とんでもない瞬間を聞いた。 

TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」をradiko.jp経由で聞いた。

今日の放送は、映画の宣伝込みで「とんねるず」木梨憲武がゲスト出演。
リスナーからの相談に答えるコーナーにも参加していたのだが、今回は
22歳の大卒フリーター(?)が「才能って何?」と進路を決められずにいる
…という内容で、木梨が「うちの一番上と年一緒」とかなんとかでビックリ。

で…この先どう書こうかと思ったが、ラジオ番組の書き起こしをされている
サイトさんに、偶然この時の模様の分も既に掲載されていたのでリンク。

木梨憲武お悩み相談「自分の才能や合う仕事がわかりません(22才男性)」
https://miyearnzzlabo.com/archives/49657

普段は普通に相談に乗る、という感じのコーナーだが、今回木梨は
「映画の宣伝絡みでゲスト出演」という事もあって、その映画に絡む人に
「会ってください」「20日に舞台挨拶があるから。そこにまず来させます」。

コーナー開始15分前に相談内容を知らされて、あっさり決めるとか…
外出中だったのだが、思わず「嘘!?」と声を出してしまったし
Twitterのハッシュタグ「#so954」上でも騒然としていたし。

木梨憲武、とんでもない人だなあ…と思った。

スポンサーサイト

「楠田枝里子です!」。 

1ヵ月半ほど前の、首都圏レーティング期間中の話。

radiko.jp経由でTBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」を聞いたりも
しているのだが…その時火曜日のゲストで出たのが、楠田枝里子。

レギュラーの2人が楠田を迎えた直後だったか、何故だかいきなり
「…あのお、(苗字の読みって)【くすだ】ですか、【くすた】ですか?」
というような問いかけをしたのだが、本人の返答になんかビックリ。


・本来は「くすた」であり「田」の読みは濁らない

・メディアに出始めた頃、自分では普通に名乗っていたのだが
周囲からは「くすだ」と呼ばれてばかりでその度に訂正していた

・数ヶ月後、いちいち訂正するのに疲れ自ら「くすだ」と言い出した

・だからどっちで呼んでくれても構わない


今更、改めて検索したら公式サイトのタイトルに「Eriko Kusuta」と
あるのだけれども、こんな機会でもなかったら知らなかった。
地名人名の読みって「キラキラネーム」じゃなくても難しいなあ…。


…なんてネタをなぜ今更書いたのかというと、再来週の同番組に
楠田が再登場する、という発表で「くすたえりこさん」とキチンと
紹介していたのを聞きながら「あ!」と思ったからだったりする。

前回、火曜日担当・杉山真也アナの番組をチェックしまくるほど
好きとか言っていたのが強烈だったが…今度はどうなるんだろう。

「ヤンヤンガールズ」6期・山根千佳がニッポン放送でアシスタントデビューとか。 

https://twitter.com/yamane_chika/status/981030865420500993

>「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」
>今日から東MAXさんと生放送でした



某プリペイドSIMを入れたSIMフリースマートフォンでradiko.jpを聞くことが
出来る…という状況になってから、めっきり聞かなくなってしまった
MBSラジオ「オレたちゴチャ・まぜっ!~集まれヤンヤン~」。

レギュラーの若手女性タレント軍団(?)「ヤンヤンガールズ」で
まだ個人的に聞いていた頃のメンバーだった「相撲大好きガール」の
山根が、個人的に熱を入れて聞いていた「ニッポン全国ラジベガス」
「ヤンピース」の東MAXこと東貴博のアシスタントという立場で
ニッポン放送にレギュラー出演、というのがなぜだか興奮もので。

たまたま予定がなかったので、「初日」を聞いてみたのだけれども。

発表になった際はヤンヤンガールズ当時の事をなんとなく頭に
浮かべて「きっと大丈夫」みたいな根拠のない思いを抱いたのだが
「実は相撲関連以外の漢字にめっきり弱い」「本番前にスタッフが
付きっ切りでレクチャーしてたけど当日にやる!?」的な話が
オープニングから聞こえてきたので一気に不安モードに…。

原稿読みの面では親戚モードで祈る思いになってしまったりも
したけれど、ゲスト・渡辺正行(娘が今日大学の入学式を迎えて
見に行った後の出演だったらしい)との「父目線」vs「娘目線」な
トーク展開では度胸が良い感じで喋れていたのでは…と思ったり。

東とも「親子でもおかしくない」年齢差らしいのだけれども
長続き出来ますように…なんて親戚モードで勝手に祈るばかり。

「radiko.jp」ジャニーズタレント番組の「有料聴取解禁」とか。 

radiko、ジャニーズタレント番組がエリア&タイムフリーに対応 - ITmedia NEWS
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1803/27/news097.html

