「キネマ旬報5月上旬特別号」。 

普段は良くて立ち読み程度なのに、思わず買って来てしまった。
なぜかというと…
R0066041-re.jpg
巻頭特集が「追悼 現場者・大杉漣」。

ドラマ「バイプレイヤーズ」シリーズから、共演・田口トモロヲの談話と
監督・松居大悟の文章が掲載されていたので、是非手元に、と。

全22ページ(扉的なページを含む)のうち、とりあえず松居のページまで
読み進めて一旦閉じてしまったのだが(一番最後には「所属事務所の
代表取締役及び妻」の談話もあるので最終的には全てを読むつもり)。

松居は「バイプレイヤーズ」第1シーズンにて「主演たちと今まで関わりが
なかった人物」という事で抜擢されたようなので、必然的にその話題しか
ないのだが―報道で、「生前最後の撮影日は21時で終了した」と見てから
「実際に最後に撮ったシーン」について個人的に推測していたものが
当たっていたらしい、と文章から伝わって来て「ああ、やっぱり」と。

クランクアップまでの経緯も軽く触れられ、その後の「想い」も書かれて
最終回の放送日に番組サイトへ掲載された松居のコメントを読んだ時と
同様に、何度読んでも泣けて仕方がないというか…いつ書いたのだろう。


一方、トップに掲載されていた田口は様々な思い出話などをしていたが
「バイプレイヤーズ」に関して書かれている部分で印象に残ったのは―

>他のメンバーにとって、漣さんがやるから、というのは大きかったと思います。あれだけスケジュールの合わない人たちがやろうとなったのは、漣さんの吸引力。漣さんに誘われたら、それはもう断れないでしょう。



実は、インターネットを活用して第1シリーズも見てみたのだが、ある回の
トークコーナーにて寺島進(第2シリーズ不参加)が「バイプレイヤーズは
大杉さんが破綻したら終わり」的な発言をしたのも印象的だったりして。

…余程のことがなければ「主要メンバー変わらずの第3シリーズ」だなんて
「共演者的にはありえない」という事なのかな、と思ってしまったというか…。
仕方がないといえば仕方がないのだけれど、改めて寂しいな、と。

スポンサーサイト

PHS、個人契約のサービス終了時期とうとう発表とか…。 

ワイモバイルの個人向けPHSサービス、2020年7月末をもって終了へ - BCN RETAIL
https://www.bcnretail.com/news/detail/20180419_58590.html

PHS向け料金プランの終了について|安心してご利用いただくために|サポート|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで
https://www.ymobile.jp/support/relief/nwinfo/phs/

mixiニュースを眺めていて気付いた話。

…公式の方の告知ページに【提供終了となる主な料金プラン・機種】という
章立て(?)があって、どういう意味かと思いながらじっくり確認をしたら
「こういうプランや機種で契約してる人、もうダメになりますよ」的な一覧で。

最初、「機種」という文字が見えたので「新規&機種変受付終了前の
かなりの期間オンラインショップですらほぼ空売り状態だったのに
何が機種だ?」とか思ったのだが、それはまあ思い違いという。

個人的には、契約変更のために「無料で端末寄越せ」気分。
他の事情もあって、契約中の2回線ともギリギリまで維持出来るか
(契約変更まで至れるかどうか)がどうにも不透明な状況だけれども。

もう眠い。 

昼間、久々に色々と気が張るような事があったせいか
20時をまわるかまわらないか、あたりの時点でウトウト…。

タイマー録音の設定がちゃんとなっているかを再確認してから
もう布団の上に寝転んでみるか…首都圏レーティングだというのに。

誤字脱字、多すぎ。 

なぜか、ここ2ヶ月ほどYahoo!ニュースのエンタメカテゴリだけを
いつものmixiニュースに加えて眺めるようになってしまっているのだが。

掲載されている記事の「発信元の範囲」がmixiニュースとはいくらか
違うので、そういう意味で覗きがい(?)はあるのだけれども…。

自分が見ている範囲だけでも、誤字脱字が多くてイライラしてくる。

今日覗いた記事では、「バナナマン」が「ババナマン(見出しのみ)」、
「大久保佳代子」が「大久保佳代」、とある芸能人が本名を引き合いに
喋ったという内容で、苗字の漢字二文字がひっくり返っている…とか。

