が出ていて本当に驚いた。

個人的には「また頑張っている姿を見られる」のが
凄く喜ばしいことで本当に嬉しいことではあるのだけれど。

普通に高校生をやってからの大学生活でも
場合によっては難しかったりすることがあるだろうに
紺野の場合、高校を完全にすっ飛ばしている状態なので
「大学生活」そのものには慣れてきていても
勉強は大丈夫かな…というのが結構心配だったり…。

なので、学業に全く支障のない範囲でだけ
活動してくれていれば、それで十分かなあ…なんて。



…まあ、そんな事言ってもいざ活動再開したら
「もっと、もっと!」って言ってたりして(苦笑)。

FC2トラックバックテーマ第289回「大人になったら出来るようになると思っていたのに…」。 

数日前に出たテーマに参加してみる。

ある意味月並みかもしれませんが、いい大学を出て
有名な企業に就職して、それなりに普通(?)な生活をして
結婚して子供もいる…というような事ですかね。

現段階ではどれ一つ現実のものとはならず…(汗)。

今は今でそれなりに楽しいんですけどね。
でもなんか世間的にはダメダメなんだろうなあ…と思ったりします。

安室奈美恵、オールナイトニッポンに25日初登場。 

ANNのCMのひとつとして
「16日に公開録音をやるので参加希望者の応募待ってます」
的な内容がしばらく流れていたので、個人的には放送日が
どうなるのか気になっていた「安室奈美恵のANN」。

現在在京局はレーティングの真っ最中なので
もしかするとその期間中に…なんてことも思ったのだが
昨日の模様が今日のスポーツ紙に掲載されたようで
そこで日程も6/25(月)と出ていたみたいだった。

今回は全曜日真っ向勝負(?)に出るという事で
まあそれはそれで頑張れ、という感じではあるのだが
…終わってすぐってのもなんかあからさまだなあ…。

めちゃイケ「恋のカマ騒ぎ」で庄司に関する意外な事実発覚(?)。 

例のネタを何か話すのか!?みたいな感じで
見ていたけれど、まんまと引っ張られた気分だけど…。

「前の彼女」がネットアイドルだったなんて話が
周囲の出演者から出てきてビックリした。

品川の「ネットアイドルから地上波のアイドルへ」なんて
発言を聞いてなんだか凄い遍歴だな…とか思ってしまったあたり
なんだか他人事と化しているよなあ、なんて。

とあるブログを見ていたら…。 

なんとタイトルとハンドルネームがガラっと変わっていた。

違うところを開いてしまったかとビックリしたけど
どうやら気分的なもので変えてみたようだ。

そこは「見てるだけ」なROM専状態なのだが
そんな自分でも驚いたんだから交流してる人たちは
更にビックリしたんだろうな…とふと思った。

FC2トラックバックテーマ第288回「季節外れのあのアイテム」「季節外れのあのアイテム」。 

書けそうだと思ったテーマという事で参加してみる。

うちの場合はホットカーペットですね。
しまうのが面倒臭すぎる、というそれだけの理由ですが…。

電源入れなければただの敷物なんでしょうし。
…と思ったけれど水分こぼしたりしないように
普通の敷物以上に気をつけないといけないんですよね…。
まあ、寝室限定なので水分こぼすような事もあまりないでしょうが。

AAAというユニットから脱退者が出たらしい。 

ニッポン放送他ネットで放送している夜ワイド(?)
「東貴博ニッポン全国ラジベガス」?「東貴博のヤンピース」内で
1年半に渡って「AAAのA?お話」という箱番組をやっていた
avexの男女混合8人ユニット、AAA(トリプルエー)。

昨年夏ごろからは固定された4人しか出演しなくなって
なんだかなあ…と思っていたら番組自体が終わったのだけど
「出なくなった方」のうち1人だった後藤友香里が
どうやら脱退したらしい、という話を聞いた。

昨年秋ごろに一度「体調不良」でしばらく休んでいたが
復活していた、なんて事を聞いていたけれどどうやら
先月また体調を崩したとかで…完治までに長期間を要する為
協議の結果「AAAとしての活動を終了して治療に専念」させるのだとか。

