余震(?)に怯える。 

昨夜24時台というか日付が変わった数十分後というか。
最大震度4を記録する余震がやって来て、我が家もそこそこ揺れて。

怖くて仕方がなかったので、慌てて荷物を持って家を飛び出して
ママチャリで最寄り駅付近まで出かけていって、「何か災害があったら
自主的に避難する場所として一時的に使っても良い」扱いの公園へ。

人が近くにいないベンチ(なんか普通に1人で何かしている人もいた)の
横にママチャリ止めて座って、ラジオ―主に「オールナイトニッポン」系統―
を聞きながら、少し空が明るさを見せる頃まで時間を潰して帰宅した。

…まあ、時間帯もあって結局ウトウトはしていたのだけれども
なんていうか、家で今まで通りに普通に寝ていたとしたらば
大きく揺れた際には「何かに埋もれてor潰されてしまう可能性」が
かなりあって、対策を練るにも色々「余力がない」状態であるので
夜中に家にいるのはマズい気がするが、別に住まいの建物自体が
危険な状態でもないのに「避難所」?というか近所の人たちは
誰も近所の小学校へ避難してなさげだし、とか思った結果がこれで。

結局、ほとんど寝られなかったし、昼間だってやっぱり家で寝るのは
ちょっと…というのもあって、その気になれば仮眠出来るコーナーも
あるスーパー銭湯に入り浸って、入浴の合間に昼寝をして来たが
(今日は元々予定のない日だった)、今夜…また揺れたらどうしよう。
雨だから、昨夜のような「公園でやり過ごす」はさすがに辛いし。

スポンサーサイト

観測史上初「大阪府内で震度6越え」の地震発生とか…。 

大阪震度6弱:ライフライン直撃 7市町水道復旧めどなく - 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20180619/k00/00m/040/123000c

mixiニュース経由で読んだ記事より。


今日も忙しさの渦に巻き込まれる予定だったので、出発しようとしていた
矢先に地震に遭ってしまった。普段ろくに話もしないような「ご近所さん」と
「揺れましたねぇ」「慌てて出てきましたよ」「家の中色々な物が落ちてて」
みたいなトークを数分した末、わかりやすい余震もないので解散…とか。

電車が動かないのはわかりきっていたので、ママチャリで現地へGO。
さすがに今朝のような想定まではしていないのだが、人身事故等で
中々電車が動かない事態に備えて、ママチャリでも間に合うように
(ギリギリなんとなかなる距離のため)普段から出発時間そのものを
かなり早めに設定しているため、しっかり時間には間に合った。

が。
現地もかなり揺れており、室内がグチャグチャになっていたのと同時に
複数の路線が走っているはずの最寄り駅も一切稼動していなかった為
集まったのが近所住まいの数人+自分―とどう考えても履行するのが
不可能な状況であったため「今日のところは解散」という措置に。


その往復の間、ふと気付けば街中には色々な影響が垣間見えていた。

阪急十三駅、神戸線側の踏み切りがしっかり警報音を鳴らしていて
すぐ側のホームに電車が止まっているのも見えたので、大慌てで
渡ってみたのに、遮断機が下りるような気配が全くなかった、とか。

行き、十三大橋を渡った際。
阪急線の部分で「中途半端に橋を渡りかけ」の状態で停止の電車とか。

JR在来線と山陽新幹線が立体交差する(?)ところで、新幹線側
(高架)を何か作業している…と思ってふと止まって見上げてみたら
橋げたの一部(?)が崩れていたように見えて…復旧作業だった?とか。

揺れた時点で営業中だったor開店直前だった店舗はそこそこの割合で
営業していたけれど、もっと遅い開店時間の店舗は「臨時休業」とか
張り紙しているパターンが結構多かったかもしれない、だとか。


そんなあれこれを見ながらも、7:58のあの揺れの体感に関しては
フラッシュバックっぽいものが来るものの、「大きな出来事に遭遇
している」という事に対しての実感があまりない自分が怖い…。

Twitterで「熊本地震の例もあるんだからしばらく油断しちゃダメ」
的なツイートを見かけて「…そうだった!」とは思ったけれども
だからといって…各所、近所の小学校を避難所として解放する
という旨の告知が市から出たのでうちの近所の小学校を一度
覗きに行ってみたけれど、誰もいなさそうだし「施錠」だのなんだの
門に貼ってあるしで「本当に解放してるのかよ」状態だったりして
自分1人だけ、とかじゃ流石にちょっと…とか思って退散したし。