他にも、自分が記事を読んだ時点ではなんともないが、初出時には
誤字脱字があったらしく、コメント欄でツッコミの嵐になっていたり
(ほとんどは記事に注釈をつけないままコッソリ修正するっぽい)。

地デジ難民というのもあって、近年の芸能界事情に明るくない自分でも
わかってしまうくらいツッコミどころが多いってどういう事なんだろう…。

色々食べたいものが浮かび過ぎて困る。 

諸事情あって、超節約モードに突入している現在。

だけど、方法が思いつかずに食費を削るという安易な手段に
走らざるを得ない状況なので、「本当はあれが食べたいのに」
とかついつい思ってしまってなんとも切ない気分である。

まあ、いわゆる「標準体型・体重」的なものからは外れているので
これを機にダイエット、と思えばいいのかもしれないけれど…
腹の虫が鳴りまくりでなんだか辛い。

炭酸じゃないコカ・コーラが出る、とか。 

新感覚の「コカ・コーラ」登場 容器ごと凍らせる“フローズン” - ITmedia ビジネスオンライン
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1804/12/news064.html

>解凍時の破裂を防ぐため、パウチ内の「コカ・コーラ」は炭酸を含まないが、レモン果汁の配合や原材料の調整によって刺激的な風味を保っているという。



mixiニュース経由で読んだ記事より。

基本的に「炭酸飲料が苦手」であるので、コーラも避けて来たのだが
こういうタイプならば、ネタの一環として飲んでみたいかもしれない。

…まあ、「飲む」という表現が似合う商品かどうかはまた別の話。

上顎をやけどして痛い。 

普段「猫舌」だと自認しているため、それ相応の食べ方をしているのだが
昨夜、時間の問題とかあり「出来立ての揚げ物」を思い切り頬張ってしまった。

上顎に酷い熱さ・痛みを感じた時には既に遅し…。

皮がめくれ、ヒリヒリ痛み、ちょっと固めの物を口に入れるだけで
辛いし味覚も普段より鈍くなっている気がするし…かなり参った。
早く治らないかなあ。

阪神百貨店梅田本店、6/1に「新装開店」とか。 

阪神名物「スナックパーク」復活へ 百貨店6月新装開店:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASL446V5KL44PLFA00X.html

mixiニュース経由で読んだ記事より。

立ち食いが出来る「スナックパーク」コーナー、実際に立ち食いしたか
どうかは別として光景的に懐かしいなと思っていたのだけれども
終わってから3年ちょっとか…長かったのかそうでもなかったのか。

以前のようにお手頃価格であればいいのだけれども。

写実性が高過ぎる。 

色鉛筆で描かれたペットボトルのイラストに混乱するTwitter民 「うますぎて疑う」「どこまでが絵か分からない」 - ねとらぼ
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1804/07/news034.html

mixiニュース経由で読んだ記事より。

中学生だったか高校生(書道か美術かを選択、というので美術にした)
だったかの際に、どれだけやってもうまく出来なかった記憶のある
「写実的に描く」というのが、この人は凄く出来る人なんだなあ…と。
しかも色鉛筆でこんなに鮮やかに描けるなんて。

欲しかったと思う能力の1つだったなあ、こういうの。
羨ましい。

急に冷え込んで困惑…。 

昨日あたりまで、日中そこそこの気温があって下手すれば汗ばむくらいの
状況だったというのに、今日は同じような服装でも体感気温が大違い。

しかも、しばらく晴れが続いていたのに一昨日くらいから雨が降ったり
止んだりの繰り返しになったりしていて(日本気象協会の情報だと
昨日から今朝にかけて、くらいの予報しかなかったはずなのに)
そちらの方でも振り回されている感じで、なんとも鬱陶しい…。

気温は明後日になればまた戻るっぽいけれど、明日は寒いらしい。
参るなあ…。