なんというか、色々よぎることがないではないけれど
とにかく今までお疲れ様でした、という感じかな。
まあゆっくりと休んでください。

山崎製パン「ランチパック ナポリタンスパゲティ」を食べてみた。 

昨日の記事を書いてからランチパックについて調べたら
「オビラジR」とのコラボ品「ナポリタンスパゲティ」が
今日から発売ということで、今日もコンビニで買ってきた(笑)。

とりあえず今1つ食べてみたけど
パンとスパゲティの味が見事にマッチして美味しい。
1袋といわず、何袋でも食べられそうな軽さも良い感じ。

…渋皮マロンより更に10円高い(税込168円)のがちょっと厳しいけど。

山崎製パン「ランチパック 渋皮マロン」を食べてみた。 

20070611205625

先週放送の「オリエンタルラジオのANNR」を
録音しておいたのを聞いていたら、「ランチパック」の
渋皮マロン味(という表現でいいのか?)が差し入れされたとの話題。

TBS系の深夜番組「オビラジR」の企画で生まれた
ラインナップという事だが、オリラジの2人が
「やっぱり美味しい」とか凄く言っているのを聞いて
ちょうど空腹だったのでコンビニで買ってみた。

確かに美味しい。
モンブランなんかはそれほど好きでもないが
これは普通に食べられてなかなかいい感じである。
今後ナポリタン味みたいなのも出るらしいので期待しようかな…。


パッケージのイラストが、オリジナルは男女ペアなせいか
藤森はその女性側の流用でポニーテール付になっていて
それに対して藤森がちょっと微妙な反応をしていたのには笑ったけど。

昨夜放送の「ポルノグラフィティ岡野昭仁のANN」に福山雅治と荘口彰久が乱入。 

土曜日の晩は、毎週毎週「福山雅治の魂のラジオ(以下魂ラジ)」と
「岡野昭仁のANN」「ANNR(週替わり)」を連続で
録音しておいて後日聞く…というスタイルになっている。

まあANNとかは録音しているにもかかわらず
ボーっと流し聞きしていることも多かったりするのだが。


昨夜はANNが始まって10分ほど経ったところで
ふと思い出して「なんとなく聞いてみるか」と
地元のネット局へチューニングしてみると…なんと
「魂ラジ」終了後の福山雅治&荘口彰久が乱入しているではないか!

「魂ラジ」で「ラジオ国の国王」と名乗っている福山と
元々ニッポン放送の局アナで百戦錬磨(!?)な荘口のおかげで
話があちらこちらへ流れて行き、福山がサザンオールスターズの
桑田佳祐と話そうとして自宅へ電話したら原由子が出たとか
岡野の悩みに対して相談に乗る福山の図があったりとか
…大半がフリートークだったのに、飽きなかった。


そんなわけで、自分的に「なんとなく聞く」どころでは
ない感じのテンションになってしまって、聞きながら
寝入るつもりが目が冴えまくって…そのままANNRの冒頭まで
しっかりと聞き続けてしまうという誤算が起こった。

朝から出かけるために少しでも寝ておくつもりだったのに…
でも、今日一日あまり眠くならなかったので結果オーライかなあ。

仕事が忙しくなって…。 

帰宅後食事終わって一息ついたらもうこんな時間…。

普段だったら「食事終わって一息」はもっと早い時間だから
そういう意味では「自分の時間がない」という気がするけれど
その分給料入るからいいか…でも…うーん。

面白い話が出来る人になりたい。 

「面白くて、かつオチのある話が出来るようになりたい」
というのはかねがね思っていることで…でも出来ない。

思ったことをそのまま言葉にしてしまうので
物事の流れすらうまく話せないことも多々ある。

そして、言葉のキャッチボールがあまり得意ではない(?)ので
多人数でワイワイ話している時はまだいいのだけれど
1対1になると、相手が凄く喋る人でもない限り沈黙だらけ…。

とまあ、「話すこと」は嫌いではないけど
うまく出来なくてなんだかんだ悩んでいるわけで。


今年1月からANN水曜1部を担当している俳優の小栗旬は
番組内で「面白く話せない…」とよく口にしていて
「撮影現場でも、俺より他の俳優さんの話の方が面白い」のに
自分がラジオをやっている、という事を矛盾と考えているようだ。