夜が怖いなあ…でもどうしていたらいいんだろう。

人体は不思議(?)。 

朝:卵1個で作ったオムレツ&食パン6枚切り2枚&野菜ジュース
昼:某コンビニの「マーガリン入りバターロール4個入り」&コーヒー

…という組み合わせで、少し睡眠不足気味な状態で。

忙しさの渦に巻き込まれ終わった後で、スイッチが切れたかのように
「いつもの大きい荷物がやたら重い」「休憩のつもりで椅子に座ったら
そのままウトウトしてしばらく動けない」という状態になってしまい。

とりあえず、頑張って自宅の最寄り駅まで戻ってきてスーパーで
「栄養バランスを考えた弁当」的商品を買ってイートインで食べたら
その直前までの状態が嘘のようにキビキビ動けるようになった。

つい先日まではこんな感じはなかったというのに、何故だろう。

偶然見ていた。 

今宵 細い月と金星の接近 随一の美しさ(日直予報士 2018年06月16日) - 日本気象協会 tenki.jp
https://tenki.jp/forecaster/mary/2018/06/16/972.html

mixiニュース経由で読んだコラム記事より。

夜になってから帰宅する際、ふと空の方に視線を向けたら「細い月の
斜め上に強く光る大きめの星のようなものが見える」という状態で
天体関係の知識がさっぱりなもので「星かなあ、それとも飛んでいる
何かの機体かなあ」レベルながらも「いい感じだ」と思っていたのだが。

あれ、金星だったんだ…偶然とはいえ良い物を見られたんだなあ。

色々あった結果耐え切れず…。 

諸事情により、元々1日3食とっていた食事を2食でどうにか…
なんて事をここしばらくどうにか頑張ってやってみていた。

とりあえず、あと1週間ほどで一時的にその生活から離れると
思っていたのだが…その途端、何故だか耐え切れなくなって
前倒しで解禁してしまう事態に陥ってしまい、自己嫌悪である。
ここを耐えれば、と思っていたはずだったのに…どうしようヤバい。

台風5号が日本に接近するとかなんとか…。 

…といっても、これを書いている段階では「関東地方や東海地方に
最接近するのが云々」というような予報しか出ていないもので
我が近畿地区がどれほど影響があるか、が微妙だったりする。

一応、日本気象協会のサイト「tenki.jp」によれば、こちらでも
明日明後日と雨が降る時間帯もそこそこあるようだけれども…。

とにかく、どうかどこにも大きな被害が出ませんように。

昔取った杵柄(?)。 

「メモ帳でホームページを作る技術」はもう使えないのか? Windows 98で現代のTwitterっぽいものを再現してみた (1/3) - ねとらぼ
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1806/04/news004.html

mixiニュース経由で読んだコラム記事…のサイドリンク(?)から飛んで
読んだコラム記事(mixiニュース内で検索したら掲載されていなかった)。

ここに書いたことがあるかどうか忘れたが、以前某ユニットのファンで
その頃に紆余曲折を経て(?)自分自身でもファンサイトらしきものを
「HTML手打ち」で、無料ホームページサービス上に作っていたっけ
(該当サービス自体がかなり前に終了した為、現在は閲覧不可)。

というわけで、「あーわかる!」とかつぶやきながら読み進めたのだが
全てをWindows98で試すって、何考えてるんだよとしか言いようが…。
以前の「ネット接続機能付ワープロ専用機で今ネットしてみたら」でも
思ったけれども、本当に無謀なチャレンジする人たちだなあ…と。

当時「こういう方法おすすめ」みたいに見た気がするあのタグもこのタグも
なんだかんだで非推奨っぽい、という結果になんともガックリきたけれど
どうにか完成の「メモ帳で作ったTwitter(っぽいもの)」の出来としては
「程遠いっちゃ程遠いけれどもよく頑張った!凄い!」が感想かなあ…。
http://koi-ha-utsukusii.lovepop.jp/win98tw/
20180607_netlab_re.jpg
読んでいて、なんだか懐かしくて楽しかった。

