逆戻りして「あーやっぱり」感。 

今春まで「オールナイトニッポン MUSIC 10」の月1レギュラーだった
松田聖子が、「オールナイトニッポンGOLDへお引越し」宣言したのが
3月末という状況だったのだが、その「第1回」が今放送中だったりする。

出だしで「憧れのビタースウィートサンバをバックに喋れるだなんて!」
とかなんとか、過去に何回も単発やってその度に流れてただろうと
思ったり(後から一応その辺のフォローも自身でしていたけれども)
途中からアシスタント的にニッポン放送・垣花正アナが出て来たりと
なんていうか、単発時代の感じに逆戻りしてしまっていてため息。

「MUSIC 10」時代を「リクエスト(メッセージ)をきちんと読まなきゃとか
緊張していた」とか振り返っていたけれど、「番組の体裁から考えたら
本人曲のかかる割合が多過ぎた」という点を除いては「GOLD」よりも
むしろ「MUSIC 10」の松田聖子の方が好きだったかも…と今更思ったり。

スポンサーサイト

なんだか勝手に申し訳ない気分。 

プリペイドSIMを入れたSIMフリースマートフォンで、radiko.jpで首都圏の
放送局の番組を聞くのがマイブームになってそこそこの月日が経過した。

元々は夜間に遠距離受信してニッポン放送を聞くのが好きだったし
JFN・TOKYO FM制作の番組を聞くのだって「馴染み」だったのに
最近はTBSラジオやらBAYFMやらの一部番組も聞くように…。

というわけで、21時台までTBSラジオを垂れ流ししていた時のこと。

KBS京都にもネットしているらしい「さかなクンのレッツ・ギョ~!!」を
本当にBGM状態にしていたところ、いきなりメインのさかなクンが

「モーニング娘。さんで、【直感2~逃した魚は大きいぞ!~】」

的なことを言い出したので「!?」と思っていたら普通に曲が流れた。
1コーラスは確実にオンエアされた。
聞いていてビビッた。

さかなクン含めた3名のパーソナリティが魚関連の話をする番組のようで
だからこそサブタイトルに「魚」の文字が入ったこの曲を…なんだろうが
ことわざの「逃した魚は大きい」が歌詞のテーマであるはずなので
番組の趣旨には「魚という単語」くらいしか沿っていない…きっと。

「アルバム収録曲を改変してシングルカット」したものの、個人的にも
当時のネット上での雰囲気的にも「元のアルバム曲の方が良かった」
という感想が多かった記憶のある曲だったこともあって、超久々に
しっかり聞いたような気もするのだけれど…ご期待に沿えないような
内容の歌詞なので、現状ただの超ライトファンレベルだというのに
なんとも申し訳なくて謝りたくて、という気分になってしまった。

「納豆おにぎり」の謎(?)。 

JFN系「NISSAN あ、安部礼司 ~ BEYOND THE AVERAGE ~」の話。

忙しさの渦に巻き込まれ始めた関係で、しばらくは「ラッキーなら3本立ての
2・3本目だけ聞けるが、アンラッキーなら一切聞けない」状況に突入した。

今日はラッキーな方だったのだが、3本目のストーリーの中で主人公の
息子(小学校中学年)が「我が家の味はママの納豆おにぎり!妹(3歳)が
一番好きだから」的な事を言いながら、そのママが不在のためどうにか
作ってみようとするも大失敗…という流れがあったのだけれども。

…「納豆おにぎり」って何?

とか思ったら、某有名レシピ共有サイトで数十種類ほどの自作レシピが
引っかかるような代物であるらしく…タイトルと写真しか見ていないけれど。

個人的に、納豆は元々苦手で親に「納豆好きな親からなんでこんな子が」
とか言われていたものだと思い出すが、以前ダスキン系列だったという
海鮮丼店「ザ・どん」(いつの間にか系列から離れていたとはビックリ)で
「納豆ねぎとろ丼」というメニューにチャレンジしたのをきっかけとして
少しずつ食べられるようになったんだよなあ…とかなんとか。

そんな自分だけれども、いわゆる「納豆巻き」も食べたことないというのに
納豆おにぎりなんて…いつか、何らかの形で挑戦したりするのだろうか。
…まあ、仮にチャレンジするとしても、暑い時期が終わってからだな。

「よゐこ」濱口優、遂に結婚したとか。 

「ぐっちょん本当におめでとう」 濱口優の結婚に有野晋哉、武田真治、雛形あきこら“めちゃイケ”メンバーから祝福の声 - ねとらぼ
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1805/26/news022.html

mixiニュース経由で読んだ記事より、一番「まとまってそう」なのを。

相方・有野晋哉がTwitterにて
https://twitter.com/arimorokoshi415/status/1000014551515987971

>詳しくは #アッパレ月 にて冷やかします。



と一度ツイートしたものの、後になってから
https://twitter.com/arimorokoshi415/status/1000076358435799041