2018年03月27日(火)
ラジコの『エリアフリー聴取(ラジコプレミアム)』と『タイムフリー聴取』で 2018年4月1日(日)より ジャニーズ事務所所属出演者の番組が聴取可能に
http://radiko.jp/newsrelease/pdf/20180327_001_pressrelease.pdf
(PDFファイル)


mixiニュース経由で読んだ記事より。

某巨大掲示板にある日本全国の改編情報を集めるスレッドを眺めていたら
とある地方局の改編情報を掲載しているページにおいて「今春からradiko.jpで
越境聴取出来ないジャニーズ事務所の人の番組を新たにネット!(意訳)」的な
謳い文句が書いてあった…というレスがあり、その時点では確かに書いてあり。

…これを書いている時点で見たら、まだ記述残ってるけどどうするんだろう。


というのはともかく、個人的にはMBSラジオ「アッパレやってまーす!」のような
「複数出演者がいるのにうち1名のせいで…」がなくなる事がとても喜ばしいので
共演者のファンの皆様におかれましては「本当におめでとうございます」な気分。

「オールナイトニッポンR」、満20年で歴史に幕とか…。 

昨日の記事の続きのようなもの。


CreepyNuts、根本宗子&長井短、四千頭身!「オールナイトニッポン0」の新パーソナリティが決定 | オールナイトニッポン.com ラジオAM1242+FM93
http://www.allnightnippon.com/news/20180323-17476/

>■番組タイトル:ニッポン放送「オールナイトニッポン0(ZERO)」
>■放送日時:月曜~木曜日深夜3時~4時30分/金曜日深夜3時~5時/土曜日深夜3時~4時30分 ニッポン放送をキーステーションに全国ネット
>■パーソナリティ(2018年4月2日より):
>(月)根本宗子と長井短 (火)CreepyNuts (水)乃木坂46・新内眞衣 (木)四千頭身 (金)三四郎 (土)週替わり(月1回担当・・・WANIMA、健太郎)




Wikipedia情報が正しいのであれば、1998年春改編にて「2部枠」には
別のタイトルを設ける…という制度が始まった際に出てきたのが「R」。

以降、表記変更だの何だのありつつも「オールナイトニッポンR」という
呼び方をする2部枠が残り続けて来たわけだが、上記内容からすれば
今春の改編をもってとうとう消滅、というのが正式に確定したようで…。

WANIMAが異動する件、気付けば「土曜R」月1レギュラーを長年続けていた
(「R」名義でのレギュラー「期間」だけなら多分歴代最長になってしまった)
声優ユニット「スフィア」が一時活動休止に伴い(?)離れたこと…あたり
影響したのだろうか、と勝手に憶測するけれど、今更なぜ?感が強いかも。

個人的には「金曜R」オリエンタルラジオの思い出が一番強かったりするので
そういう記憶が更に「過去」へ遠ざかってしまう気がして、なんとも寂しい…。

「オールナイトニッポン」2部枠、全曜日共通化へ(?)。 

健太郎「オールナイトニッポン0」レギュラー決定<本人コメント> - モデルプレス
https://mdpr.jp/news/detail/1754689

>月に一度ニッポン放送「健太郎のオールナイトニッポン0(ZERO)」(毎週土曜深夜3時~4時30分 ※全国ネット)を担当する




mixiニュース経由で読んだ記事より。

「44年6ヶ月目」あたりから現時点まで、月~金曜が「0(ZERO)」で
土曜が「R」という二段構え状態が続いていたANNの2部枠。

先日、現火曜ANN0のWANIMAが「土曜での月1回放送へ移行」と発表して
(ANNGOLDにおける広瀬香美状態になりかねん…)と思ったりしていたし
その際発表になったタイトルに「R」が入っていなくて「?」気分ではあった。

が、今日発表されたこの件で「ど、土曜にANN0だと!?」とビックリ。

更に、某巨大掲示板にて大分放送ラジオのサイトで3/31の番組表の方で
「ANNR」の欄に「終」のマークが…との情報があって、確認してみたら
「終」マークが地の色と黄緑色とが交互に…点滅のような状態にされていて
「単にネットを打ち切る」なのか、「ANN0になるが故」なのかがなんだか謎…。

今のところ、ANN系統の改編は上述2件と「ANN0」月曜&木曜に関して
1年契約満了(あくまでこれまでの状況からの憶測)という事しかわからず。
ここまで遅いのは近年稀なので、余計にやきもきするというか…。

来月、ANNきっかけの小説をラジオドラマとして放送とか。 

ANN50周年ラジオドラマ 菅田将暉、上白石萌音、山下健二郎、花江夏樹ら出演 | ORICON NEWS
https://www.oricon.co.jp/news/2107800/full/

菅田将暉・上白石萌音・山下健二郎・花江夏樹らが出演!ラジオドラマ「明るい夜に出かけて」放送決定! | オールナイトニッポン.com ラジオAM1242+FM93
http://www.allnightnippon.com/news/20180319-17292/