予報が外れて参った。 

日本気象協会のサイト「tenki.jp」にアクセスして、地元あたりの
「1時間予報」とかを眺める習慣が今年に入ってから出来た気がする。

で、それを見てたら今日は21時とかくらいまで「曇り」で、以降は明日に
かけてしばらく「雨」みたいな表示だったので、それを信じていたら
17時頃の段階で既にパラパラ雨が降って来たという…。

降りが強くはなかったので、傘をささなくてもギリギリ大丈夫なレベルで
あったものの、4時間も5時間もズレてしまっては困ってしまうなあ…。
「あくまで予報だし」と言われてしまえばそれまでなんだろうけれども
元々が荷物の多い人間なので、傘とか極力持ちたくないんだよ…。

わかりやすい例えが考え付く人が羨ましい…。 

1600年って16世紀だっけ17世紀だっけ? 100円玉での買い物にたとえた考え方が分かりやすいと話題に - ねとらぼ
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1806/01/news160.html

>1600円の商品は100円玉を16枚出せば買えますが、1601円の買い物をするには17枚出す必要があります。これを西暦に当てはめると、1600年=16世紀、1601年=17世紀となるわけです。



mixiニュース経由で読んだコラム記事より。

自分の場合、何か説明する必要があったりする場合に「ピンポイントで
簡潔な表現」というのが出来なくて…「こういう前提があって、理由も
あって、だからこんな風になるけれども実は別バージョンもあって」
とかなんとかついついやっちゃうのがお約束と化していて…。

ある意味「根っからのヲタ気質」と呼べるのかもしれないけれども。

上記のコラム記事のような「簡潔な例え話」だってもちろん苦手。
こういうのを考え付ける人、本当に羨ましい…尊敬する。

阪神百貨店梅田本店、本日「第一期棟」が新装開店。 

色々あって、夕方あたりにちょっとだけ見に行ってきた。
RICOHのCX5でパシャパシャやってみたので、適当にアップしてみる。


「元々の南端」あたりの横の歩道からJR大阪駅方面へ向けて。
R0012386-re.jpg


旧「新阪急ビル」エリアの1階部分あたりをなんとなく。
R0012401-re.jpg


旧「新阪急ビル」エリア南端、2階へのエスカレーターが出来ている。
2階部分はグルッと通路があって、JR・阪急側への歩道橋へと続いている。
R0012410-re.jpg


上記エスカレーターより左方向へ目線を向けたら案内図(?)があった。
R0012413-re.jpg
建物の造り、複雑…?
R0012416-re.jpg


JR・阪急側への歩道橋へ出てすぐ左手、閉鎖したエレベーター。
R0012433-re.jpg
R0012434-re.jpg
【6月1日(予定)に閉鎖しました】…事前に作ったからヘンテコな文面。

で、【後ろ側のエレベーター】。この雰囲気の違いよ…。
R0012441-re.jpg
(なんか既視感…と思ったら地下鉄・長堀鶴見緑地線「ドーム前千代崎駅」で
降りた際に通りかかる「阪神なんば線・ドーム前駅」にも似た造形物が?)


歩道橋を少し進んだあたりから撮ってみた。
まずは新しい棟(左側)と5/27をもって閉鎖となった旧棟(右側)両方。
R0012451-re.jpg
同じ場所から新しい棟の方にパンしたショット。
R0012453-re.jpg
更にもう少し左側へパンしたショット。
R0012461-re.jpg

阪急百貨店側の方まで歩道橋を進んでから撮ってみたショット。
R0012465-re.jpg


戻って、地上に降りて、旧棟1階部分を撮ったショットから。
R0012471-re.jpg
R0012473-re.jpg
R0012469-re.jpg
R0012474-re.jpg


地下1階に降りて、撮ってみたショット。
R0012475-re.jpg
R0012476-re.jpg


もっともっと撮りたかったのだけれど、充電が切れてしまったので
これが限度だった…というのがなんだか残念。でも、初日の様子を
自分自身のカメラでほんの少しでも残せたので、とりあえずは良かった。

「久々に復活」した立ち食い処(?)「スナックパーク」が物凄い人ごみで
単に見学がてら通り抜けるだけでも一苦労だったなあ…今後どうなるやら。