>その前に #ゴチャ10 で聞かれるのかな むむう どーしよー 呼ぶか #どっちを



なんてツイートをしたりしているものだから…まさか今夜のラジオ番組
「オレたちゴチャ・まぜっ!~集まれヤンヤン~」でも何か話が!?なんて
思ったりするのだけれども、開始時刻まで起きていられる自信は、ない。
タイマー録音はしかけているので、後日それを聞くか…なんか悔しい。

山口達也「TOKIO」脱退につき(?)松岡昌宏が穴埋めとか。 

新番組「TOKIO WALKER」開始のお知らせ FM NACK5 79.5MHz エフエムナックファイブ
https://www.nack5.co.jp/information_1468.shtml

山口達也ラジオの後続番組は松岡昌宏が担当 『TOKIOWALKER』13日スタート | ORICON NEWS
https://www.oricon.co.jp/news/2110915/full/

>山口の番組は、先月26日に事件が発覚した直後の29日放送回は中止し、2日に終了が発表された。先月29日ときょう6日は、毎週日曜の午前8時から放送している『びーさんぼーいず~Be SUNDAY BOYS~』が朝7時から放送された。



山口達也の辞表受理経緯と今後つづる/ファクス全文 - ジャニーズ : 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201805060000805.html


プリペイドSIMを入れたSIMフリースマートフォンで、radiko.jp経由で
先週・今週といつもは聞く習慣もないNACK5の「繰上げ拡大版」な
生放送番組(普段4時間なのに、5時間…皆さんお疲れ様でした)の
冒頭部分だけを、なんとなくリアルタイム聴取してみた。

先週は「今週・来週はこの番組が7時からの放送ということになってて
それ以降は未定」という旨のアナウンスがあって、今朝は今朝で
「山口の番組は終わったと発表したが、来週からは新番組になる」
という旨のアナウンス。ほぼ同時にサイト上(一番上のリンク)も
更新していたらしいが、mixiニュースとYahoo!ニュースで見る感じ
各社のウェブサイトにこの旨の記事が出たのが19時台。

朝の7時過ぎには電波・局サイトの両方で発表になっていたというのに
半日経ってようやく記事にしたのかよ、というのがなんとも解せない…。

松岡は長年ニッポン放送でソロ番組もやっていたようなので
そういう意味では(AM・FMの差はあれど)不安はないっていうか。
よく考えたら、その番組が終わって以降はメンバーで唯一ラジオの
レギュラーなかったのかな…ピンチをチャンスと変えていけますように。

妙なタイミングで、リニューアル。 

JFN系「NISSAN あ、安部礼司 ~ BEYOND THE AVERAGE ~」。

2006年4月、それまでの「松任谷由実担当の番組」から
大きく変わり始まったのがこの番組だった、という記憶がある。

また当時は土曜日の同じ時間帯に「SUNTORY SATURDAY
WAITING BAR "AVANTI"」が放送されていて耳馴染みだったので
「…土日で同じ時間帯にラジオドラマ(大雑把)かよ」感が正直あって
(「―"AVANTI"」終了以降もその体制は続いているが)。

とりあえず、最初の数週間だけ聞いて一旦「もういいや」と思ったっけ。

なのに、いつの間にか「聞ける日は耳を傾ける」番組になっていて
なんだかんだでレギュラーメンバーには愛着もなんとなく抱いていて。


例年、春改編のタイミングをもって「シーズン切り替え」というパターンを
続けてきていたのに、先週のレーティング回は「過去12年間で番組内で
多くOAされたアーティストランキング&ミニストーリー」という形であり
「4月にこんなのやるかー?」とか思っていたのだが。

今日の放送分で、主人公の「ピンチを何度も救ってくれたデキる親友」が
突然「会社を辞めてアメリカへ旅立ち、新しい道を目指す」という流れになり
「番組は来週からリニューアル」「番組サイト内で展開していたメールマガジン
&主人公が書いているという体裁のブログも終了」と発表になり、ビックリ。

一体、何がどうなってこんな事に…タイミングが妙過ぎて、なんだか怖い。

どうかしてる(褒め言葉)。 

今日は、首都圏ラジオ局の4月期レーティング最終日。

ニッポン放送「高橋みなみと朝井リョウ ヨブンのこと」はネット局もあるのに
自局放送分のみ「生放送でフェス」という企画をなぜか実施したのだが…。

いきなり朝井がピアノで弾き語り。
いきなり番組ADがピアノでオープニング曲をたどたどしく弾く。
「ジングル制作」と称して朝井がCM明けでピアノ弾き語り。

と、それに関して高橋が突っ込んだりしている間に時間がドンドン過ぎて
最後は高橋のソロデビュー曲を朝井のピアノで生歌、という展開に。

学校で合唱をする際にピアノ係だった、という話を聞いた気もするが
オンエアを聞いている最中はそんな事をすっかり忘れていたので
「かなり軽やかに弾きこなす朝井」に高橋同様ビックリしてしまった。