先日のエンディングでは、ついに「どうやったら面白くなるか」を
リスナーから募集してしまおうとまで言い出していた。

…まあ、初回に比べればかなり慣れてはいるように思えるし
少し前に映画「キサラギ」の監督がゲストに来た際にも
「ちゃんと仕切ってるね、凄いよ」とか言われていたけれど
本人的にはまだまだ…といった感じなんだろう。

しかし、リスナーから募集というけれど
聞いているのは「花より男子の花沢類」とかで惹かれた
女性ファンが多いんだろうし…建設的な意見って出るのだろうか?
なんて事をふと思ってしまうのはなんでだろう…。

仕事中の眠気対策…。 

ITmedia Biz.ID:仕事中に避けられない「眠気」――9つのシーン別対策
http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0706/07/news038.html

なんとなく目に付いたので読んでみたけれど
対策の一覧表を見ながら「なるほどなあ」と思うことは
たくさんあるのだけれど、自分の仕事で実行できそうな事といえば
チョコやガムを口に入れるくらいしかないのかも…。

トイレで仮眠を取ろうにも、洋式トイレがほとんどないから
確実に実行できる手段ではないのが悩みどころだったり。

気がつけば 忙しくなる 仕事かな。 

まだまだ…と思っていたのに、気がついたら
急に忙しくなってきたので、休み明けだというのに
なんだかフルスロットルな感じで仕事をしていた。

結果、明日への積み残しはなくて済んだものの
…この勢いで5日間とか、どう考えても絶対無理っす。

ヤンピース、次回レーティングもリスナーへ生電話企画。 

今年度に入ってから、月?木曜と金曜で
明らかにカラーが違う感じになってきたヤンピース。


4月のレーティングでは、ニッポン放送の夜帯全体で
「リスナーへの生電話」という縛りをかけたような感じで
「その一環として」ヤンピースも電話企画をやっていた。

だが、今回はヤンピースのみが「好評だったから」と
月?木曜、金曜共に4月同様の企画をやるようである。


「好評…だったんだろうか???」
という疑問で頭の中は一杯になってしまうのだけど、どうだろう。


ゲスト出演する芸能人のファンならば、「もしかすると
電話で話せるかも!!」と期待を抱いたりするのは当然だろうし
そういう人たちがたくさん応募してくれて、聞いてくれて…
というのを狙っているのは凄くよくわかるのだけれど。

電話希望者を募集するのに「携帯と家の電話、両方の番号を」と
言っていたのを大して気にも留めていなかったが、ふたを開けたら
「家の電話にしかかけない」という有様で、どうやら携帯しか
持ってないらしい人がマンションの管理人室の電話番号を
書いていたっぽい、なんて事もあったり…。

「ガチンコでいきなり生電話」という企画のせいもあるが
金曜の山里はまだしも、月?木曜の東に関しては
応募した本人じゃなさそうな人が電話口に出た場合にも
「ラジオ番組の企画なんです」的な説明を一切せずに
押し切る
という場面が非常に多かったので
単に聞いているだけの身としては、ハラハラし通しだったり
「夜遅いのに非常識だろう」という嫌な気分になったり…。


「携帯電話にかけるつもりは一切ない」のなら、あらかじめ
その旨をアナウンスした上で募集した方がいいだろうし
出たのが本人じゃなさげなら、「ラジオ番組の企画で○○さんから
応募していただいたので電話しました」的な説明は絶対必要だと思う。

時間帯としては「夜遅い」のに事情説明すらしないんじゃ
「迷惑だ」等、相手先に怒られても仕方ないんではなかろうか。


…来週再来週、またこんな憂鬱な思いが待っているのかと思うと
今からうんざりするというか、頭が痛くなってくる。
「聞かない」という選択肢もあるけど、ずっと聞いているので
それを選ぶのもなんとも微妙な思いがあるし…はあ。

more

角銅Dが答える「ヤンピース」に関するQ&A。 

ニッポン放送が毎月発行しているタイムテーブルの冊子。
その中で今月から「THE BACK SCENE 番組のウラガワ」という
企画ページがスタートしたそうで、その第1回のターゲットに
「ヤンピース」担当の角銅ディレクターが選ばれていた。