佐藤多佳子 『明るい夜に出かけて』 | 新潮社
http://www.shinchosha.co.jp/book/419004/


mixiニュース経由で読んだ記事より。
まあ、発表は昨日だったのだけれども。

菅田ANN内で4/16に放送、しかも今回発表された第一弾出演者は
声優である花江(今月まで文化放送で生番組持ってるのに…)以外
ニッポン放送の現役パーソナリティが集結、という要素もあったりして
どう見ても「4月期レーティング企画」だなあ…が真っ先に浮かんだ。

が、「アルコ&ピースのオールナイトニッポン0(ZERO)」の第1期に
リンクさせて書かれた小説を、今回ラジオドラマ化…というので
(当時の?)リスナー達は色々とネット上で吐き出しているらしく。
このドラマの為にアルピーをニッポン放送の何かに出させろ、とか。

でも、「多分レーティング企画」というのが微妙なポイントで。

現在TBSラジオにて、火曜24時台のレギュラーを持つアルピー。
「真裏」な「JUNK枠」ではないとは言っても、ドラマ用に当時の音源を
引っ張り出して…というのすら大丈夫かどうか、よくわからないなあ。

現在火曜1部の星野源、金曜JUNKのバナナマンはかなり前から
「バナナマン日村勇紀の誕生日に星野がお祝いする」流れがあって
星野が1部レギュラーになった際「レーティング週じゃなければ今後も
構わない」と言質をもらった、的な話を番組内でしていた記憶があり
今年1/30にはとうとうバナナマン側が星野の誕生祝にやって来た
…なんて出来事もあったりしたのだけれど…今回はどうだろう。

改編情報にそこまで興味が向かない(?)。 

3月に入って1週間が経過し、そろそろ本格的に春改編に向けての情報が
あちこちから出だす頃だったりするのだが…今のところ、なぜかその辺鈍感で。

とりあえず、ニッポン放送関連で「飯田浩司アナが一部リスナーの憶測通り
早朝ワイド枠を担当することになった」「新保友映アナが3月一杯で退職する」
くらいの情報しか…あ、よく考えたらドラマ「バイプレイヤーズ」のせいか。

日本代表選手、オリンピックで今日もメダル獲得したとか。 

今週の月曜日、ニッポン放送「土屋礼央 レオなるど」に活動再開を発表した
2人組ユニット「SURFACE」がゲスト出演した模様をradiko.jpで聞いていた。

冬季オリンピックと密接な関係が!?SURFACE登場! - 土屋礼央 レオなるど | 毎週月~木 13:00〜16:00 | AM1242 FM93 ニッポン放送
http://www.1242.com/radio/reo/archives/5490

放送内容の概要は上記リンク先にも書かれているわけなのだけれども
SURFACEの状況と呼応するかのように日本代表選手がメダルを獲得した
合計数が変動している、ゲスト出演日現在では「長野オリンピックと同等の
合計数」であったので「SURFACEが活動再開だって言うからメダルが増えた!」
「ずっと頑張ってもらわないと!」とかいう「ネタ話」のような展開で終わって
強引だなあ、と思いつつニヤニヤ笑って聞いていたのだった。

それから数日…明日が閉会式というタイミングで2組が別々の競技にて
メダルを獲得して、気が付けば長年「冬季五輪で日本代表選手がメダルを
獲得した量が一番多い大会」の座をキープしていた長野オリンピックを
引き離すかのように引き摺り下ろした(?)大会になっていてビックリ。

まさか、本当にSURFACEのおかげ…って半分信じそうになってるかも。

ニッポン放送、平日一部枠を「改編」する事が判明とか。 

「高嶋ひでたけのあさラジ!」3月30日で終了へ - 芸能 : 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201802190000534.html

mixiニュース経由で読んだ記事より。

今日は、上記番組と夕方ワイド「ザ・ボイス そこまで言うか!」の冒頭にて
それぞれ3月一杯での終了発表をしたらしく、後者の方に関してはTwitterの
ハッシュタグ「#voice1242」を眺めたら「…まさか(アンカーとして出演している)
飯田アナがあさラジ!の枠で新番組担当?」みたいな憶測をしている人も
ちらほら見かけたりして、もし実現するなら凄い若返りぶりだなあ…なんて。

飯田浩司アナって、入社間もない頃からずっとネタにされてきたけれども
見た目がどうにもベテランぽさを醸し出していて、しかも今の担当番組での
動きっぷりとかでその傾向が更に…確認したらまだ36歳になったところって。
局内だと、数歳上の先輩アナウンサーの方が圧倒的に若く見えるしなあ。

実際にどうなるのかはレーティング終了後あたりに発表されるとは思うが
…レーティングの直前に発表した事で「有終の美」を飾れたりするんだろうか。