…朝井のトリッキーさが、抜群に発揮されていて「どうかしていた」なあ。
バカバカしくて楽しかった。

とんでもない瞬間を聞いた。 

TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」をradiko.jp経由で聞いた。

今日の放送は、映画の宣伝込みで「とんねるず」木梨憲武がゲスト出演。
リスナーからの相談に答えるコーナーにも参加していたのだが、今回は
22歳の大卒フリーター(?)が「才能って何?」と進路を決められずにいる
…という内容で、木梨が「うちの一番上と年一緒」とかなんとかでビックリ。

で…この先どう書こうかと思ったが、ラジオ番組の書き起こしをされている
サイトさんに、偶然この時の模様の分も既に掲載されていたのでリンク。

木梨憲武お悩み相談「自分の才能や合う仕事がわかりません(22才男性)」
https://miyearnzzlabo.com/archives/49657

普段は普通に相談に乗る、という感じのコーナーだが、今回木梨は
「映画の宣伝絡みでゲスト出演」という事もあって、その映画に絡む人に
「会ってください」「20日に舞台挨拶があるから。そこにまず来させます」。

コーナー開始15分前に相談内容を知らされて、あっさり決めるとか…
外出中だったのだが、思わず「嘘!?」と声を出してしまったし
Twitterのハッシュタグ「#so954」上でも騒然としていたし。

木梨憲武、とんでもない人だなあ…と思った。

「楠田枝里子です!」。 

1ヵ月半ほど前の、首都圏レーティング期間中の話。

radiko.jp経由でTBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」を聞いたりも
しているのだが…その時火曜日のゲストで出たのが、楠田枝里子。

レギュラーの2人が楠田を迎えた直後だったか、何故だかいきなり
「…あのお、(苗字の読みって)【くすだ】ですか、【くすた】ですか?」
というような問いかけをしたのだが、本人の返答になんかビックリ。


・本来は「くすた」であり「田」の読みは濁らない

・メディアに出始めた頃、自分では普通に名乗っていたのだが
周囲からは「くすだ」と呼ばれてばかりでその度に訂正していた

・数ヶ月後、いちいち訂正するのに疲れ自ら「くすだ」と言い出した

・だからどっちで呼んでくれても構わない


今更、改めて検索したら公式サイトのタイトルに「Eriko Kusuta」と
あるのだけれども、こんな機会でもなかったら知らなかった。
地名人名の読みって「キラキラネーム」じゃなくても難しいなあ…。


…なんてネタをなぜ今更書いたのかというと、再来週の同番組に
楠田が再登場する、という発表で「くすたえりこさん」とキチンと
紹介していたのを聞きながら「あ!」と思ったからだったりする。

前回、火曜日担当・杉山真也アナの番組をチェックしまくるほど
好きとか言っていたのが強烈だったが…今度はどうなるんだろう。

「ヤンヤンガールズ」6期・山根千佳がニッポン放送でアシスタントデビューとか。 

https://twitter.com/yamane_chika/status/981030865420500993

>「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」
>今日から東MAXさんと生放送でした



某プリペイドSIMを入れたSIMフリースマートフォンでradiko.jpを聞くことが
出来る…という状況になってから、めっきり聞かなくなってしまった
MBSラジオ「オレたちゴチャ・まぜっ!~集まれヤンヤン~」。

レギュラーの若手女性タレント軍団(?)「ヤンヤンガールズ」で
まだ個人的に聞いていた頃のメンバーだった「相撲大好きガール」の
山根が、個人的に熱を入れて聞いていた「ニッポン全国ラジベガス」
「ヤンピース」の東MAXこと東貴博のアシスタントという立場で
ニッポン放送にレギュラー出演、というのがなぜだか興奮もので。

たまたま予定がなかったので、「初日」を聞いてみたのだけれども。

発表になった際はヤンヤンガールズ当時の事をなんとなく頭に
浮かべて「きっと大丈夫」みたいな根拠のない思いを抱いたのだが
「実は相撲関連以外の漢字にめっきり弱い」「本番前にスタッフが
付きっ切りでレクチャーしてたけど当日にやる!?」的な話が
オープニングから聞こえてきたので一気に不安モードに…。

原稿読みの面では親戚モードで祈る思いになってしまったりも
したけれど、ゲスト・渡辺正行(娘が今日大学の入学式を迎えて
見に行った後の出演だったらしい)との「父目線」vs「娘目線」な
トーク展開では度胸が良い感じで喋れていたのでは…と思ったり。

東とも「親子でもおかしくない」年齢差らしいのだけれども
長続き出来ますように…なんて親戚モードで勝手に祈るばかり。