角銅Dと言えば最近ではナイナイANNとか「魂のラジオ」等も
担当しているようだが、今回はヤンピースについての紹介記事。
番組について5つの質問をされていて、それに答えるという形だった。
以下、そのQ&A。

more

6/1放送「俺もドリカムだっ!中村正人のANN」。 

オールナイトニッポン(以下ANN)の40周年企画という事で
昨年10月から一夜限りの特番を毎月行っているニッポン放送。
今月はとりあえず6/1(金)にDREAMS COME TRUEの中村正人を
メインに据えた「俺もドリカムだっ!中村正人のANN」をOAした。


事前告知の感じだと、完全に中村(と作家)のみが
スタジオにいるのだとばかり思っていたのだけれど
開始してまもなく、中村のトークを遮る女性の声が…。

前日5/31にイマジンスタジオで行われた公開録音にて
「初仕事」を行った見習いAD「ワミダ・シヨ」とその女性は
名乗っていたけれど…あの人だってバレバレ(笑)。

気がついたら、中村のANNと言うよりは
ドリカムのANN(笑)になっていた感じがしたのだけれど
それはそれ。とても面白くて眠気が吹っ飛んでしまった。


また全国ネットでドリカムのラジオを聞きたいなあ…。

FC2トラックバックテーマ第280回「タイピング、キーを見ないで打てる?」。 

当日書こうと思ったらサーバーが重過ぎて
「新しい記事を書く」の画面に全く進めなかったテーマ
に参加してみる。


タッチタイピングのポイントみたいな事は
授業で習ったのかもしれないし、自分でも練習用の
簡単なゲームみたいな物を何度かやったことはあるけれど
レベル的には「出来なくはない」という感じですかね…。

ローマ字打ちなので、それであまり使うことのないキーは
ちっとも覚えていませんし、英語として入力する時には
キーボードを見ないと打てません…どのアルファベットが
どこにあるとか、そういう感覚で覚えてはいないので。
(英語も苦手なので、そういう機会は曲のタイトル等を
入力する時くらいしかなかったりするわけですが…)

一般的なデスクトップ用のテンキー付キーボードから入ったので
数字は基本的にはテンキーで打っていて、ノートPCとか触ったときに
何か数字を入力しなければならない時には四苦八苦してます。
(数字だけでいい時は擬似的にテンキーに出来る機能を使いますが)

あと、数字のキーと同じ段にあるキーも結構苦手で
打ち間違うこともしょっちゅう…というか「ー」のある位置以外
あまりちゃんと覚えていないような気がしないでもないですね(汗)。


という感じで結構自己流な気がしないでもないのですが
一応それなりにタッチタイピング「みたいなもの」が
出来るようになったきっかけは…チャットだったかもしれません。

以前興味を持っていたことのファンサイトみたいな場所で
他の人たちと掲示板でやりとりしたりチャットで話すのが
本当に楽しくて、少しずつ慣れつつあった「ちゃんとした
タイピング(に近い形)でキーボードを見ないようにして打つ」
という事への慣れが加速していったような…。

慣れが加速すると打つスピードもそれなりには上がるもので
今や手書きで文章を書くよりもいくらか早いかも…な勢いで
打てるようにはなりましたが、あくまで自己流(?)なので
スピードを上げるにも限度があるというか、打ち間違いも
しょっちゅうやってますね…まあ仕方ないですが。

藤本美貴が「MBSヤングタウン土曜日」でコメント。 

昨夜、MBSラジオの番組サイトにて今日の予告がUPされていて
その中に「★藤本美貴からのコメント」と書かれていた。

一体何を言うんだか…そして今後の「ヤン娘。」とやらは
どうなるのか…というのがたぶん今夜の放送で明らかになるんだろう。
野球中継の関係で開始が30分遅れるが、とりあえず聞こう…。

more

藤本美貴、結局モーニング娘。を脱退。 

『モーニング娘。』リーダー「藤本美貴」についての重要なお知らせ
http://www.helloproject.com/newslist/hujimoto_0706011852.html

矢口真里の時にはFRIDAYの発売日前日の段階で
即こんな感じの発表があったわけだけど
今回は時間がかかりまくったなあ…という印象。

だけど、リーダー在任期間の最短記録を更新しちゃったのは
紛れもない事実であって…うーん、この先どうなっちゃうんだろう。